2010年01月13日

好きな映画ベスト10(裏)解説

好きな映画ベスト10(裏)解説
 
5位の 「人生は長く静かな河」フランス映画である。

不倫関係にあった産婦人科医と看護婦。
看護婦は医師の不実さに腹を立て、思わぬ報復行為に出る。
なんと、新生児の赤子を2人、それも男児と女児を入れ替えるのだ。
男児はセレブ家庭の子で女児は貧しい家庭の子。
2組の家族に共通するのは子沢山ということだけ。

 このような題材は日本のドラマにもよくあるが、ドロドロした内容でこの映画のようなブラックユーモア的な作り方はしていなかった。 

この2人が10歳くらいの頃。
看護婦は医師と2家族に向けて、手紙を出す。かつて自分がしたことを告白する内容。
この時の医師のセリフが「ラザロ、ラザロ…(あばずれ、という意味)」というのがおかしい。彼女をラザロにしてしまったのは自分だというのに。 

真実を知った金持ちの親は両方の不幸な?子達を放ってはおけない。
とりあえず、本来の子であるモーリス(貧しい家庭では「モモ」と呼ばれている)を引き取る。本当の子ではない女の子には真実を知らせない。 

このモモや他の貧しい(お母さんが太っているというのがいかにも)家庭の子達の逞しいこと!派手な服装や化粧の姉を初め、金持ち家庭の子達とも仲良くなる。
「悪貨は良貨を駆逐する」のことばどおり、上品な子達は下品な子達に染まってしまう。 

タイトルの意味。
良家の母が、変わってしまった家庭を嘆く場面で子供の1人が「人生は深く流れる河なのだ」という場面がある。 
モモはビートたけしのような顔を傾ける仕草をする。それは実の父親とそっくりなのだ。 

脇役の医師(かつての二枚目俳優ダニエル・ジェラン)や看護婦、良家に出入りする神父らも面白い。特に神父の胡散臭さときたら。欧州の映画の中で名門の家といえば、必ずカソリックの神父が出てくるのが面白い。
ご意見番というか。
映画のラスト、神父が子供たちと歌う曲が流れるのがおかしい。  

相手の目線で接する

以前、知人から「英語を友人(英文課出身=手強い保護者。
多忙で自ら教える時間はないとか)の子供(小学生)に教えることになった。
アドバイスが欲しい」と尋ねられ、中学生にしか教えたことのない私は返答に困りました。
 以下は私が彼女に話した体験談?親戚の子供が5歳の頃の話です。

 某英会話教室に体験レッスンをした際、先生(日本人)が全て英語で授業をしたので、その子供が拒否反応を示したとか。
 

私がその子供と幼児向けの英会話番組を見ていた時のこと。
英語をリピートをしていたら、自分の知らないことを私が知っているということが面白くないらしく、「うるさい」と言われました。

でもその5歳の女児は、時々私の機嫌を取るために「○ちゃん(私のこと)、えいご、言っていいよ」などと言うのですね…私が「えいごがすき」なことを5歳ながらも知っていたようです(^^) 
いえ、5歳児と対等に見られていた、というべきか (^^;)

「教えた」わけではないのですが、相手の目線で接することが大切なのかなあ、という気がします。
 


黒白パン子ちゃん ですー。
いちごのリードつけてるけど動きが早くて撮影できん!



 
Pankochan10Jan07 (14).JPG


Pankochan10Jan07 (4).JPG

Pankochan10Jan07 (9).JPG

リンクしている「げんきのみなもと。」よしえさん、
「ネコすべな日々」ロンママさん
(鷹ファン)は野球とネコ好きな仲間!?です。
よしえさんはカープファンなので今村君よろしく!って言いました(笑)

野球とネコといえば、亀梨くん(中学生の時?軟式野球の世界大会に出場とか)と小泉今日子はいいカップルなんだがなー。
別れたという報道が?
亀梨くんはキョンキョンの家の猫とも仲良しだったのかしら…


ダイキチくんとお世話人1位さん(私は4位…)。
見上げるダイちゃんの眼、おいちゃん大好きだよ〜♪

Feline in SPark09Dec31 (2).JPG

Feline in SPark09Dec31 (1).JPG

Feline in SPark09Dec31.JPG

佐世保の飯盛神社。こちらの階段登りトレも城島選手トレーニング名物。



飯盛神社10Jan10.JPG

佐世保市島ノ瀬町。ローカルですね。

10Jan04島の瀬町 (1).JPG


佐世保玉屋でマイコーの写真展。
なんでこの顔をいじる必要があったのか。
顔が違うと骨格が違ってきたのか徐々に声まで白人ぽくなってきたような。

10Jan04Mジャクソン.JPG

ジョーさん選手の皆さん、寒い中サイン有難うございます

城島自主トレ10Jan09(20).JPG

若い人がビールを飲まなくなったそうです。
私も若くはないけどあまり飲まないですね〜
アメリカ人に聞いたらアメリカではアサヒが人気だそうです。
ただし1種類しか売ってないとかで。
あまり日本の優秀な製品売っても困るということでしょうか???

知らない方とブログを通じてやり取り

昨日パソコンを使わせてもらってる公民館(平日5時まではキーボード、マウス使用できるpc,夜間はキーボードマウス無し、タッチ画面からの入力)で、私がトイレ行って帰ろうとしたら。
それまで自分のブログをチェックしていた。
その画面をそのままご覧になってる感じの良い男性。
「そのブログ、私のなんです」

「えー。いや、面白いなと思って」
まあ社交辞令でしょうが知らない方とブログを通じてやり取り、嬉しいです。
突然話しかけてすみませんでした、有難うございました!

さっきも顔見知りの米国人で野球好きな方と偶然会った。
ジョーの自主トレの情報をあげたら喜んでくれました。
以前もそのことは言っていたけど、連絡してもいいと言ってはくれたが仕事でメモした電話番号にかけていいものかと抵抗がありました。
いや、会いたい人には会えるものですね。

城島BB記念館



城島BB記念館10Jan10.JPG

ジョーとラクロスの山田選手。美しい絵ヅラ。

城島・山田選手10Jan11.JPG

フィギュアスケート全米選手権

フィギュアスケート全米選手権、コーエン選手だけが心配です!


時々行く場所の茶トラン。
他のきょうだいは愛想が悪いが、この子だけは出てきて遊んでくれる。

皆様お住まいの地域は雪はいかがでしたか?

ネットカフェにいく道すがら、バス停でバスが来ないのに?苛立った男性が叫ぶ。
タクシーで買い物行けば良かった!!!」って。
雪は人を狂わせるのでしょうか?



猫好き俳優

いかつい俳優さんが猫を愛でる姿、想像するだに楽しいな。

嶋田久作、田中要次、毬谷友子さんは猫好きです。

百菜というレストランのミニうどんと豆腐サラダ

豆腐サラダとうどん10Jan10.JPG

城島追っかけ仲間のPさんの描いた絵。
独学ですって。
素晴らしい〜
特にこのミカンが画用紙に入りきらずあえて切っている構図。
お裁縫もお得意で多才で楽しいお方です、いつもお世話になっています。

ペコさん10Jan10 (1).JPG


映画レビューを英文で。

相当前の作品ですが、DVDも出ているだろうということで(スゴイ言い訳)。


 「運動靴と赤い金魚」1997年イラン映画

Movie preview

" Bacheha - Ye Aseman( Children of Heaven)" /1997,Iran, 148min.


 
"Bacheha - Ye Aseman" is the first nominated Iranian Foreign Language Film at the Academy Awards in 1999.

A boy named Ali carelessly loses his sister's only pair of shoes which were just repaired. He can't tell his parents because they are very poor.  

They have to go to school wearing Ali's shoes in turns.

 One day, he knows that a marathon competition for elementary school students will be held, and that 3rd prize is a pair of shoes. So he decides to entry the competition to get the shoes for his sister.


ショコラ 2001年 ラッセ・ハルストロム監督

この監督は「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」の成功でハリウッドに招聘された。

この頃まではまだいい映画を作っていたが、「ハチ公物語」の監督や日本の有名作家にリメイクの「ハチ」(リチャード・ギア主演)を酷評されていた。

ハリウッドに行くと、いかに優れた才能でも制約やら何やらで淘汰されるという悪例。


Chocolat
(2001, Miramax)

This movie takes place in the small village of France in 1959, during a carnival.

Juliette Binouche plays Vianne, a mysterious stranger who arrives with her daughter, Anouk.

She opens a fancy confectionary shop that offers mouth-watering chocolates.

Johnny Depp plays Roux, a handsome stranger who’s come to town.

A cinematic production with more than just a tempting title, this movie exudes a gentle magic, leaving a delicious after taste.

Directed by Lasse Hallstrom

Starring: Juliette Binouche

         Johnny Depp

         Judy Dench

         Lena Olin

「ザ・メッセンジャー:ジャンヌ・ダルク」
1999年 リュック・ベッソン監督。


この映画が公開された頃、私は某国際交流団体であるイベントを企画してテンション上がりっぱなしだった。


友人にこの映画のミラジョボに似ている(キャラが。顔が、じゃないです)と言われた…。


The messenger: The story of Joan of Arc
 ( 1999, SONY ,157 min. France/U.S)


Luc Besson, who directed such movies as "Nikita", "Grand Blue", "The Fifth Element", and "Leon", is the most successful French director in Hollywood.

 This is not the first movie based on the legend of "Joan of Arc".  Besson, however, is interested in this project because he has a different point of view from other "Joan of Arc" movies.   In his movie, she is not only a legendary hero but is also an innocent and religious 17 years old peasant girl who can't read or write.

                   

Starring; Milla Jovovich

         John Malkovich

         Fay  Dunaway

         Dustin Hoffman

「リトル・ダンサー」ステーブン・ダッドリー監督 2000年

Billy Elliot

(2000, Universal Pictures ;111min. /U.K.)

“Have you got the spot?” “Go, Go, Billy!”

An eleven year old boy named Billy wants to learn classical ballet.  His father is on strike and he does not want his son to be absorbed in ballet. He wants Billy to do more “manly things”, such as football or boxing. Only Billy’s ballet teacher believes he can make it.

This movie takes place in a coal-mining region in England in 1984.

Jeremy Belle acts Billy and he started his ballet career at the age of six. He was chosen as the title role from 2000 candidates.

Directed by Stephen Dadly

Starring: Jeremy Belle

          Julie Walters

          Gary Louise


明けましておめでとうございます(Akemashite omedetou gozaimasu), which means "Happy New Year". 

Before New Year's Day, Japanese send

postcards which are called "Nengajo(年賀状)". These cards give you an opportunity to contact and say helloto friends you have not seen for a while.


New Year's sale  
(初売り)


Have you ever spent a New Year's Day in Sasebo? 

If you experience it for the first time, you should go to the New Year's sale which is called "hatsuuri".

You will be surprised to see how many people flock to the "ginza (shopping arcade)" in Sasebo for shopping early in the morning on January 2.

Most shops open at 5 o'clock in the morning, but some open at midnight on Jan. 2nd.

Many people stand in line to wait for the shops to open.


英訳された日本文学を英文レビューで紹介します。
数年前、カナダ人ALTのS先生にプルーフリード(校正)して貰ったので、文法は正しいはずです…鍛えられました。
久しくこういった内容で英文を書いていないので、もっと書かなくては。 

三島由紀夫「豊饒の海」より、「春の雪」 

I would like to recommend some Japanese novels. 
You can read English versions, but if you study Japanese hard, you should try the Japanese originals.  
 

The sea of Fertility, a cycle of Novels; "Spring Snow”, written by Yukio Mishima Charles E Tuttle Company Tokyo, Japan.
 Kimitake Hiraoka was born in Yotsuya, Tokyo in 1925.   
While he was in Gakushuuin high school, he appeared as Yukio Mishima and published
Hanazakari no mori (Forests in bloom)" .

He was a very talented young man.
One of his novels, "Kamen no kokuhaku(Confessions of Mask)" ,  established him as the leading writer in literary world of Japan. He has been the center of current topics for years. 

On November 25, 1970, he committed harakiri ( ritual suicide).    
 

 "Spring Snow", is the first book and a masterpiece of 4 series .
Three others  are "Runaway horses", "The Temple of Dawn" and "5 signs of God's Decay".
 Kiyaaki Matsugae, the leading role of "Spring Snow", transmigrates three times. His best friend Shigekuni Honda, appears as the story teller throughout the series. 
The story takes place in Tokyo in 1912.
The rich provincial families try to replace the ancient aristocracy.  

The Count Matsugae, who is one of those families, arranges the engagement between Satoko Ayakura, their friend's daughter and a royal prince.  So, Kiyoaki and Satoko suffer from tragic love, like Romeo and Juliet. We would like to recommend some Japanese novels.
You can read English versions, but if you study Japanese hard, you should try the Japanese originals.   

三島由紀夫「豊饒の海」より、「天人五衰」 

The Decoy of the Angel  Written by Yukio Mishima.Charles E Tuttle Company Tokyo, Japan.
 
 Kimitake Hiraoka was born in Yotsuya, Tokyo in 1925. 

While he was in Gakushuuin high school, he appeared as Yukio Mishima and published “Hanazakari no mori (Forests in bloom)" .
He was a very talented young man.
One of his novels, "Kamen no kokuhaku (Confessions of Mask)" ,  established him as a leading writer in the Japanese literary world.He remains a subject of intense interest despite committing hara-kiri (ritual suicide)on November 25, 1970. 
The Decoy of the Angel, the fourth and final novel of The Sea of Fertility, was published in 1973.

Spring Snow, Runaway Horses and The Temple of Dawn also consists of this tetralogy.

The time of The Decoy of the Angel takes place in the late 1960’s.  
Shigeaki Honda, the storyteller throughout this tetralogy, the young student of Spring Snow is now 76 years old and wealthy.

He happens to see a sixteen-year-old orphan boy and adopt him.Honda believes that boy (Toru) is the rebirth of Kiyoaki, Isao and Thai Princess. Each character is the leading persona of Spring Snow, Runaway Horses and The Temple of Dawn.  

筒井康隆「家族八景」  

Portraits of 8 families, written by Yasutaka Tsutsui  (1934) Yasutaka Tsutsui was born in Osaka in 1934.  
He majored in literature and graduated from Doushisha University.
Yasutaka wanted to be an actor, but he couldn't. 
He studied psychology in his college days.
 
His first work "Otasuke" was published and admitted by the famous novelist, Ranpo Edogawa.  
Most of his works are comedies, plays and science fiction.
He is recognized as one of the most brilliant novelist of our time.

However, one of his works was accused of using discriminative words against
handicapped people, even though he didn't discriminate them.    
He declared to quit writing for this reason.  

"Portraits of 8 families" , is the first book of his 3 book series.
The others are "Nanase comes again" and "Oedipus's lover". 

Nanase, the title role of this trilogy, she appears as a young and beautiful girl who has extrasensory perception.   
 

She is afraid of being found and examined by scientists.
Nanase works as house maid, and often moves to different families so no one finds out what she can do.
 Nanase visits 8 families and tells what is going on at each house. 

For example, at the first episode she sees a housewife who may have E.S.P. as well but that housewife pretends to be a dull woman and she is ignored by her family. 
 

You can see how stupid people are but you maybe scared if somebody read your mind  like what Nanase can do.


ニックネーム suziestefan at 18:35| Comment(2) | written in English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英文は仕事で書きますが、いつまでたってもアレルギーがあります。
Posted by yablinsky at 2010年01月13日 21:02
yablinsky さん
コメント及びご訪問有難うございました。

仕事でもずっとやってれば身になるもんです。
Posted by わかたかたかこ at 2010年01月14日 16:34