2010年12月28日

全日本フィギュア

浅田真央選手、世界選手権出場、良かったです。
村上、浅田選手にほぼ完璧な演技をされた後、美姫さん、凄い!

プレッシャーをエネルギーに変えられる、コメントも大人でしたね。

グリーグ(安藤)対リスト(浅田)の代理戦争!?でもありました。

音楽の解釈、表現と力強さにおいて安藤選手がやや上回った、といったところでしょうか?

ついでにフジ(全日本フィギュア)対TBS(亀田兄弟)…(笑)


選曲がフィギュア選手に与える影響

 
ペアのブラッスール&アイスラー組がエキシビで使用していたのがクラプトンの「Tears in Heaven」
イザベル選手の父上が亡くなられた事もあり、その選曲であった。

ギタリストの印象が強かったので「歌うこともあるんだ」と驚いた。
リレハンメル五輪では3位だったが、そのEXは1,2位のロシアペアよりも観客受けしていた。

ブラッスール組はEXであるが女性の靴を持った状態で男性が女性をブン回し、放り投げるというアクロバチィックな演技(勿論競技ではルール違反の危険な技)を初めて見せたペア。

衣装を男性女性入れ替えたり、エキシビの観客受けは最高。

そのような個性的で明るく楽しいペアなので、彼らが五輪でプロから一時的に復帰したゴルデーワ組、ミシュクテノク組と同じようなクラシック曲でフリーを滑ったのは誤算であった。

バレエの伝統、練習量が違うロシア勢と同じ土俵で滑っても勝ち目があるわけが無い。

ゴルデーワ&グリンコフはフリーは「月光」、ミシュクテノク&ドミトリエフはラフマニノフ。

ナタリア・ミシュクテノクはドミトリエフの片足にしがみついて頭部を男性のスケート靴方向に逆立ちのような状態、女性の片足が男性の肩上に来る、そのようなペアスピンを初めて演じたペア。

M&D組が観客受けが上だったが、五十嵐氏曰く「氷の削り滓も飛ばず音もしない」G&G組の勝利。

M&D組のタマラ・モスクビーナコーチが「司祭が好きな人もいれば司祭の娘が好きな人もいる」だったかロシアのことわざを引き合いに出して当時の審判の判定をやんわりと批判していたのが印象的。

彼女の教え子たちの採点には観客がブーイングしていたこともあってのことだろう。

「ラストエンペラー」は中国の陳露選手が世界選手権初優勝したフリー曲。
トーラー・クランストンの振付と共に素晴らしいプログラム。
その翌年、M・クワン選手に当時の採点基準で「6.0」が2選手も出るという高水準の対決で「サロメ」で滑ったクワンがラフマニノフで滑走した陳選手に勝利。

トリノ五輪当時は「戦メリ」は安藤選手に大人すぎる選曲だったが、現在の美姫さんならば表現できるかと。

織田、安藤選手の今季のフリーはグリーグのピアノ協奏曲。
知らない作曲家であったが、曲は聞いたことあったし威勢良くジャンプを飛ぶためにはいい選曲だと思う。

今季、仏のアモディオ選手がMJメドレーでフリー、名匠モロゾフ氏は新しい表現者を得て振付も新境地、という印象。

フィギュアスケートの競技用音楽の編集って選手が自らやるのか,それ専門の人がいるのか知らないのですが選手がやること考えたら大変な手間。
ご存知の方いたら教えて下さいね。

コーチや振付師(この2つは兼用のこともある)との相談もあるし特にジャンプが「この派手な特徴ある音の時に飛ぶ」、そういうのを巧くやっているのが今季の村上佳菜子選手のSPです。


湊かなえ「告白」を読みかかったけど、猫好きにとって耐えられない描写があったので途中で止めました。

面白い、引き込まれる文体ではあるのだけど…


映画の中の猫

昔見た映画のパンフを引っ張り出して見ていたら。

ビレ・アウグスト監督の「ペレ」とベネックス監督の「ベティ・ブルー」に猫ちゃんが。

「ペレ」では主人公のペレ少年が雇われている農園で牛のミルクをこっそり子猫にあげようとして少年管理人に見つかる、その場を許しては貰えたかと思ったが、結局苛めにあう。


「ベテイブルー」ではかなり重要な場面で白い猫が登場。

好きな映画なのに忘れていた。
見た当時は猫に興味が無かったから。

ペレ少年の場合、長い映画なのでさほど重要な場面ではないが、親子(父親役は名優・マックス・フォン・シドー)揃って移民してきて慣れない土地で苦労しているのに更に弱い存在である野良の子猫に…ペレの優しさが垣間見える場面である。


GingerRed10Dec20.JPG

GingerGreen10Dec20 (6).JPG

ニックネーム suziestefan at 22:29| Comment(3) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

猫とスミスの対比が可愛いですね。
「告白」わたしも読みました。確かに猫好きにとっては辛い描写かも知れませんね。ミステリーとしては面白かったですけどね。
ウチも猫飼ってます!
Posted by カナ at 2010年12月30日 06:41
今日 届きました^0^/ 持ってなかったので 超嬉しい^−^ ありがとうm(_ _)m
Posted by ronmama at 2010年12月30日 16:00
カナ さまronmamaさまコメント、有難うございます


>猫とスミスの対比が

やらせ写真をほめて頂き、感謝です
>猫好きにとっては辛い描写かも

有吉佐和子「華岡青洲の妻」はもっと気の毒な猫ちゃんがたくさん…麻酔薬開発という大義名分とはいえ。
>猫飼ってます!

おお!我が家では飼えませんが

>持ってなかったので 

100円ですよ(汗)
Posted by 若鷹 at 2010年12月31日 16:45