2010年08月22日

花火の音に驚いた犬

花火の音に驚いて、お散歩中の小型犬(犬種に詳しくないので不明。体高の低いタイプ)が粗相(大きいほう)をしていたのを発見。
「あらー。花火の音にびっくりしちゃったねー」
「バイバーイ、気をつけてね〜」と犬に向かって手を振ったら、年長者の飼い主さんが笑ってお礼を言われた。
犬に向かってタメ口だったのに、丁寧に返され恐縮…。

飼い主さん、失礼いたしました(汗)。

そこから少し離れた場所のあるお宅から、やはり花火音に反応して吠える飼い犬の声。
雷の音に驚いて失踪する犬も少なくないと聞く。

そう言えば、昨年の同じ時期に夏祭りに連れて来ていた犬が行方不明になり、タウン誌に迷い犬広告、コンビニに張り紙がされていた。

その犬と飼い主さんは佐世保市内在住の方ではなく、たまたま五島から来た方であった。
あれからその犬は見つかったのだろうか…。


Iki Feline10Aug07 (10).JPG


ニックネーム suziestefan at 15:19| Comment(3) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大きい音が苦手な犬は多いですよね。
昔、実家で飼っていた犬も、雷が苦手でしたね。
Posted by kakisakasan at 2010年08月22日 21:00
若鷹タカ子様、コメント有難うございます。
そうですか、わかりませんか。
検索すると、今、わかりました。
「グリーン・フーズ」というものだそうですが・・・。
違うかなぁ。
Posted by matcha at 2010年08月22日 21:28
kakisakasan様 matcha様、コメント有難うございます。

雷のなった日に脱走する犬よくいるようですよね

「グリーン・フーズ」、う、そうだったかも。
確信がないけど。それならば、タイトルだけでどこがカーペンターズと似ているのか分かるかも…
山岸さん作品は海外を舞台にしたものが横文字タイトル、日本のものが漢字かなまじり題…っていうかいつもそれとは限らないのです。
それと、ギリシャ神話を題材にしたものも多いです。
Posted by 若鷹タカ子 at 2010年08月23日 15:13