2010年11月30日

Pale Fountains

白い子犬

ホークスの優勝パレードのバスにお父さん犬も乗っていたのですね。

遅ればせながら…。


嵐の松本潤と一緒にCMに出ている白い子犬、「しろくま君」はもしやカイ君の子供? 

Pale Fountains


英国リヴァプール出身のバンド・Pale Fountains1stアルバム「Pacific Street」をこの頃聞いている。
vo,g
であるマイケル・ヘッドのほぼワンマンバンドと言っていいかもしれない。 

トランペットは元Dislocation DanceAndy Diagram

関節外れた舞踏…とは奇妙なバンド名、さすが英国。


Bottle of Red Wine」という曲を覚えている。
Pass me the Bottle of Red Wine
…って素敵な曲だった。
Fountains
においても印象的な演奏を聞かせてくれている。
ごめん、ワンマンバンドなんて言って。


アルバムジャケットの写真がいい。
険しい表情の若い兵士。

撮影後、カメラマンは射殺されたといういわくつき。


このエピソード、
Wikiに記述無し。
私にネタ提供しろって?
 

failed to make any commercial headway, but they achieved some critical praise

商業的な進歩には成功していないが、評価は高かった」

ハイ、私が好むのはそのような方々ばかり。

いい表現ですね、このように言うのか。覚えよう。
 

「5年で廃れるものは芸術じゃない」なんてクラシックのおねいさんに言われるとさ、違うよ!って。
 

PFの話に戻りまして。

特に「
Unless」「Reach」は名曲。
というか、この2曲があれば他はどうでもいい、という位に良い。


ndアルバムの「. . . From Across The Kitchen Table」も良かったが(タイトル最高!)、1stの若さ=馬鹿さ加減が瑞々しい。

ndのプロデュースはイアン・ブラウディー。
ライトニング・シーズのプロデュースでも知られる。
 

来日公演は演奏のあまりの下手さ加減に酷評されていたことを思い出す。

「スタジオ盤と違う」点ではニュー・オーダーと双璧だったかも。

彼らの日本公演テープを聴いて大爆笑、でも愛おしい!と余計に思っていたなあ。
 

私は演奏技術の巧拙にはこだわらない。

パンクは演奏下手であるべし、が掟だったし。


ポリスは演奏技術が上手すぎてパンク・
New Waveムーヴメントでは異色の存在であった。

マイクは解散後、シャック(元ジェームスのメンバーも参加)というバンドを結成。
P
ファウンテインズの近年の再評価もあるとか。

Wiki調べても英語版。日本語版が無し。
仕方ないけど、ジュリアン・コープ(もリヴァプールの大御所の1人)級のミュージシャンでも
日本語版が無いのが困るなあ…私がやれってか?
 

↓亀の甲羅背負ってるのがJコープ、横顔写真がザ・スミスのCDジャケ、黄色っぽ
い色調写真がペイルファウンテインズのCDジャケ。

ジュリアンはなぜか日本のバンドを紹介するサイトを作っている。

ジャップロック何とか…って。

どうして、また。


日本のバンド興味ないから追求する気もないけど。

自国や他国で売れなくなっても日本でだけは熱い支持、というミュージシャンは多いから?

 Specials10Dec24 (1).JPG


ニックネーム suziestefan at 14:48| Comment(3) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

漫画家の黒猫

大島先生の長年のファンであるが、以前は猫に特に興味が無かったので「綿の国星」その他の猫作品もこれといってどうと言うことはなかった。


今でも「綿の国星」は最初の作品で完結してもいいのでは、と思う。


特に好きな作品ではないし。


 
「いちご物語」「バナナブレッドのプティング」「七月七日に」等々、好きな作品は他にある。

大島弓子先生のコミックで飼い猫サバ(故猫)について書かれた作品集を所持している。

その中にはサバ以外の猫の描写もある。


 「
月の大通り」に登場する黒猫のクロのおはなしが切ない。


もう来ない、もう会えないと思ったら本当に会えなくなったりするのがネコ。 
会った事も無いクロちゃんを思って涙が出た。



猫に興味が無い頃の自分と今とでは、好きな漫画家の作品に対する感じ方に少し変化があった。 


大病を患われ、漫画1995年、随筆の発表が2002年で止まっている。

元々、他の大御所少女漫画家と違って仙人のような方であることもあって
メディアへの露出も少ない。


お元気でいらっしゃるといいのだが。


「でじにゃん」のぽち様が昨年に続き、
「年賀状CD-ROM 2011(インプレス)」のふろく「もふもふアニマルカレンダー」に写真が採用されました。 

昨年は猫カレンダーとしての採用でしたので、今年は動物写真と範囲が広がった上で猫写真がということですよね。


つまりより高い評価でのご採用という…素晴らしい。
 昨年度は有名カメラマン・関由香さんと一緒のカレンダーに収録、これも凄いことでしたが。

ぽち様は益々殿上人に…さすがです。


CSalonスコティッシュホールド10Nov13 (1).JPG



ニックネーム suziestefan at 21:30| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

タマが相続できるか

「獣医ドリトル」第二回


南原、じゃなくて蟹江敬三がゲスト出演。 全編見ていないので後で猫が出演しているのに気がつき、しまった!と思った。

怪我しているのを救った?茶トラ猫が死んだ?飼い猫に似ている?という設定。元の飼い主が探しているだろうから、返すべきと説得された蟹江敬三。
茶トラ猫を抱いて飼い主探し?をしていたら、あるお店の外に置いてある座布団つきの椅子目がけて猫が乗っかる。お店の人に聞いたら、その椅子が思い出の場所であったと。
飼い主は亡くなっていたそうだ…。つまり、蟹江さんは茶トラ君を返さなくて済んで、めでたし…と。都合良すぎるなあ…
実際にも似たような話はあるだろう。


たまたま保護した猫に情が移って、必死で探している元々の飼い主に返したくない、そういう状況を想像するだけで切ない。

某ねこ小説のレビューを以前書いた。
読む前にネタばらしは推理小説の犯人を教えるのと同じなので、題名と作家は伏せておく。
これは小説家夫婦Xが隣人の飼い猫が遊びに来ていたのをとても可愛がっていたお話。
隣人、特に奥さんは感じのいい人であったが、なぜか夫婦は猫が遊びに来ている経緯を隣家に話していない。その猫がどうやら亡くなったらしい。

それを知って夫婦は今までのいきさつを話し、猫の弔問を申し出る。
隣の奥方は節度のある態度を崩さず、その件について小説家夫妻に連絡を取ろうとしない…。

そんな状況、想像してみるだに悲しい。
これは隣人が悪いわけではない。
でもX夫妻にはその猫を慕って共に悲しむ事を許されていない…。これは辛い。


猫の相続権


「磯野家の相続」なる本が出た。 以前「磯野家の謎」等出版されていたことがあり、久々にサザエさんネタ本。

新聞の広告を見ると「タマが相続できるか」もその本に記述があるようだ。

ペットに遺産を残したい、または遺族にペットの命を託したいという人もいるので…ということか。


茶トラ花10Nov17.JPG




ニックネーム suziestefan at 22:23| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする