2010年12月05日

「獣医性」とは?

獣医ドリトル、安楽死の問題だそうですが。

「猫の品格」を知るライターの言う「獣医性」とは?

青木るえか氏が週間文春で「獣医ドリトル」の小栗旬を褒め殺し…(笑)

「私の知る全国十七人の獣医と同じような獣医性を漂わせている!」とはね。


さすが「猫の品格」の作者。

「そういう演技指導をされているわけではないと思うので、単なる偶然だろう」


青木氏の言う獣医性とは、「うっすらと優しいが、人の話を聞かない」「ツンデレ猫のような」だそうです。

ドラマ全体と他の脇役獣医陣のことは褒めてはいない。

でも小栗の獣医性とやらに着目したあたり、さすが。


以前も泉谷しげるが演じた吉信ちゃん誘拐犯の演技が凄すぎて、(役者としての泉谷しげるに)騙された…等、印象的な文章を書いておられたのを思い出す。


動物を飼ったことがないので、獣医にも会ったことがない。

米国人友人に付き添って動物クリニックに行き、米国人インターン
N君に会ったことがあるくらい。

友人
Rが専門家の面子を壊すのでは、という位連れてきた預かり猫の病状について調べてきた事をあれこれ言うので、N君は「貴女の言うとおりだ」と彼女の要求する薬を処方してくれた。

N
君の言うのは皮肉だったかもしれないが。
そのインターン君とは別の場所で会ったことがあり、いい印象を持ってはいた。

米国の医療インターン制度について詳しく知らないし、
N君の目標が獣医なのかどうかは知らない。


獣医性…他の国ではどうなのだろう?

猫飼っている方、青木氏の獣医性説、どう思われますか?

ヤマトを模した猫マンガ

木村拓也にも「宇宙戦艦ヤマト」にも何の興味もない。
 

…が、スマスマで映宣を見ていたら「ヤマト」の乗組員に混じって茶トラの猫がいるではないか!

チラッとしか見えなかったが全身茶トラではなくて白い毛が見えた。

タレント猫なのかな?

そう言えば、松本先生は猫もお好きでしたね。
 

僅かなカットでも山崎努、西田、柳葉といった個性派がいつもの自分を抑えて役になりきろうとしているのが分かる。

 
なのに、キムタクだけは何があろうと何の役であろうと同じ。

役者として、どうよ、それって。


重要な役なのに、長年のヤマトファンがその部分に眼を瞑って見てくれるのだろうか。
ファンならずとも心配になる…。

映画「宇宙戦艦ヤマト」に茶トラ猫が出演しているようなので、検索したら公式
HPの中には記述無し?、
どなたか探せたら教えて下さいませ。
 

その代わり、猫とSF
好きなブロガー様がヤマトを模した猫実写漫画をブログにアップしておられるのを発見。


Tabby10Dec05 (18).JPG

プリンセスと猫

愛子様が猫を飼い始めたそうです。
 


不登校から運動会をきっかけにして、徐々に在校時間も増えておられるようで、良かったですね。
お誕生日の報道の中に、既に飼っておられた犬とは別に猫を二匹飼うことにした…とありました。
 


雅子様はどちらかというと、犬派でいらしたから…ショコラでしたか、以前飼っておられた犬の名は。
犬と猫とでは接し方が違うから、愛子様も学ばれる事が多いことでしょう。
 

雅子様のお誕生日の報道で愛子様がキジ白猫?を1匹抱いておられるお姿を拝見。

皇太子ご夫妻と犬と共に写っておられた。



もう
1匹の猫はどうしたのかな?カメラ嫌いなのだろうか?


猫好きファーストレディー

週刊文春に菅伸子さんのインタビューが掲載。
 

問題山積、何かと旗色の悪い民主党と菅総理であるが。
 

伸子さんはインタビュー終盤で、今現在首相官邸にいるから、以前は会っていた野良猫たちに会えなくなったのが寂しいと言っておられる。



ご主人はナンだが、伸子さんは応援しますよ!
 

杉本彩姐さんと言えば、猫好きにとっては女神のような御方。

どうせタッグを組むならば犬好きの小沢氏ではなくて、猫好きの管伸子さんと…であって欲しいニャ。
反管勢力に政治利用されていませんかー?






ニックネーム suziestefan at 22:17| Comment(2) | 猫写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする