2011年12月28日

百年小説

新年明けましておめでとうございます。 昨年中はお世話になりました、今年も宜しくお願いいたします。

百年小説
大学図書館で ポプラ社の「百年小説」を借りる。全51人の近代文学の文豪。
森鴎外の「杯」から太宰治の「富嶽百景」まで、1330頁もの短編集。百科事典のような重さと厚みで、持って歩くのも読むのもしんどそうだと思った。
しかし、本棚のしかも上の方へ置いてあり、「お前が読まねば誰が読む」という声が聞こえたような。
これを手に取らなければ読まないであろう作家や未知の作品が多々あった。既読作品は8作品のみ。
圧巻は泉鏡花「外科室」と内田百閨uサラサーテの盤」。読んだ事はあったが改めて読んでみて圧倒された。


森鴎外「杯」
夏の朝。温泉宿の清冽な泉へ11,2歳位の美しい少女たち、7人。湯帷子の懐へ各々がお揃いの銀杯をしのばせている。かわるがわる泉を汲んで飲む。そこへ背の高い年長の、「琥珀のような顔から、サントオレアの花のような青い目」の少女が黒ずんだ、小さい杯を取り出した。異端児を憐れ蔑む少女たちの残酷な視点とそれを跳ね返す「平和の破壊者」たる黒い杯の娘。この対比が見事である。

 

ニックネーム suziestefan at 15:38| Comment(2) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

タマと妹ねこ

某猫スポット。とても懐こい兄妹子猫のタマ(近隣の農家の方がそう呼んでいる)と茶白。ある日、タマが先に私の膝の上に乗っていると、茶白も乗ってきた。母猫の三毛。片目が金色のオッドアイである。白猫以外でオッドアイは初めて見た。三毛と言っても、白い面積が大きく、厳密に三毛とは言えないかもしれない。母猫と他の兄弟猫は警戒心が強く、寄って来ない。
茶白の子猫の姿を見なくなった。ご近所の方の話だと死んだという。同じ生まれ月の白い猫…頭部と尻尾だけがうっすらと茶色い毛の、タマと呼ばれる兄猫がいるが、彼の頭の毛が以前よりも濃くなった。黄土色の絵の具を水で溶いて、中太の筆でひと刷毛、ふた刷毛したような。


ニックネーム suziestefan at 18:37| Comment(2) | 猫写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

ボクが猫に嫌われる理由

BS日テレで「ボクが猫に嫌われる理由」という番組がある。
ドランクドラゴンの鈴木さんが猫を好きだし飼ってもいるのに猫に嫌われる、それを克服しようという内容。
私が見た放送では既に2回目になっていた。
有名な猫ブログの猫や猫カフェに訪問して、猫への接し方や生態を学ぼうといった企画のようだ。鈴木さんの相方の塚地さんとハンサムな獣医師さんが鈴木さんと猫たちのVTRを見て感想を述べている。
正直、この番組を見るまで「この人が塚地さんの相方だったか」という位、鈴木さんの印象は薄かった。
塚地さんは山下清役など、役者としても活躍しておられるので。
番組HPによると、塚地さんは猫を飼っていないにも拘らず友人(鈴木さん?)の猫に好かれるという。鈴木さんは外見や話し方などを見ても、成る程猫に敬遠されそうな印象。まあ番組のためにあえて、なのかもしれない。20年も猫を飼っておられるそうだから。
番組タイトルがいい。動物番組やアニマルプラネットの中にある猫番組でもこういう題の番組はない。
3回の放送で終了したが、2012年2月22日、DVD発売だとか。

大佛次郎「牢獄の猫」より 「ふと、昨日、読んだ本に昔の江戸の牢屋で、女牢の牢名主、それこそ鬼神のお松と言ったように知られたものが、自分の猫を飼う勢力やら特権が許されていたと知って、ひとりで楽しく微笑したのを思い出した。私も家につながれて猫とともに牢屋暮らしを営む。」
 大佛「困ったこと」より 「『いいですよ、御主人』と、猫が私に言った。『この鮭は闇の鮭で、違法なんです』 なんでしたら、御主人の分も一枚、持ってまいりましょうか、とはさすがに言わなかった。」…鮭盗人ならぬ猫に作家の隣人は気がついたのだろうか、想像するだに可笑しい。大佛次郎「困ったこと」より 「私が庭に立って敵機を見ていると、内の猫が見事な鮭の切り身をくわえて来て、」「むろん、配給外のルートだから、」「私が猫の口から鮭を取り上げて返しに行ったら、お隣の食事の秘密に触れることになる。見て見ぬふりをして、猫にもうけさせた。」

 
きじと黒白11Nov27.JPG

タキシード猫11Nov27(5).JPG


ニックネーム suziestefan at 16:03| Comment(2) | 猫番組、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする