2011年03月31日

芥川の三毛猫

日本ブログ村でランク外になりました…英語の替え歌とか、趣味に走り過ぎただろうか…(笑)

そんな中、ご訪問くださる方、有難うございます。

講談社の野間佐和子社長が亡くなられた。
ご冥福をお祈りいたします。
数年前我が町に書店が開店した際、野間氏から花輪が届いていた。
書店が潰れる中、地方に書店ができるなど珍しいとエールを送って下さったのであろう。


被災地に住む小型犬が飼い主の高齢女性を救ったという。

津波が押し寄せてきた時、逃げる際にいつもの散歩道と違う方向へ走りだしたそうだ。

女性が早く歩けないので、先を行く犬が振り返って見ていたと。


阪神大震災の際も犬達が一斉に山の方へ走りだしたことがあったそうだ。

第6感だろうか?

「お富の貞操」芥川龍之介

高校2年の時、現国担当のK,古文漢文担当のY教諭という最高の組み合わせに恵まれた。

彼らの熱意ある指導の元、我がクラスは国語の平均点を常に80点を越え、10クラス中常に1位。
私にとっても得意科目ではなくなっていた。


ニックネーム suziestefan at 15:13| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Y先生とは、『美声で「ずむずまし、るらるすさすしむまほし」を暗唱させた』
例の名物先生のことですね??
優秀な先生のもとだと、ブンガク力もちゃんと育つのか…。
今回、記事中の作品にコメントできる素地を
私は持ち合わせておらず、ごめんニャさい!

そう言われてみれば、ブログ村の「今日もぽちっと」が消えています。
どうぞ、よろしければ復活なさって下さい〜。
(ランク外の原因の陰の張本人は私だったのかか!?
そうでしたならば海より深く深謝〜。)

動物の本能はあなどれないものがありそうです。
サリーもあの地震の時、様子がヘンでした。

「仔猫でしょうか?」も拝読しました。
『いいえ、ニャンでも』のクールな突き離し方がニャンともいいですねえ。


Posted by Britomart at 2011年04月01日 02:11
>「今日もぽちっと」が消えています

ご指摘有難うございます!

例の名物先生のことです
優秀な先生のもとですが、ブンガク力も育ってません(汗)
クールな突き離し方が、ってそのように取っていただいて嬉しいですうー
Posted by 若鷹 at 2011年04月02日 16:21