2011年04月09日

カンディンスキー

お城のある町も含め、今年は5箇所の桜を堪能。

大学のグラウンドにある桜は種類が違うのか、白い花びらの桜がある。

愛宕山も見えるし、隠れた桜名所。


モーマスのCDジャケ2枚で桜とコラボ。

本当は桜の花の下で撮影した「Tender Pervert」でやってみたいけど。


桜と猫の撮影は毎年チャレンジするが、桜と猫の位置が遠い。

なかなか傍にいってくれないし…。


浮気する芸術家は?


カンディンスキーと青騎士展について穂村弘氏がコラムを書いておられた。

ミュージアムショップで女性が販売員に声をかけられ、セールストークを聞かされる。

女性は「カンディンスキーって浮気してたんですよね(中略)。絵がきれいだから、あたし、もっと純粋な人だと思っていたのに。(中略)絵も嫌いになっちゃった」

販売員は絶句。

穂村氏は販売員がこう言えば良かったのに、というオチをつけているが。


私も読売新聞の勧誘に「アンチ巨人ですから」と断ったことはあるが。

苦しい時期を支えてきた妻と娘と別れて女性タレントと交際している斉藤和己投手のことも大嫌いになってしまったけれども。


全く、この女性のように「浮気するアーティストの作品は認めない」などと断じるようであれば、評価されない芸術家がどれほど出てくるだろう。

漱石の「それから」、谷崎の「蓼食う虫」、三島の「美徳のよろめき」等々、名作が読まれなくなってしまうし。


投手として再生するならば、和己投手のことも応援はするだろう。

相手の女性のことは別に嫌いではない。


井上ひさし氏の元妻は「私と居た頃のほうがいい作品を書いていた」と言ったが、それは本当かもしれないけど言ってはいけないよね…。



Cat Loving People11Mar11.JPG

ニックネーム suziestefan at 22:31| Comment(5) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする