2011年06月20日

140文字の猫

クリボー様が140文字の小説でカエルの事を書いておられたので、猫で考えてみた。

雨が降る。
一日が長い。
いつもの集会にニンゲンが来る時間。
なにか億劫だが、一日行かないと次までが長い。

隻眼のトラが来なくなった。
尾長のクロにやられてからひどく憔悴していたらしい。

クロは俺を気にしているという。
トラの兄いが次の跡目は俺だと予てから公言したからだ。

俺は面倒な事は嫌いだ。

安倍夜郎の「深夜食堂」

人物はシンプルな線だが、背景小道具構図などは相当巧い絵である。
店の外に猫がいるカットを2箇所発見。
堀井憲一郎がメニューを題材にエッセイを書き、コミックスの別冊レシピとして出ている。
ドラマでは小林薫が食堂のマスター役だとか。私のイメージは杉本哲太。

第3夜「猫まんま」より。

時々来る女性で、ごはんに鰹節をかけた猫まんまを注文する客がいる。彼女は売れない演歌歌手(ドラマは田端智子)。マスターの好意により、店でコンサートを開く。

「人生いきあたりばったり」という曲。

路地裏みつけて クネクネ行くのが とっても好きなのよ♪」
お客はそれなりに感動し、皆で食べた猫まんまは旨かった。
常連客の中に作詞家がおり、彼女に詞をプレゼントする。
「まよい猫」という歌である。
恋を忘れたホステスの ひざに抱かれて聞いている むかしの男の愚痴ばなし 夜の新宿 まよい猫♪
この歌は百万枚突破の大ヒットとなるが、彼女は不治の病に冒されていた。

歌手が亡くなり、ある日の事。食堂の前に黒白猫が。

マスターが猫まんまを出してやると、「うまそうに食ってさ、『ニッ』と笑ったんだ。あの娘みたいにね」

…マスターは猫に「おかえり」と言った。

Keep out from raw meet, Cat!

焼肉チェーン店の生肉食中毒事件で食肉卸業者にも責任の一端があるという報道が。
週刊誌にトラックの陰で肉の塊の仕分けをする作業員と、「人の気配がなくなった途端、カラスや野良猫が」
という写真がある。
報道の真相は分からないが、体の大きな人間が焼肉店の生肉で亡くなっているのだ。小さな体の猫が食べるとどうなるのか。
猫ちゃん、そのお店の肉を食べてはいけないよ…

黒仔猫11May20 (2).JPG

一二三11May20 (4).JPG
続きを読む

ニックネーム suziestefan at 15:14| Comment(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする