2011年04月22日

有線放送の洋楽

夜9時50分頃のスーパー。

有線放送で洋楽がかかっている。

ほぼ同じ時刻に私と嗜好の似た人がリクエストしている。


ある日はD・マクリーン「American Pie」

別の日はブラーの「Boys & Girls」

翌日はホール&オーツの「Wait for Me」、続けてThe Jamの「Town Called Marice」


買い物籠に入れる物はもう無いのに、フルコーラス聞きたくて店内をうろつく。

サビ部分を口ずさみ、レジ係や前後に並ぶ客に訝しく思われながら。

ミランダの猫

米人気ドラマのSATCの非公式ガイドを所持している。

N・Yのキャリアウーマン4人の華麗で過激な生活。

実際の作者のキャンデアス・ブッシュネル(主人公のコラムニスト・キャリー?)のエッセイとは違う。

放送されたドラマのキャスト、粗筋、ファッションなどを1話ずつ紹介。


原文は単語も難しく辞書を引いても載っていないものも多い。

シーズン2の「Four Women and A Funeral」

弁護士のミランダは猫を飼っている。

新しいアパートを購入、以前の住居者は独身女性で孤独死していたらしい。


以下、猫関連の文引用。


「When they found the body her cat had eaten half her face.

Disturbed by this story, Miranda begins having panic attacks.

She goes to bed hungry and doesn’t let the cat out of the kitchen for two days.

‘she realized that she wouldn’t die alone, but she kept overfeeding her cat just in case’


彼女の死体を発見した時、飼い猫が顔の半分を食べてしまっていた。

この話に囚われて、ミランダはパニックの襲撃に遭い始めた。

空腹でベッドへ行き猫を2日間キッチンから出さない。

「彼女は一人で死なないことに気がついたが、その時に備えて猫に過度に食事を与え続けている」


阿部定事件に似ている日本人男性の孤独死(こちらは実話)とは違って、ドラマの中の女性は顔を猫に食べられていた、とは…。


ちなみに赤い口紅が印象的な女性刑事のドラマでも、ヒロインは猫を飼っていた。




ニックネーム suziestefan at 14:30| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
猫は人間を食べる…。ひょっとして猫は飼い主が亡くなるのを待っている…キャー!ット。
ノラ(ジョーンズではない)に支援の手を、と考えている人は多いのですねきっと。ノラはたくましく生きているのだろうか。車にひかれてしまった猫ちゃんは可愛そう。でも自然死の死体は見たこと無いかな?
こんな不思議なページをブロ友さんの記事から見つけました。

http://www.burari-konan.jp/konyan/cat_list.php

有線放送は80sとかでも分かれているのでしょうか?(*^^)v
Posted by クリボー at 2011年04月25日 14:38
コメント及び情報 有難うございます。

>ひょっとして猫は飼い主が亡くなるのを待ってい

コワーい。阿部定ねこおじさんは妙な性癖があったそうです。

有線放送は80sとかでも分かれているのなら嬉しいけども




Posted by 若鷹 at 2011年04月25日 15:10