2012年03月30日

天才子役と猫(妄想)

youtubeに投稿しています、suzielily100で検索してね
http://www.youtube.com/
http://www.yotube.com/user/suzielily100

Twitterやっています。 suzielily100をfollowしてね
http://twitter.com/suzielily100/
松岡正剛の千夜千冊  保田與重郎
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0203.html
絶版の本を紹介,青空文庫 広津柳浪
http://www.aozora.gr.jp/
内田百閧フ小屋 
http://www.geocities.jp/wakame_01/
http://www.necodon.com/
http://rentaneko.com/
http://www.poplarbeech.com/index.html
"A Week of maya & Marsh"
http://marsh994.blog32.fc2.com/
" みっちゃんの世迷言"
http://mitsu-chan-cbx.tea-nifty.com/mitsuchan/
"町ねこ通信 ながさき町ねこクラブ"
http://machineko-club.sblo.jp/category/1134983-1.html
"猫まるカフェ"
http://nekomarucafeeast.blog.fc2.com/
"長崎市本原町「レストランかじ」"
http://restaurantkaji.blog37.fc2.com/

小池真理子「柩の中の猫」という恐ろしくも美しく悲しい小説がある。傍観者である画家志望の20歳の「私」が憧れ、憎みもする美しい年上の女、千夏…何やら閨秀作家の小池さん自身の姿が目に浮かぶが。そして女性たちが取り合う?画家の男性は、小池さんの御主人の藤田氏のスタイリッシュなお姿を思わせる。3人のヒロインのうち、小学生の少女、桃子。白い猫ララと父親を偏愛する繊細な女の子。

この小説をもし、ドラマ化するならば是非本田望結に演じて頂きたい。「しむら動物園」に出演していた際、フェレットを透明な筒の中に閉じ込めたい、などと物騒な事を言っていたが女優として邪悪な部分は必要悪とも言える。松本清張原作の「1年半待て」の再放送を見た。裁判に勝つ為に極端な行動に走る女弁護士役で市原悦子。
それが夏川結衣の娘の精神に大きな傷跡を残すとも知らずに…この場面は原作には無かったが、娘役が望結ちゃんだったと気がつき、驚いた。難役である。
役柄への理解度が凄い。出番は少ないが、清張作品に多く出ている先輩2人を脅かしていた!

Nポートマンは子役から俳優業に勤しんでいる。バレエも踊れる女優ということで、「Black Swan」で滑るのに一番相応しい選手が日本にいる…それは本田望結ちゃんです! 子役からのキャリアでFスケートも出来る、ということでナタリーと共通点がある。


キジ白12May21.JPG

コメント及びご訪問、有難うございます。
Thank you for the comment to the BBS of my blog. I often answer you from the computer of somewhere such as public hall. So, it FREEZ all of the sudden when I answer you, it could be simple comment, just saying thanks. Thank you for your understanding.

半年以上更新のない方のブログ、下の方にリンク先移動させて頂くかもしれません、申し訳ありません、ご了承下さい。

続きを読む

ニックネーム suziestefan at 14:45| Comment(0) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

猫と女優

週刊誌で文豪の名作を基に、有名女優たちがグラビアで各作品のヒロインを演じる、といった企画がある。かなりきわどい写真もあり、選ばれる作品も太宰「斜陽」、乱歩「陰獣」など艶やかな内容のものばかり。解説は鹿島茂。「猫好きとマゾヒズムの公理を初めて証明した谷崎エロスの番外篇」「日本では猫好きが増えている。日本ではまたマゾヒストが増えているという。」「この事実を世界に類を見ないほどに雄弁に物語っているのが『猫と庄造と二人のをんな』である。」「しかし、彼が心の底から愛しているのは雌猫のリリーしかいない。そして、その『リリー我が命』が女たちの庄造イジメを加速させるのであり、それがマゾヒストたる庄造の喜びを倍加するのである。」
イジメ…元妻の品子は庄造の愛を取り戻す為にリリーが欲しいと言い、そこに行き着くまでに新妻の福子の嫉妬を巧みに利用する。鹿島氏の指摘で初めて気がついたが、彼の最愛の猫を奪うというのは究極の虐めである。
「猫と庄造と二人のをんな」はグラビアでは鈴木砂羽が演じていた。小説の内容とは違う印象ではあるが、共演しているペルシャ系の猫は鈴木さんの飼い猫であろうか?
確か猫好きであられるから、喜んで引き受けられたのであろう。

ちびとタマ12Feb15 (2).JPG




ニックネーム suziestefan at 15:28| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

文豪対談の猫

「松本清張の世界」の「文学五十年、この孤独な歩み 文士対談」 大佛次郎との対談より 
「このごろはなるべく絵や写真の多い本を買ってね、」「花とかネコとか……そういうことになるでしょうかね。」「大佛さんのお宅にはアパートができるほどネコがたくさんいるそうですが……。」「十五匹を越したら、ぼくは家出するということになっているんですが、この間数えたら、二十何匹かになっていた。」「大佛家のネコはネズミをとらないそうですね(笑)。」「昔、豊島与志雄が、彼も大変なネコ好きでしたが、二人で一度ネコを食おうじゃないか、とぼくに言ったことがある。これだけおたがいネコが好きなんだから、ネコの血をわれわれの血とまじえようじゃないか、と真面目にいうんですね(笑)。」
松本清張は猫好きかどうかの確認は作品を読んでもわからない。が、元々彼の原作(かなり脚色されている別物ではある)であったドラマ「家政婦は見た!」では石崎明子は家政婦協会会長宅の下宿で子猫「ハルミちゃん」を飼っている。

明日は222にゃんにゃんにゃん!アニマルプラネットの猫番組のうち、チェコのオオユマネコ、ヤマネコの生態を観察する番組が良かった。自然に帰すことを目的に数ヶ月アパートに飼う動物学者。切ない。
とよた真帆さん「ネコ学」終了。再放送もありますよ。第4回が特に良かった。相島のネコに会いたいニャ。

車輪ねこ。このあと、タイヤの外に出ました。ご心配なく。。。

グレー長毛種12Jan14 (6).JPG

グレー長毛種12Jan14 (8).JPG

犬と城島道場12Jan15.JPG


ニックネーム suziestefan at 15:16| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

ネコ学

NHK教育で猫を6匹飼っておられるとよた真帆さん司会で「ネコ学」という番組がある。全4回。
とよたさんの飼い猫のうち、長毛種のグレーの猫がブルーといっていいような美しい毛並みであった。呼びかけた時に目を細めるようならば、その猫と人間は信頼関係にある、と見なしていいそうである。
現代では猫絵画や猫グッズを創作する作家は数多くいるが、日本におけるその元祖!?らしきArtistも番組で解説された。財政難にあえぐ福井藩の殿様に絵心があり、鼠除けに猫を描いてくれという依頼があったとか。絹糸の生産が盛んな地域では蚕を食べる鼠に困り果てていたから、ということであった。「お蚕様」という表現でつい「野麦峠」を思い出した。招き猫については諸説あるが、番組で紹介されたのは貧しい老婆が飼い猫を手放さなければいけなくなり、その猫に猫の人形を作ってはと提案され、老婆の作った猫人形が大層な評判となったという逸話。

中野翠氏が芥川龍之介のことを日本文学において最高の「顔文一致」と書いていたけど。うまいこと言いますね! モディリアニは美術界において、「顔絵画一致」、ジェラール・フィリップは仏映画界演劇界において「顔演技(声も)一致」ですね。この3人、ほぼ同じ年齢で亡くなっておられるし。

On January 21st, Saturday, Kenji Johjima baseball school for kids was held in Sasebo baseball stadium. It was one-day lesson for primary or junior high students. Johjima and his fellow baseball players attended and helped them to teach how to pitch or play at bat. Lots of attendants and audience enjoyed to watch out their professional plays and way of their idea that amateur players never experienced usually. After their practices, exhibition game was played between Team Joh and some chosen jr. high players. As the boys was high level players, the audience enjoyed watching game very much.

1月21日(土)。炭谷、青松選手は帰っていた様子。城島健司少年野球教室が開催。城島選手は打撃指導。スイングの速さ、打球音の大きさ共に他の子と違う子がいた。バットを背中側に後方に両手で抱えさせるということ(打撃姿勢の安定の為なのか?)を他の少年にはさせないのにその子にだけは指導(時間も長め)していた。野球少年たちを指導した後、中学生選抜とチームJoh(お揃いのユニ着用)の親善試合。ジョー組の投手は仲澤選手。
強烈な当たりを放つ背番号10番の少年。一見、「おかわり君」型の大砲かと思えば、足も速い!3塁を廻ってホームタッチアウト! 俊介選手の打球方向を予測したかのような華麗なプレーも。 客席が沸く。3年生が引退後、1,2年生中心のチームだからか、背番号10の子が多い。時期エース、主将候補ということかも。プロ組のほうが2対1とリードした最終回。怪しいエラー(主観です)がプロ側に頻発。中学生が追いつき、逆転。試合終了後、ジョーからの挨拶が。素晴らしいスピーチ内容だが、 「来年、会えるかな」という気になる発言が。若い投手陣や有名野手がジョーを慕って弟子入りしていた時期からすれば、観客も減っている。弱気はらしくないよ、ジョー。クソ生意気でノムさんに売られた喧嘩を買う、それがジョーだよ。

城島捕手自主トレ最終日。出遅れた!選手達帰っていた。城島BB記念館に行けばファンの皆様と会えただろうけど。球場で会った方々、お世話になりました。楽しかったです。See you soon.
和田投手アメブロだったのね。意外。入団当時からブログやってたし。野球選手のブログでは何と言っても故藤井将夫投手が早かった。打倒真鍋かをり、で始めた古田捕手とか、井川慶投手(鷹が獲得希望!?微妙。。。)も昔からブログやってましたね

ダルビッシュ投手の札幌ドームでの会見
ファンの前で誠実な受け答え。相手チームの打者が自分との対戦を嫌がるような発言が引っ掛かった、という。以前「西武やホークスの打者はガンガン打ってくるが、自分に対してはそうでなくなった」、ゴロの間に1点とか、いわば汚い点の取り方をするようになったのが不満、という報道があったが。
一番印象的な試合は、というと06年CSでの和己投手との対戦だという。10年の杉内投手との0対1の試合ではなく? これは怪我で何年も投げられずにいる和己へのエールもあるのだろう。また、自身もいつ、そのような状況に陥らないとも限らない、投手である限り。私が最初にダルビッシュ投手を凄い、と認識したのは高2(春なので実質高1)の春の選抜。平安高校の服部投手との延長戦、息詰まるような投げ合い。三振の数は服部君のほうが上回っていた。次の試合、腰かどこかを痛めたダルは一転、打たせて取る投球。東北高校にはもう1人、小柄で横手投げの眼鏡をかけた真壁投手との2枚看板であった。紅顔の美少年のダルと好対照。野球漫画のような。
決勝は木内監督率いる常総学院と。名将は「あの人が出てきたら、打てない」と言った。ダルビッシュを特別視した野球人の発言を聞いた、最初である。試合は常総の勝ち。以後、後に宿命のライバルとなる横浜高校の涌井投手も含めて、甲子園での優勝経験が無い。この2人がパリーグに来た頃から、投手王国であったホークスが苦戦を強いられることとなるのだった。しかし、パリーグのレベル向上には不可避な入団であったのだ、今から思えば! ダル、岩隈、杉内、和田投手が去ったパリーグ。投手のレベルが高いパから面白いカードが無くなる事が心配である。ホークスを応援する私も「ダル対涌井」の試合を気にしたりしていたのに。山田、大場、岩崎投手、頑張れ!私にこんな事言わせるな。


三瀬、城島12Jan15.JPG

ドラゴンズ・三瀬投手12Jan18 (1).JPG

城島健司捕手12Jan21(5).JPG

中日ドラゴンズ・三瀬投手12Jan17.JPG

洋品店のグレー白11Dec24.JPG

タマ11Dec10 (2).JPG

タマと黒白11Dec21.JPG


ニックネーム suziestefan at 14:52| Comment(10) | 猫番組、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする