2010年10月05日

猫好き有名女性ライター・猫カフェへ!?

週刊文春に辛酸なめ子氏が「ヨコモレ☆通信」を連載。
BL
カフェなどの新風俗店や珍しいイベント等に取材、独特の視点と鋭い描写力。
毎回楽しみにしている。
 

「にほんブログ村」の猫カフェ部門を見ていたら、ねこ・JaLaLaさんに「辛酸なめ子さんご来店!」とある。
連載の取材のために来られたのであろうか、それとも個人的に?

辛酸氏は猫も飼っておられるし、以前プロカメラマンに猫撮影を教授されてそれもエッセイで見た事がある。
 
黒白と三毛10Sep19.JPG

女性がペンネームで使わないようなけったいな名前を使用しておられるが、実際は育ちの良さそうな清楚な女性である。
皇室ウオッチャーでもあり、敬愛しておられるという黒田清子さんにも似ているし。

松本人志氏も一目置いていたというナンシー関氏が亡くなられてからは、辛酸なめ子、青木るえか氏に期待している。
ナンシーさんとの大きな違いは辛酸氏が水準以上の容姿で、青木氏が既婚者であることだが…。

いや、ナンシーさんは容姿がどうとか独身だとかそういうのを超越した存在であったけれども。


週間文春は宮藤官九郎氏のエッセイも連載。


映画「キャタピラー」を絶賛。
映画は未見であるが、反戦映画として描かれているらしい。 

茶しっぽ10Sep19 (2).JPG

乱歩が「芋虫」を反戦の意識で書いたのかというと、ちょっと違うかなあ…。

出版当時は伏字だらけであったという。


「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「鏡地獄」「道化師」「パノラマ島奇談」等を含めて、「どれだけ気色の悪い世界を描けるか」に挑んだ、という印象を持っているが…。


違うの?箕浦君?


まさしく「猟奇の果て」だよね?

 箕浦君、というフレーズの怖さは「孤島の鬼」を読んでくださいね。




ニックネーム suziestefan at 22:27| Comment(2) | 猫写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする