2010年08月09日

室内猫の撮影に魅力を感じない?

「野良猫写真」のだっちょさん、「でじにゃん」のぽちさん、「路上のルール」のMARさん、「のらねこ写」のKEN村人さん。
私が尊敬する有名ブロガーさん達。
いずれも「猫カフェに行ったことが無い」と言われる。

茶トラ10July28 (6).JPG

外猫撮影に勤しむ野良猫写真ブロガーさん達は、猫カフェでの綺麗な室内猫撮影に魅力を感じない、彼らが猫カフェに足を運ばない一番大きな理由であろう。

6月後半に福岡の猫カフェ3軒を2日で4回訪問した。
佐世保市に帰ってきて、馴染みの外猫や地域猫、看板猫さん達に会った時、「浮気してゴメンね」という気持ちになった。

時々行く猫スポットで青木るえか著「猫の品格」に書かれたような品格のある、猫おじ様を久々に見かけた。
彼が可愛がっておられたキジ白猫の大吉君が4月後半に行方不明になり、大吉君にとって「お世話人ランク2,3位」の方々から「あの人が今でも探しよらすとよ。泣きよらしたもんね…」と聞いていたのだ。

おじ様の傍には前回見かけた手強い茶トラ。
私が1人で来た時とは別の猫のように寛いでいる。

茶トラと向日葵10July28.JPG

「この子、この前は逃げたんですよ。」
それがどうだろう、足元に摺り寄って来た。
大吉君は尻尾付け根を触ると頭を左右に振ってマタタビ状態であったが、この「みー」君は怒って引掻く。
でも顎や頭は巧く触れば、気持ちよさそうにしている。

「貰った写真ばね、他に欲しいって言う人がいたからあげていいんだけど…見かけないから」
「いや、お家に持ち帰られていいんですよ。それは一年前の写真ですけど、今年の、居なくなる前の物も差し上げていのですが、形見って言ったら嫌な言い方ですけど…」
「携帯ではちょこちょこ撮っておったとよ」
「そんなに良いカメラでは無いのですが、携帯よりは少しはいいかも」
「うん、また違うもんね」

と、話している間もみーは他の子のことだと分かっているのどうか、大吉が居た頃は決して近寄ろうとしなかった
場所で伸びをする。
「大ちゃんがおった頃、子猫で見かけた子ですよね?」
「多分ね」
「羨ましかったのかなあ…傍に来ようとしなかったですもんね」
と言いつつ、撫でていると、みーは「にー」に濁点がついたような鳴き声を立てる。
大吉とは違う個性の持ち主である。
大吉ほどではないにしろ、おじ様にとっては、大吉の空白を埋めてくれる存在になりそうだ。

茶トラ10July28 (13).JPG

白猫・タマ

観月ありさ主演の「サザエさん」を始めて見た。

白猫・タマが漫画のイメージよりも美猫すぎるかな…。
まあ、観月ありさも熱演ではあるが、美人すぎる。
 

猫好きで知られる爆笑問題の田中がサザエさんの従兄弟役で出演。撮影の合間にタマ役の白猫と遊んでいたかも…。
 

磯野波平役で片岡鶴太郎。お中元の魚か何かを自分で食べておきながら、「タマが食べた」ことにしていた…濡れ衣だニャん。 

鶴太郎さんもNHK時代劇で猫と共演したことがあるそうだ。才能あるアーティストとしても知られる鶴太郎さん。


以前から猫の絵本を、と望まれていたそうだが、「実体験の無いことは描けない」と断っておられたとか。


それがその時代劇で共演した猫がきっかけで猫の絵本を上梓。
高価な本なので立ち読みに留まらせていただいたが、素晴らしい内容であった。
 
文化の衰退・文章編

週刊文春81219日号掲載。豪華執筆陣の中の1人、将棋の先崎学氏。 

「ある時分から、おもしろい文章がすくなくなっちまったなあ、と嘆くことが多くなった。」
「散々おもしろい本を読んできたので、眼が肥えてしまったのである。これは映画などにも共通する現象で」
「独特の文体、個性ある文章というのは、はっきり減っていると思う。」
「パソコン、ケイタイなどの影響(中略)。あのメールの予想変換というやつ、あれは確実に人間を駄目にします。」 

同じ文春連載陣で宮藤官九郎氏も別の週で似たような内容で書いておられた。
 
ちなみにクドカンのドラマ「うぬぼれ刑事」は、亀和田武氏、毒舌ライターの今井舞氏も絶賛していた。ドラマの尺に収まらない、脚本家としてカットできない部分を役者達に「超早口で話させる」という荒業が「テンポがいい」という評価に繋がったのだろう。
 
松本清張の作品(歴史物は読んでいないものも多い)を図書館で借りられるだけ、借りて読んだ。清張翁の作風に慣れてしまうと、宮部みゆき、東野圭吾といった現代の作家の作品を読んでも物足りなく感じる。 

少女漫画界。レディースコミック全盛で、嫁姑の争いや子育ての話など、以前はそのような題材の作品は女性週刊誌の連載の中にしか見られなかった。
それらの題材に優れた作品もあるのだろうが、スケールの大きな作品を描く漫画家さんは高齢化、大病を患った方(大島弓子先生)もいるし、もしくは少なくなった。
若い頃と同じ、あるいは違う次元でスケールアップしているのは山岸涼子先生ぐらいである。「テレプシコーラ」は凄い。 

林真理子氏も文春にエッセイを連載しておられる。
着物購入とオペラツアーに申し込んだ途端に「史上最低の初版数」を告げられたとか…。 

この書籍がどの作品かは書かれていないが、まさか「下流の宴」ではないよね!?
あの作品は毎日新聞連載中から夢中になって読んでいた。今までの林作品のヒロインとは違うタイプの玉緒ちゃんがとても魅力的。
 
あの作品が売れない?とは、世の中のほうがおかしい…と言いつつ、私も単行本は購入せずに図書館で借りて済ませている。
文庫が出たら買いますよ、真理子さん、ゴメンね…。 

林氏は現代の都会の話と、地方の昔の話、どちらも描ける方である。

そういう方の作品が売れない?、厳しい世の中になったものだ。





ニックネーム suziestefan at 14:58| Comment(3) | 猫情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

ショコタンが猫カフェ経営したとしたら!?

どうも、借り暮らしの有り得ない美人過ぎるスパイは目立ちすぎて、のアンジェリーナです。(笑)

チロ10July28 (1).JPG

石ちゃんこと、石塚さんが「通りの達人」で町田の猫カフェを訪問された時のコメント。
事務所が同じ中川翔子たんは猫カフェ経営したいらしいが。
ショコタンが猫カフェ…きっとクリオネの水槽だとか、エヴァンゲリオン風の制服だとか、個性的なお店になるんだろうな…(妄想ですよ!)
TBSの番組出た時もハライチとココリコの田中(彼の相方遠藤とその元妻は10月に日本シリーズで私の宿敵になるかも…はい、2人は阪神ファン)に「あにゃーん、おにゃーん!セイ!」と猫鳴き声を強制!?していました。

It rains today, but I hope not cats and dogs!

降れば土砂降り、がなぜか猫と犬という表現。
小さいものから徐々に大きなものへ…それでcats and dogs ね、なるほど。

今日猫スポットに行ったら、品格のある(青木るえか「猫の品格」にあるような)猫おじさんのそばで野良茶トラ猫がゴロゴロしていました。
私が触っても反応は今一つ。おじさんの品格を見習いたいのだが、なかなか…

ホークスの強さ、本物か?

7年ぶりに野球馬鹿、復活しそうである。
2003年以降、リーグ優勝していない最愛のプロ野球チーム、ホークス。
2008,9年と無駄に交流戦を連覇、今季は3位という中途半端さ加減。
例年、交流戦やオープン戦では好成績なので、「日本シリーズに行きさえすれば、セリーグ優勝チームには勝てるのに!」と歯がゆく思っていた。
 


それがどうだろう、オールスターの少し前から絶好調、気がつけば1位。
西武に怪我人が多く、内部でもゴタゴタしている。
他球団有力選手に怪我人が出たり、オールスター後一番警戒していた強打者が自ら試合途中退場したり。

ホークスは怪我人が復帰してきたし、運が向いてきたようだ。
 
今から心配しているのが、10月の日本シリーズが一番困った組み合わせになることである。2003年の「事実上、最後の日本シリーズ」と書いておられた人がいた。
ある意味、同感である。

10July16 (12).JPG

2004年からプレーオフ制度が導入されたから。
04,05年とリーグ1位なのにプレーオフで2位チームに負けたホークス。制度が機能したという考えもあろうが、当時の鷹ファンは納得いかなかった。
 
で、前述の2003年シリーズの再現という組み合わせになれば!?
阪神ファンは、リベンジに燃えている。

偶数年度はセリーグ会場スタートで4試合セ、3試合パということになる。
あの時と違い、阪神は右打者が強力。

城島、新井選手に右左打者の外国人も素晴らしい。
マートン選手は守備も素晴らしいし、ブラゼル選手は西武時代から「埼京線で通勤していた」真面目さが報道されていた。
 
リリーフ投手の印象が強いことはホークスとも共通している。
松坂世代は特に投手たちが凄い。
03年リーグ優勝時は特にチームに貢献していなかった藤川投手は球界を代表するクローサーである。


「松坂世代」と呼ばれることを嫌う久保田投手。
ロッテ入団当時は「松坂世代最後の大物」と呼ばれた久保康友投手は打力も素晴らしく、交流戦と日本一の経験もある。話題性は十分である。
 


But they (Hawks) lost 2 todays in  a row!

西武が昨日負けたのでホークスも命拾い、でも本当にパリーグは分からない。
オリックスも勢いあるし。



 
TVQでの「ねこタクシー」再放送の最終回は7月11日であった。

10July11 (27).JPG


6月27日に私が福岡に行った日が最終回だと勘違いしていた。
ドラマ版最終回は小説版とも内容が違っている。
未見だが、映画版も違うかもしれない。

それだけに脚本家の永森氏はラストでタイトルロールの間瀬垣ドライバーとねこの御子神さんをどうするのか、迷ったのであろう。


小説版のラストで御子神さんに関しては「やはり、その結末しかないのか…」と感じた。
泣いちゃったのね、これが。
2004年以降、猫好きになってからの私は「ベタな」内容の話でも泣くようになっていたし。
で、テレビ版ラストは「あれ、違うじゃん。小説と。それは無いでしょう…」と肩透かしであった。
詳細はテレビ版DVDをご覧あれ。


10July11 (14).JPG

ストックホルムシンドロームにおける猫

誘拐被害者が誘拐犯に影響されることをストックホルムシンドロームという。


英語圏の
ALTに「ストックホルムって誘拐が多いの?」と聞いたことがある。

何と答えたか、忘れた…。


CNN「ラリーキングライブ」でパトリシア・ハースト(名前うろ覚え…)のインタビューを見た時。

GW・ブッシュ大統領就任時の「恩赦(英語ではpardon)」で彼女が釈放されることになった。


映画「第3の男」の主人公(オーソン・ウエルズ主演)のモデルとなった新聞王。

その孫にあたるパティが誘拐され、長い拘禁生活の中、彼女は誘拐犯に影響され、共に銀行強盗を働く。

それでストックホルムシンドロームという語彙を知った。


詳しく知りたい方は、調べてみてくださいね。

ラリーキングさんも今期で勇退するそうで、残念ですが。


数年前のことであるが、映画「007 World is Not Enough」でボンドガールとして初めて大スター女優が起用された。

既に成功した女優であったソフィー・マルソーがそうであった。
007シリーズといえば、ボンドガールに起用されて初めてスター街道を、という元モデルから抜擢された新人女優が多かったようだが。

World is Not Enough」でマルソーが演じる石油王の娘がテロリストに誘拐される。
そのテロリストを演じたのが英国俳優…ロバート・カーライル。
「フルモンティ」では主演。
「トレインスポットティング」にも出演。人気刑事ドラマでも犯人役ゲストで見たことがある。
話は「007」に戻って、誘拐被害者が誘拐犯に影響される、という現象がこの映画にも見られた。
この映画英語公開当時、英国人女性ALTが「ピアース・ブロスナンが好き」と言うので、
「ピアース・ブロスナンが好きなの? 007が好きなの?」と聞いたら、
しばらく考えて、「007を演じるピアース・ブロスナンが好き」

すると彼女よりも年上の英国人男性
ALTが「ジェームスボンドはショーン・コネリーが最高」
…そう、日本でも上の世代の方、特に男性は言いますよ。

 カナダ人女性ALT英語映画レビューをproofread(校正)して貰っていたが、「オイルダラー」というのは和製英語だと気がついた。
Oil Tycoon が正しい。
タイクーンというのも大君、日本語もしくは中国語から来ているようだけど。
 

拉致被害者の横田めぐみさん。

金元死刑囚によると、「猫が好きでたくさん飼っていた」…。

長い年月、娘さんを探して待っておられるご両親にとって、今回特に大きな情報、収穫は無かったのですね。

中学生の時に北朝鮮に拉致され、ご両親や故郷が恋しい。


辛いこともたくさんあったであろう。


ご両親、特に母上に似てきっと賢い少女であっただろう、めぐみさん。

諦念と恐怖と望郷、様々な感情の中、自分をコントロールするのは大変だったことと思う。


自分の意思に反して連れ去られた土地の文化や言語を取得する…私には想像もつかない。


若くて賢い少女は、自分なりにやり甲斐を見つけることもできただろうか。

彼女が飼っていたという猫は、彼女の状況を理解してあげられたかな…。


80年代のことだそうだから、その猫たちも生きてはいないだろうが。





ニックネーム suziestefan at 15:03| Comment(4) | 猫情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

Aショートヘアの番組

「ノラ猫三度傘」の裏話

父が「カラオケファン」という雑誌を毎月購読。
特に興味のないジャンルではあるが、読み物として時々面白い記事も。

少女演歌歌手・さくらまやの「まややの自由帳」という連載がある。
以前は白黒ページでA4サイズの半分だったのが、現在はカラーA4判1ページ丸ごと。
彼女の勢いを感じさせる。

以前(は、本人の年相応記述だったと思う)よりも年齢学年の割りにこなれ過ぎた内容、難しい漢字多様でゴーストライターが存在しているかも…。

「ノラ猫三度傘」の歌詞を書いた水木れいじ氏の飼い猫エピソード。
捨て猫だった三毛猫の星ちゃん。
白血病が進行していたそうである。
一緒に散歩に行ったり、日向ぼっこをしたり。

水木先生は星ちゃんと散歩した道をあるいて「星ちゃん、星ちゃんの歌をまやちゃんがうたっているよ」といつも語りかけるそうです。

まやちゃんには星ちゃんがついているのですね。
ちなみに水木先生には「アトム君」というまやちゃん曰く、「高貴なお顔の猫ちゃん」もいるそうです。

そう言えばまやちゃんは、猫カフェにも新曲キャンペーンに行きましたね。
今の時代、彼女が美空ひばりのような時代を代表する大スターになれるかどうかは、難しいところだろうが…。

10July16 (8).JPG

いなみっくすさんが Cats Photo Groover 鹿月うさこさんと対談、
新・間違いだらけの猫カフェ選び  対談企画「猫カフェを愛するひとたちに、色々聞いてみる」第2弾
だそうです。

自分はコンデジで何も考えずに撮っているので。
機能は色々あるのだろうけど使いこなせていないのですが。

猫と遊んでいるときはカメラの手が止まっていて、いいか、それでも…というかんじです。
ああ私が(自分の技術や所持カメラの性能はともかく)もう1人欲しい、なんて


「源氏物語」について

文化の衰退の続き「源氏物語」の翻訳。
与謝野晶子のほうが昔の人なのに、より近代の円地文子、瀬戸内寂聴の翻訳よりも簡潔でした。
 
毎日新聞日曜版に同じ箇所の翻訳が1箇所のみ掲載され、それを見ただけで他の2人(冗長、意訳、勝手に付け加えている)を読む気がしなくなって。
与謝野訳は原文に忠実かも。
谷崎訳にも興味あるけど
佐世保玉屋にて、長崎県内の園児、小中学生の絵画コンクール入賞作品が展示。

上の学年にゆくに従って、技巧は達者になってゆくが彩色や構図の大胆さはやはり低学年の子達。
「春日のものまね」と題された作品。

子供たちに人気の芸人・オードリー春日を顔真似した男の子
画用紙全体に入りきれていない構図といい、手の位置といい、面白い。
版画で猫を抱いた少女の作品、トラと友達になれたらという想像上の少年の姿を描いた作品も面白かった。

展示会は自分の作品でない限りは発表している方に著作権があるのだろうな、とアップした後に迷うのですが
でも「この作品が特に素敵」と思う感性は自分の感覚かな、と言い訳をしつつ(汗)。

「Aショートヘアー 夢を背負った着せ替えネコ」

再放送ありました。
TBSで中川翔子たんの番組でも猫特集

10July11 (9).JPG


10July11 (11).JPG

作家の原稿執筆は「手書き」に限る?

「週刊文春」の連載執筆陣は他誌と比べても、豪華である。

その中の1人、今を時めく演劇人である「クドカン」こと宮藤官九郎。
7月22日発売号での彼のエッセイ内容。

手書き→ワープロ→パソコン、と原稿執筆において便利になるにつれ、内容が薄くなってきたような気がする…というのだ。

「25歳までに書いた芝居の台本は全て手書きでした。」
「手書きの場合、当然ながらコピー&ペーストや移動などの編集作業ができません。(中略)だから時間はかかるけど一字一句に重みがあった。」
「ある有名な新人シナリオコンクールで、十数年ぶりに大賞が該当者なしだったそうです」

宮藤氏連載の7月29日掲載分。

宮藤氏が書いた脚本がドラマ1話分の放送時間枠「尺」に収まらず、カットしまくり、役者に超早口で喋らせる…という荒業で何とか尺に収めたという記述がある。

「監督、2話すごく面白いんですけど15分オーバーです」

内容の濃さ、面白さよりも放送時間枠を優先する。

人気、視聴率の高いドラマであれば、ノベライズ本の出版、映画舞台版が後に製作されることもあろうが。

知人女性がパソコンで履歴書を作成して面接に挑んだが、事業所側に「字が下手でもいいから手書きのものを見たかった」と言われたそうである。

その方は
PC教室で習得したPC技術も立派なもので、「字が下手だから」ということだったのだが…。

D
メール等も受け取る側が高齢者の場合、手書きのほうが誠意を感じられる、という考えもあるのだろうし。
中元歳暮等の「のし紙」、これも達筆な人のほうが重宝される。

米国人友人Dが書道の稽古を始めた。

先生のご自宅は坂の上にあり、暑い中も苦にも思わず通っているそうだ。

「ひらがなから始めた?漢字は?」
「漢字。『夏』を習った」
「夏、は難しいよ」
「筆で書くのは難しい。ずっと練習していないと忘れるし。」
100均で漢字練習帳を買っていたよね?筆じゃなくて鉛筆やペンでも、何もしないよりは良いはずだから」

電話を切った後、筆ペンで「夏祭り」などの「夏」の字が入った熟語を練習してみた。

日本人でも悪筆はいるよ、
Dちゃん、焦らなくていいからね(笑)。

毎日新聞(624日)の月間ネット時評、山形浩生氏寄の「ブログとニュース」。
ブログはあるいはネットは、ジャーナリズムたり得るのか…という内容でした。

I saw the program called “American Shorthair, the changing-hair cat who carried on dream” on NHK BS. The masters of ceremony were, Gekidan Hitori, a popular comedian also known as a talented writer.

His first novel, “Kagehinata ni Saku (Bloomed in the shade)” was told, it could be chosen as a candidate of Naoki Literature Prize, (actually, it was not chosen as even a candidate, but I believe it deserved to be, because it is excellent work).


Shinichi Fukuoka, the guest commentator, he is known as Biologist. 
This program talks about the history of American Shorthair in the States.It relates to their Frontier spirit.
I only watched the last 15 minutes of this program; I missed most part of it.Some breeder of American Shorthair says “Shaded”, the non-popular kind of color cat among Shorthair, it becomes danger spices. 
If you breed shaded and shaded, their kitten would be died or very small kitten.
Or if you do by-star breeding, it could be much dangerous.
So, they picked up Ticked-Tabby, also non-popular kind of color, their kitten could not be Shaded, but next generation, one forth percentage of kitten could be Shaded.

Interesting, but sounds the egoism of breeder. 


ニックネーム suziestefan at 16:13| Comment(3) | 猫番組、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする