2010年08月23日

ねこ撮影にフラッシュ使用はご法度

福岡パピオスケートと糟屋郡のルクルモールへ行きました。
パピオの職員さん、ルクル駐車場の方、お世話になりました。

大名天神方面に微妙に近く、猫カフェは当然行けませんのでね、欲求不満…。


以前時々行く猫スポットで猫をフラッシュ撮影していた女の子がいたので、「猫の眼に悪いから、フラッシュは…」と注意したことがある。

知らない人にダメ出しされて彼女はショックだったろうけど、それは私自身が別の場所で猫おじさんに言われたことでもある。

コンデジで撮影する際、常にフラッシュ無しの「ペット→猫→中間色」に設定している。

ペンタックスのOPTIOを所持しているが、オート、花、風景、夜景、人などの設定のうち、「ペット」があり、猫か犬、色は白黒中間色が選べる。

花や夕陽の撮影などは設定を変えることもあるが、常に「猫、中間色」にしている。

いつどこで猫に出会えるか分からないから。常にアンテナを張っているし。

某猫カフェを訪問した際、足腰が不自由そうな老婦人とその娘さんらしき方たちで来られているのを見かけた。

老婦人は大層楽しまれているご様子であった。

カメラで猫を撮影する際、フラッシュを焚いていた。
屋内とは言えまだ午後4時頃。

注意すべきかどうか迷って店内の注意書き張り紙を探した。
当然入店時に注意書きを客は見せられている。

お店の人スタッフが言わない事を私が口に出していいものか…迷ったまま、黙っていた次第。

ご老人の視力では店内は暗いと感じたのかもしれない。
猫好きである年月は私よりもはるかに長い可能性が高い。
そのような方に恥をかかせて良いものか…?

共に来店したご家族とは、通常一緒に住んでおられなかったのかもしれないし。

「猫飼いたいけど、自分が先に他界したら残されるのが可哀想。せめて猫カフェなる所へ行ってみたい」等々、事情があったかも…。
などと、想像を逞しくする。

お店の方も私と似たような事を考えて、「猫にフラッシュ撮影はしないで」と老婦人に注意できなかったのかもしれない。


映画あれこれ

ケン・ラッセル監督と弟子筋?のデレク・ジャーマン監督(逝去)は映画の内容はやや難解で、覚えていなくてもやたらと美男美女が出てくる、プロモーションフイルム感覚(実際ジャーマン監督は英国のザ・スミスのプロモビデオ作成、超カッコいいプロモでした)ですね。

映画「マーラー」

アルマは実際の写真イメージと女優さんがちょっと違うけど、
どちらも美人ですね。

アルマが音楽的才能を諦める?シーン、なぜか私はクララ・シューマンと勘違いしていて、この度パンフを読み返してあら、マーラー夫人だったか、と。

クララ・シューマン映画もありましたし、ロダンの女弟子カミーユ・クローデール(ポールクロデールの姉)映画もですが、「女性の方が才能あったのに!」系のフェミニズム作品?製作公開が時期が似てるかもしれません。

興味のある方、調べてみてください。

Iki Feline10Aug07 (8).JPG


ニックネーム suziestefan at 14:54| Comment(7) | 猫情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

花火の音に驚いた犬

花火の音に驚いて、お散歩中の小型犬(犬種に詳しくないので不明。体高の低いタイプ)が粗相(大きいほう)をしていたのを発見。
「あらー。花火の音にびっくりしちゃったねー」
「バイバーイ、気をつけてね〜」と犬に向かって手を振ったら、年長者の飼い主さんが笑ってお礼を言われた。
犬に向かってタメ口だったのに、丁寧に返され恐縮…。

飼い主さん、失礼いたしました(汗)。

そこから少し離れた場所のあるお宅から、やはり花火音に反応して吠える飼い犬の声。
雷の音に驚いて失踪する犬も少なくないと聞く。

そう言えば、昨年の同じ時期に夏祭りに連れて来ていた犬が行方不明になり、タウン誌に迷い犬広告、コンビニに張り紙がされていた。

その犬と飼い主さんは佐世保市内在住の方ではなく、たまたま五島から来た方であった。
あれからその犬は見つかったのだろうか…。


Iki Feline10Aug07 (10).JPG


ニックネーム suziestefan at 15:19| Comment(3) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

猫好き芸能人・坂本美雨さん

雑誌「猫生活9月号」でミュージシャンの坂本美雨さんが登場。

猫好き一家という。
坂本龍一、矢野顕子氏の娘さんというサラブレッド。

2人は離婚なさったが、猫さんたちは彼らの華やかな生活から離婚に至る葛藤をどう見つめていたのだろうか。
 


「竹田の子守唄」

クラシック音楽には疎くて、Fスケート選手の使用曲で少し馴染みがある程度。

以前、五輪や世界選手権出場選手たちの使用曲データベースのサイトを見たことがある。
アドレスが分からなくなったが、フィギュアファンの間で人気のサイトと思われるので、興味がある方は検索なさって下さい。

茶トランと黄色花びら10Aug01 (1).JPG
 
フィギュアでは近年、「クラシックをロック調にアレンジ」した曲が人気である。
格調高くて乗りが良く、知名度が高い。

審判、観客共に印象が良いというのが選ばれる理由かと思われる。

他にも映画音楽、ミュージカル、ロック、ジャズ、タンゴ、ロシア民謡、稀に選手のオリジナル曲(イタリアのコストナー選手など)など、フィギュア選手の選曲は多岐に渡り、面白い。

ジャズは嫌いではないけど、イーストウッドの「Round Midnight」でジャズファンの乗りを見て馴染めないものを感じた。
英国のロック、特にパンク・New wave系が好きで、洋楽に関しては一時期「ロッキン・オン」等を購入していたので、嫌いなジャンルに関しても一通りの知識はある。

近年は洋楽もつまらなくなったが…。
スタンダードナンバーでさえ、最近は知らないと言う人が増えているような気がする。


日本の楽曲で私が一番好きなのは赤い鳥が唄う「竹田の子守唄」。
父が購入する「カラオケファン」9月号に紙ふうせんの2人のインタビューが掲載。
何故あの名曲が放送禁止(実際は自主規制)だったのか、興味深い記事ですのでご一読を。

カーペンターズの曲では「スーパースター」が一番好き。
確か米国のSonic Youthだったか、Alternative系(昔はニューウエーブと呼ばれたジャンル)のバンドがカヴァーしていて、それで知った次第。

山岸涼子先生の漫画でカーペンターズ兄妹をモデルにしたのでは、という怖い作品がある。
元「天使の歌声」の子役スターだった兄が変声期で落ちぶれる。
不器量でシャイな妹が美声を持っていることにゴースト作曲家が気づく。

「麗しい兄妹愛」で全米を席巻する大スターユニットになるが、実際には(今で言うならスーザン・ボイルのような)妹の才能に負っていた。

…結末(なぜカーペンターズそっくり、と思うのか)は書きませんが、凄い作品である。

仔猫を抱く美少女は?
 
週間文春に掲載されたある美少女の写真。


現在も活躍する有名女優や歌手らの若きアイドル時代のショットが数枚。その中の印象的な一枚。
夏服姿で白黒の仔猫を帽子の中に入れ、抱きかかえている。

長身のすらりとした清楚な姿に可愛らしい仔猫が違和感無く抱えられている。
…高校生時代の紺野美砂子さんである。

「仔猫拾っちゃった、可哀想に。家へつれて帰りたいけれども母親に叱られるかも、どうしよう…」といった表情。

現在のご本人のコメントによると、モデルデビューから後に売れっ子の女優さんに転身する、その前のショットと思われる。

写真で見た感じ、既に女優の表情である。

撮影したカメラマン(国房魁氏)は猫好きだったのかな?

茶トランと向日葵10Aug01 (5).JPG
 
しずるの野球ネタ 

6月23日放送の「レッドカーペット」。
 
私の好きな「しずる」がやった野球解説者とアナウンサーのバトルネタ、かなりヤバかったです。
なぜかと言うと、その日のゲストがスザンヌ。
 
野球中継の2人が犬猿の仲で、全く噛み合わない喧嘩腰。
実際の中継では有り得ない内容のオンパレード。

アナウンサーは先月離婚したという設定で、解説者がその事をバラす。
 
「パリーグとマリーグ」って、なんの事かと言えば「パパとママのリーグ」だって〜(怖)。

子供がどっちのリーグへ、って…あのー、しずるさん、スザンヌがゲストって分かっていてネタ仕込んだわけではないよね?

茶トランと向日葵10Aug01 (3).JPG
 
他にも元選手である解説者が現役最後の年が成績も振るわず、「給料泥棒」と呼ばれたとかって…。
 
ネタ披露中はカメラがスザンヌに振られることはなかったけれども、テレビ画面の前で笑いながら凍りついていた私です…。

まあスザンヌは野球には詳しくないだろうから、それほど気にしていない…か、な…?



 

ニックネーム suziestefan at 14:41| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする