2010年10月18日

ねこ

ねこ

まど・みちお氏の「さかな」という詩がある。

一部、抜粋。

さかなやさんが
さかなを うっているのを
さかなは しらない

ねこ版を書いてみた。

ねこブロガーが
しゃしんを のせているのを
ねこは しらない

にんげんが ねこを
こんぴゅーたーで みているのを
ねこは しらない

うみの ねこも
かわの ねこも
みんな しらない

ブログを始めて1年。

アセラブログさん、いつもお世話になっております。

見て下さっている方々も有難うございます。

一番お礼を言わなければいけないのは、PC上で掲載されている事を知る由もない、撮影させて貰った野良猫たち。

飼い猫や猫カフェの猫ならば、パソコンを見る!?機会もあるかもしれないけれども…。
まど先生、勝手にパロディー詩作させて頂きましてゴメンナサイ。

最近、まど先生と山村暮鳥がマイブームなのですね。

山村暮鳥の「いちめんのなのはな」、これを「いちめんのねこ」と延々と置き換えると…
600匹の猫と暮らす男、じゃないか!(実在・イン・米国)

まど先生の「さかな」が猫に置き換えると自分の気持ちにピッタリはまった。

週刊文春誌上で「さかな」をご紹介下さった山崎努さんにも感謝。

新刊ブックレビューを池澤夏樹(娘さんは声優なのですね)氏ら作家に混じって交代で連載しておられるが、山崎氏のレビューが一番面白い。


随筆家としても高名な池部良氏が亡くなられた。
ご冥福をお祈りいたします。

みー10Oct10 (5).JPG


週刊文春1014日号の「ヨコモレ通信」。

秋葉原のねこ・JaLaLaのブログによると漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんが来店したのは、BS深夜番組の取材だった様子。

検索したら埼玉のざっかや ちゅーりっぷはっとにも来店しておられた。

その雑貨屋さんはお店ブログによると猫も飼っておられる。

埼玉の鷲宮神社の土師祭に取材に行っておられるから、その道すがらといったところであろうか。

アニメには詳しくないので、鷲宮神社がアニヲタの聖地であることも知りませなんだ。

チロ10Oct01.JPG

いつも行く猫スポット。
古参の美人三毛と茶トラのみー、そして元飼い猫らしい痩せた三毛猫。

 
美人三毛は3匹の中では知り合って一番長いのにも関わらず、一定の距離を置かないと逃げる。 

みーは以前同じ場所にいたキジ白の大吉が居なくなって以来、お世話人達に甘えるようになった。
仔猫時代に見かけた事があったのだが、大吉がいた時はオス同士の縄張り意識があったのか、人間の傍に寄る事は無かった。

最近来るようになった痩せた三毛は、当初ボロボロの首輪をしていたらしい。
手足が長く、そのためなのか香箱座りをしない。

歩くのに問題は無さそうなのであるが…それとも他の
2匹がいるために、緊張感が持続しているのか? 

3匹はそれぞれ仲が悪い。
本当は
3匹を1枚の写真に収めたいのであるが、各々の距離が遠い。
ニャんとかならないものか…。

彼岸花と稲穂0Sep23 (1).JPG

若手俳優・佐藤健さんも猫好き。

先日も
「志村どうぶつ園」で仔猫たちの前で萌えつきていましたねー。 

エキゾチックショートヘアの黒仔猫にミルクを飲ませていたけど、スポイドを斜めに入れてあげて仔猫も上手に飲んでいました。

実家は猫二匹おられるとかで道理で手馴れたものでした。
 
最近、番宣なのかやたらとバラエティ番組に出演しているけど、福山様と同じ事務所なのですね。

「龍馬伝」でも共演、何人かエキセントリックな役柄の俳優達が評判になっていたけど、その
1人ではなかったかな?

 
「メイちゃんの執事」で共演した女優さんが「龍馬伝」では恋人役で、全く違う役柄なのに…とご本人を前に絶賛。

痩せ過ぎなのを除けば表情豊かで人柄も良さそうだし。
 


獣医ドリトル

ドラマ「獣医ドリトル」が始まりましたが、案の定突っ込み所満載。

原作は未読ですが、きっと漫画のファンが怒るような内容であるのは想像に難くない。
 

ラグドールの子、どこの猫さんだろう?

動物タレントならば「ねこタクシー」のみーすけ君と同じ事務所だろうけど。

あるいはどこかの猫カフェから借りてきたとか?


ラグちゃんベランダ手すりから落下する場面も、まー安っぽいカメラワークですこと。


登校拒否でラグだけがお友達、という子役少年も「巧いでしょ、僕?」が鼻についてウザイ。

演出や脚本に説得力なさすぎ。
 

猫好きなのだから向井理、佐藤健さんを出せばいいのにねー。
 



ニックネーム suziestefan at 15:04| Comment(2) | 猫写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする