2010年08月26日

『トイレット』に猫さんが登場

猫が忘れられること、猫に忘れられること…


僕、ねこだよ
ママがね、いないの
僕がちいさい頃
ママがね、しんだの

茶トラ10Aug02 (5).JPG
 
しぬ、ってどういうこと?
ママがいたこと
僕がいたこと
僕のちいさな心と
僕のちいさなからだと
大きな手が
抱っこしてくれたこと
 
みんなみんな
なし、になっちゃうの?
 
私、猫よ
こどもが、いたの

でも口に咥えてこどもを運ぼうとして
大きくて早く動くものが
どーんとぶつかってきて

こどもははんたいがわに飛ばされて

大きな手が掬い上げてくれたこと
霞んだ目が見えた

 
あの手の人は
私のこどもは
私のことを覚えていてくれるだろうか
 
私は、にんげん
この子猫を母ねこから
託されるように預かる前に

もう1ひき、ほかのねこが
すこし前に
どこかへいった
 
あの白い
あの長い
あの柔らかい毛皮は
私のことを覚えていてくれるだろうか
 
猫が忘れられること、猫に忘れられること…

 
キューリグ大名店が預かった「ぬいぬい」ちゃんの元飼い主さんの想いとは、かなり違うイメージで創作してみた詩ですが…ベタだなあ。
いえね、新しい飼い主さんが見つかってそのお宅でぬいぬいちゃんが幸せになるにせよ、
ぬいぬいちゃんが元飼い主さんを忘れてしまう?事を想像するともう、たまらないのですよ…。
覚えていても、忘れてしまっても、どちらも不憫だなあと…。
 

保坂和志氏の「猫に時間の流れる」ですと、こういった思いが実に巧く表現されており、
猛烈に嫉妬心を感じますな…凡人としては、だ。
 
鐘楼流し10Aug15 (4).JPG

もたいまさこさん主演映画『トイレット』に猫さんが登場

有線放送の番組で映画紹介を見たが、なかなか面白そうだ。
クラシック音楽も効果的に使われているようで、サントラも発売。

もたいさん以外の出演者は英語圏の俳優陣で、その中にレンドルという名前の人がおり、元テニスファンとしては

ついイワン・レンドルを発想してしまう。
村上龍氏には「イワンのばか」と言われてしまうが(「テニスボーイ・アラウンド・ザ・ワールド」というエッセイ集をご覧あれ)。


サチ・パーカーはシャーリー・マクレーンの娘。

マクレーン(の弟はウォーレン・ビーティー)は日本びいきで、サチと名付けたらしい。
もたいさんは実際の年齢よりも老けた役柄で、早くも北林谷栄、菅井きん、樹木希林の風格。

英語圏の俳優たちが「バーチャン」とそこだけ日本語で語りかけるというのも独特。

映画プロモだけで「お、これは?」と思える作品は久々だ。

ただ、タイトルが映画にしてよい題なのか。インパクトはあるけれども。

ゴダール作品について

ゴダール作品は2作品しか見ていない。

「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」。近年は「ピエロ・ル・フ」になっているようですが。
気狂い、という表現がマズイのかな。

でもジャン・ポール・ベルモンド(日本ではアランドロンの人気が高いが、フランスではベルモンドのほうが、だそうです)のあの行動はその表現以外に無いでしょう。

映像も美しい、ランボーの詩の引用。
アンナ・カリーナもカッコ良い。
お洒落で日本のファッション誌で真似された。




ニックネーム suziestefan at 15:55| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする