2011年01月24日

私が選ぶ洋楽Best10

1 Space Oddity/ David Bowie
2 Ashes to Ashes / David Bowie
3 Bohemian Rhapsody/Queen
4 I am not in Love/ 10cc
5 Don’t Stand so Close to Me/ The Police
6 Voices/ Cheap Trick
7 Hotel California/Eagles
8 Video Killed the Radio Star/ The Buggles
9 マイ・シャローナ/ザ・ナック
10 Blue Monday/New Order


洋楽ベスト10(裏)


1 There is a Light/ The Smith
2 Wild is the Wind / David Bowie
3 Unless/The Pale Fountains
4 Green Isaac/ Prefab Sprout
5 The Human Jungle /The Jazz Butcher
6 Cattle and Cane/The Go-Betweens
7 Stay/The Blue Nile
8 The First Picture of You/ Lotus Eaters
9 Yellow/Gang Way
10 Oblivious/ Aztec Camera


表というのは誰でも知っているヒット曲。

裏は自分の嗜好がより強い選曲。


順位はあってないようなもの。
ここで挙がっていないバウハウス、Loveand Rockets, Joy Division 等はA・カメラよりもバンドとしては好きであるし。
裏ベスト10のアーティストに関しては各々のベスト10曲を選べる位好きである。
例えばボウイならば10曲以上あげなくてはならない!


見事に「泣き」のメロばかりに…
それを考えるとそんなにマニアックな好みでもないね、私も。


解説は表10曲のほうが簡単に書けそう。


皆様の洋楽ベスト10も教えてくださいね。

洋楽ベスト10(表)・解説


1 Space Oddity  2 Ashes to Ashes / David Bowie

これはより個人の嗜好が強い「裏ベスト10」の同率1位に入れても良かった。
そうするとボウイばかりになってしまうし、知名度が裏ベスト10の面々よりも高いので表ベスト10に。
S・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」にインスパイアされた曲というのは周知のことであるが、そのAnswer Songを自らやったのが「Ashes to Ashes」。

ピエロ姿のボウイと歌詞に引っ掛けて老婆が出てくるのが面白い音楽プロモの最高傑作。
「Can you hear me, Major Tom? Can you here am I sitting in the tin can」, hearと hereの韻を踏んだ歌詞に感動したファンは後年、トム少佐がジャンキーだ、と歌うボウイにショックを受けたであろう。
ボウイの変幻自在の歌唱力、この曲では裏声多用でトム少佐を名乗る男の幻想だった!?、とボウイが演技者としての資質も垣間見せる。


3 Bohemian Rhapsody/Queen
この曲をウィキで調べたら英語ではより長い解説が。難易度高すぎる。 


4 I am not in Love/ 10cc
10ccはこの曲だけで良い、という位に美しい。


5 Don’t Stand so Close to Me/ The Police
スティングが教師だった頃のエピソードなのか!?、説は違うらしいが。歌詞が意味深ですね。
お陰でteacher’s pet, temptation, frustrationだのって単語を覚えられました。プロモもカッコいい。


6 Voices/ Cheap Trick
これもコーラス処理が素晴らしい。


7 Hotel California/Eagles
これも調べれば延々と解説している米国人が多くいそうだ。
彼らの楽曲は「I can’t tell you why」「Sad Cafe」「Heartache tonight」も好き。


8 Video Killed the Radio Star/ The Buggles
新しい文明は旧文化を駆逐する、歌詞が深い。


9 マイ・シャローナ/ザ・ナック
究極の一発屋。今でも日本のヴァラエティ番組等で良く耳にする。


10 Blue Monday/New Order
Joy Divisionのイアン・カーティスが自殺した事を歌った曲。
The Cureの「The Hanging Garden」もI・カーティスに捧げられた曲であった。


…すみません、簡単すぎますね、これだけの名曲達に。
もっと深く書ける方がいると思うので、興味のある方、調べてね。

Video Killed the Radio Star, but youtube saved the Radio Star!

というわけで。
 

最近、米国で大きく話題になっているリアル・ラジオスターの悲劇が一転してアメリカン・ドリームへ! 

週間文春連載の町山智浩「言魂USA」に寄ると、ホームレスの男性、テッド・ウイリアムズは
元々音楽番組のDJをやっていたアナウンサー。


ホームレス男性が美声の持ち主であった…とユーチューブで話題になったが、過去の本職がそうであったのか。


町山氏の記事では別にMTVの発展でラジオの仕事を失ったわけではなさそうだが。

テッドさんはセクシーな声ばかりか女性にモテすぎて、家族を失い、酒とドラッグに溺れ、職も失ったそうだ。


テッドさん、今ではテレビ局の仕事も得た。

C・イーストウッドの「
Play Misty for Me (恐怖のメロディー)」みたいなことにならないように、女性には気をつけてね…
 

稲葉真弓の「ミーのいない朝」


作家で、詩人でもある稲葉氏。

氏の若い頃は、池波志乃さんのような美女。
芥川賞にノミネートされたことはあるが、受賞は無し(こういった作家さんは多数おられるのかな…)。

彼女もまた、猫を好きになっていなければ出会う事の無かった作家。


作品中、前半は三毛仔猫のミーちゃんと作者夫婦との出会い、ミーちゃんとの楽しい生活が生き生きと描かれる。

時折、ミーのことを詠った詩も挿まれる。


中盤から後半にかけて、文体が暗く重く変わっていく。

作者がご主人と離婚し、家探しをしなくてはならなくなる(婚姻中もミーの為に引越しはしているが)。

東京でペットと共に暮らす住宅事情の悪さが垣間見られる。


ミーが老いてきて闘病生活に入り、やがて死を迎える。

作者はミー以降、新たに猫と共に生活してはいない。

それほど彼女にとってミーの存在は大きかった。


猫を題材にした作品を探し始めて最初の頃に出会った作品。


他の稲葉作品も読んでみた。

70年代のカウンターカルチャー(ドラッグ有り)の中心にいたアーティスト夫妻を題材にした作品だったが、タイトル忘れました〜。


三毛とサビ11Jan09.JPG

ニックネーム suziestefan at 15:11| Comment(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

クワガタムシ、冬眠?


ニックネーム suziestefan at 15:44| Comment(2) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

作家の猫は唄う?

毎日新聞誌上で高樹のぶ子「マルセル」が連載。 その中でミニー・リパートンの「ラビング・ユー」の描写があった。

私は音楽の嗜好はマニアックであるが、文学の中で音楽家や楽曲が引用される場合、やはり有名な曲のほうが喚起する力が強い…と思った次第。

町田康の猫エッセイ「猫にかまけて」の中に登場する飼い猫の1人、ゲンゾー。
ゲンゾーが時々唄うのが「みなし児のバラード」


今話題のタイガーマスク、伊達直人を名乗る方々が児童相談所や孤児院(と言う表現、今はしていない?)にランドセルを寄付しておられるが。

そのタイガーマスクのテーマ曲である。
 

勿論、猫が人間の歌を歌うわけが無く、町田氏の用いる比喩である。


拗ねた時、町田氏や他の猫たちがゲンゾーにとって理不尽な?行動を取った時、「みなし児のバラード」を唄うのだそうだ。


虎は猫科であるから、そのユーモラスな隠喩も似合わなくはないね。

昨今の伊達直人シンドロームと町田氏の猫さんは無関係ですので、念の為。

Calico11Jan12 (4).JPG




ニックネーム suziestefan at 22:20| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする