2010年01月18日

小学校のうさぎ

昨日、小学校のウサギ小屋を見に行ってきた。

ちょうど穴掘りに夢中でした。

ブロッコリーが児童の花壇に植えてあった。
落ちていた葉っぱを入れてやったら食べた。

小屋は2つ。
1つは鶏と一緒の小屋に1羽だけ。
もう一つは板で仕切られた空間に2羽づつ。
チョコ、ミルク、プリンなどの名前がつけられている。
鶏はあえなかった。名前は女の子だけど、ジーク。

各曜日の当番児童の名前と「土日は先生が来ます、暇な人も来てください」だって。
うさぎって見ようによっては猫にも似てる。

ちなみにアメリカ人のパーティに招かれた際、ブロッコリーやカリフラワーを生で出されたのには閉口した。
うさぎ食ですなー。まさしく。


以前佐世保100周年記念事業でアルバカーキなどの姉妹都市の人々が来日。
その時、エッセイをC Hさんに書いていただいた。
フランス留学もしておられたので、当時のHテンボス料理長さんの話をすると、会いたいというのでウエイターさんにお願いした。
するとあのカリスマシェフが出てこられてびっくり。
2人でフランス語でお話されていた。

Sasebo Centennial Celebration

C H
Albuquerque Sister Cities


I was delighted to join Mayor Martin J. Chavez and Sister Cities delegates from Albuquerque to help celebrate the centennial of Sasebo City's founding. It was a wonderful opportunity to meet with the citizens of Sasebo and to explore the many beautiful sights and exciting cultural traditions that the city has to offer.
I will not soon forget the 99 islands

boat tour, learning the traditional Japanese tea ceremony, nor the visit to Huis Ten Bosch. The many children, dancers and musicians who participated in the Centennial Ceremony also deserve applause for a wonderful performance. I especially enjoyed the traditional playing of the koto as well as the break dance routine by T & T.


The most memorable part of my experience as a delegate was with my home stay mother, Ryoko Murao-san. Her generous hospitality and friendship will always be cherished- she even taught me how to wear a Japanese kimono! I will always treasure all of my new friendsfrom Sasebo. In particular, I am grateful for the kindness and warm welcome extended by the members of Friendship International, Sasebo.



I would like to extend my sincerest thanks to Mayor Akira Mitsutake, the city councillors, all of those who helped organize and coordinate the centennial events, the members of Friendship International, and all of the wonderful citizens of Sasebo. Their great efforts helped make our experience a memorable one. We are looking forward to a continued friendship between the cities of Sasebo and Albuquerque.

城島選手の自主トレも早いもので22日で終了。
おとといは少年野球教室。
風邪気味なのと事務所に行く用事があったのとで行けなかった。

関西ファンが三瀬投手を見て、「あの人ミヤネ屋に似てる」
似てないって。三瀬さんを知らない、それにミヤネさんって…いかにも関西からのファンですな。

関西ファンの皆さん、ジョーさんは同じ人がサインに2度並びしたら怒りますので、ご注意。
できるだけ多くの人にサインしたいと思っておられるようで。

いつだったか子供が2度並びしたら、子供には優しいジョーさんも「ボク、さっき並んだやろ?」
「お父さんが」
「お父さんに言うて来い!」
…ごめんといえばよいのにその子が口答えしたものですから。

で、翌年。2度並びした子がいたらしく、
「ちょっとこの子のお父さんお母さん誰?何回も!」って。
いやはや、面白いやり取りが見られました。
ちなみに他の選手は言いません。

ぽちたま の再放送で見ました。
この駅は三毛猫の母と子供たち。
2008年夏の時点で6匹。

TVタックルに出てた獣医師さん、ブログの写真みたかんじ、サーファーですか…お医者様にはちょいと見えませんが…


三瀬・愛ちゃん10Jan20 (1).JPG

今日は小雨降る中、城島選手ほかの選手の皆さんサインに応じてくださり、有難うございました。
コテコテの阪神ファンの方が数名。
写真的には面白い、ジョーさんと写ったらものが。
同行の美女揃いのアスリートさんたち、華やかです。


ビーチバレー・銀二郎選手10Jan20.JPG

作家の志茂田景樹さんといえば、以前はテレビ出演で派手な印象だった。

現在は作家活動に戻り、子供たちに自作の絵本(絵も)で読み聞かせもやっておられるという。華やかな服装でウオーキングや食事の支度も。
読み聞かせのために健康管理も大事だということ。

テレビが報道していたときは、高齢の犬と若い犬の交流の物語だった。
2歳以下(0歳児も)の子供とお母さんたちにも読み聞かせの会。
子供たちは内容が分からないので、むしろお母さんたちに必要だという。

以前、三原順の「はみだしっ子」という漫画が大好きだった。
その中に文学や音楽の引用が多かった。
印象的なある王国の話。

望まれずに生まれてきた王の子供。

王は命令する。
「オムツを取り替える、ミルクをやるのは良かろう。
しかし、この子の前で誰も話してはいけない、話しかけてはいけない」と。
その子供は生きていけなかったという。

町田康さんの「猫にかまけて」の中で、町田氏は猫たちに「可愛いな、賢いな」と話しかけるという。
私もそれを真似して出会う猫たちには「可愛いね、賢いね、綺麗だね」と話しかける。
分かってくれているかな?


猫好き芸能人

猫好き芸能人、たくさんおられますね。
ゴージャスな印象の女性や、いかつい俳優などが猫好きなの!?と嬉しくなります。

特に印象的だったのは萩原健一。

主演予定映画の降板騒ぎ、恐喝等で逮捕直前、自宅にて各放送局がインタビュー。
その中で、突然「猫が可哀想。餌と水を取り替えなきゃ。」と発言。 
氏に愛想を尽かしたと思われる当時の奥様がなぜ猫を連れて行かなかったのか、「猫まで置いて行っては可哀想」だったのか、興味がある。
 
共演予定だった秋吉久美子氏と揉めた、という報道もあった。
その後、NHKBSのペット番組に秋吉氏が飼い犬と登場。犬ブログもやっておられる。
猫派、犬派の違いであったか、と納得。 

当時なかにし礼氏が「2人を同時に扱えない度量の無い監督が悪い」と言っておられたのが印象的。 

大河ドラマで犬将軍を演じたこともある萩原氏であるが、若い頃のイメージはむしろ秋吉氏が猫っぽい印象だったが。


TVタックルでペット問題を放送していた

1月18日「どうする!?ペット大国ニッポン!!」
飼い主のマナーやモラルの低下!!ペットに対する知識不足など“ペット大国ニッポン”のお寒い現状を徹底追及!!悪徳業者の手口を元ペット業者が実名告発!!
出演者 福岡政行(白鴎大学) , 猪瀬直樹 , 岡本英子(民主党) , 野村潤一郎(野村獣医科Vセンター) , 成田司(コークア) , 池田潤子(日本愛玩動物協会) , 伊藤裕成、安隨めぐみ(日本レスキュー協会) , 大月麻子(南山城学園) , ほか

獣医師の鈴木さんがえらくテンション高い人で犬に対する愛を語る語る。
犬好きの他のゲストもドン引きしていたくらい。
この番組にこの特集だけに出すには惜しいキャラだった。

日本人にディベートは向かない?

ディベートは社会人向きの英会話のクラスで英米人がテーマを決めてその人の賛否は関係なく、どっちかに分かれてとにかく論じる、その訓練をしましょう、でしたね。

アメリカ人は良く即興でディベートめいたことをします。
それはその場を楽しんでいて、かなり荒れた内容になっても喧嘩ではないのでした。

以前国際交流団体で日本語学習者だったC Pさんにエッセイを依頼しました。
今は帰国して、日本語関係の仕事をしておられるのかな?

日本語検定も1級を受けたが2点足りなかったという。
「その2点はいったい何ですか!」と日本語で会話したのを思い出す。
彼女曰く、日本語検定の試験会場は1,2級は中国韓国人ばかり。
中国人は漢字、韓国人は文法と日本語と共通するので得意だという(これは韓国人学習者に聞いた)。
やはり英語圏の人には漢字が歯が立たないということか。

My Memory of Sasebo C P

I remember my journey from Fukuoka to Sasebo so well. It was springtime, the end of March 1998, and the cherry blossom was in full flower along the way. As I had lived in Japanbefore, everything seemed at once strange but familiar. I had the feeling that
there was so much about the country and
culture, which was still a mystery to me. I hadn’t necessarily anticipated returning to Japan, but having met a graduate from Nagasaki Junior College and been offered a job there, it all seemed to make sense.


Coming back to Japan alone, I had a strong feeling of adventure and liberation mixed

with a certain amount of trepidation.

Now, almost three years later, packing up my belongings to move back to the UK, I feel that Sasebo is like my secondhome in many ways. Living in a different culture, dealing with different values and learning a different language is not easy and can take a lot of patience, but during my three years here that patience has been rewarded by so much genuine friendship and generosity of spirit. Japanese society has felt very stable and safe to me compared to that of other countries. The clearly defined boundaries in social relationships here can sometimes feel restricting, but also contribute to that safety.

On my return to the UK, I plan to continue studying Japanese and would like to try to use it in a work environment. I am grateful to so many people here at FIS for the help and encouragement that they have given me. I no longer feel that Japanese society is a mystery. My hope for the future is that, whilst keeping hold of the values which create a stable base in society, individuals in Japan, be they men or women, can receive the support and encouragement to achieve their own potential and to broaden their horizons as I feel I have had the chance to do.

以前L Rさんにターニングポイントという題材でエッセイを依頼しました。

Could you tell us about a turning point in your life?


Well, what made you coming to Japan; it could be one of your turning points.
Here’s an essay from L R, so please read it!


Turning points

L R

By 1969, I had been teaching musicfor five years; one year in Corcoran, California, and four years in U.S. Department of Defense Dependents Schools [DoDDS]. Three of those years had been in Japanwhile one had been in Goose Bay, Labrador, Newfoundland, Canada.
Prior to that I had worked as a substitute musicteacher at Eau Claire, Wisconsin’s North High School. My mother was a saint who frequently admonished me for being impatient. Ma continually said, “Patience is power.” But where patience was concerned, I was the 97-pound weakling into whose face the beach bullies always kicked sand. I vividly remember teaching a small strings ensemble at North in which one of the members, perhaps a violist was simply unable to make his entrance at the correct time. After repeated stops and starts, I finally shouted, “Please come in when I JUMP overmy music stand and land in your lap”. Of course, I never resorted to such an extreme measure, but he never entered at the right time either.

While many of my students elsewhere, especially at Green Park Elementary School in Tokyo, were much more talented, and rhythmical correct, what teaching musictaught me was that life was simply too short to spend it trying to persuade students who didn’t want to practice, to practice.
While I place a very high regard on sightreading serious repertoire, it quickly become clear that teaching music in a school which required public performances was an untenable proposition if students refused to practice.


So in 1969 when I received an invitation from Northern Illinois University to apply for a graduate assistantship in the Department of Library Science, I jumped at the offer.

I’m a voracious reader. I’ve always loved libraries.
They are one of the only institutions remaining where one can get something for free. And though not always, they are generally quieter than most musicclasses.
Unless of course, the classwas performing John Cage’s “27 Seconds of Silence.”
 
By 1971, I had earned my Masterof Arts in library science and have never regretted taking that path.
 I still love to read good chamber musicbut as an avocation, not my bread-and-butter pursuit. After some twenty-four years as a school librarian for DoDDS, I have no regrets that I changed the course of my professional life from being a music teacher to being a librarian. It was a turning point I’m delighted to have made.

ニックネーム suziestefan at 09:04| Comment(3) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログの背景が変わりましたね。なかなか気に入りました。
Posted by yablinsky at 2010年01月19日 00:27
三日月とニャンコ、可愛いですね。
Posted by kakisakasan at 2010年01月19日 06:54
kakisakasan yablinsky さん
コメント及びご訪問、有難うございます。

えー。自分じゃあまり気に入っていないのですが。
他のものはデザインはいいけど、片方に偏って真ん中寄りにならないのですね。
Posted by わかたかたかこ at 2010年01月19日 15:54