2011年03月19日

猫替え歌

Fostered, The Hope Of Cats by Meowmus (wakatakatakako)  from  "The Poison Cats" (2011) 

替え歌 Murderers, The Hope Of Women, Momus

With this opener I open the can  

Who will be my cat today  
Sweet Fanny Lily

Watch her climb the cat walk 
A present from her foster-father Sweet Fanny Lily
See her reaching out and scratching down the curtain drapes
Foot looks like socks, an Elizabeth- colour for her face
With newspaper for her napping bed
You must take a walk with her 
The Proper Little Lily
And now because I love her  
I must take my place too
Fostered, the Hope of Cats
Paw in every sneaky stepping
I must take this cat for my sentence of life  
And she must steal my bed



モーマスが被災地の映像をYoutubeにアップしている。


Sweet Fanny Adamsという人物?が‘The murderers, the hope of women’の歌詞に登場するが、モーマスは猫をユーチューブ画像に出し、彼にアダムスと名付けているようだ。

でもこのPVがご本人作に拠るのかは不明。

モーマスの関連画像のうち、猫画像がいくつか出てくるのでご本人ならば猫好きの可能性もある。


彼の「Time Lord」の日本盤(bonus truck有)解説者の伊藤英嗣(ロッキンオンのライター)氏が「英国」と書いている。

Scottishなのだが。


坊主頭で騎士の扮装CDジャケ写の謎が解けた。

ボーナス曲のうち、にMarquis Matsugae、三島の「春の雪」主人公の名が。
ロンドンに松枝清顕が転生した(聡子も剃髪する)、というイメージかも。「豊饒の海」4部作でその1作目、輪廻転生を書いた作品。
歌詞の中に「great Clan of the Meiji shogunate」とあり、徳川慶喜、明治天皇のこと???
明治に将軍だった人はいても、将軍制度はないのでモーマスも間違えて!?、いる。

人が間違えてたり、リメイクしているから自分も間違えていいのだ、替え歌作っていいという理屈にはならないが…。


以前「春の雪」英語レビューで松枝家をCountにしたけど、Marquisか。
同じ本を読んでいるって嬉しいけど。

彼のアルバム解説中、「
'The Homosexual'.はジイド、三島,毛沢東。特許の無い新防御メカニズムが多くある。

a gay man pretends to be a straight man pretending to be gay, a cold man pretends to be a warm man
pretending to be cold. Provocation and paradox.
」…。

これも三島「禁色」「音楽」の引用?この曲は本国では酷評、英国人の欺瞞(No sex please: we're British)である。

彼の世界はSarcasticで難しい。ボウイを尊敬するというのは分かる。
大英帝国のミュージシャンで文学哲学他の引用が多い人は意外と多くない気が…ボウイ、バウハウス、ロバスミ、モリッシーはそうだが。




ニックネーム suziestefan at 22:37| Comment(2) | written in English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする