2011年09月22日

ネコナデ

CSのアニマルプラネットで無料放送していたので、つい猫番組ばかり録画しまくった。通常、有線だと視聴できても録画はできない。別料金を払えば録画できるということか。
録画したのは「ネコナデ」12話一挙放送。「にゃんこの城」英語版の「ねこまにあ」

録画できるDVDが無いのでHard Discが重くなり、泣く泣く不要な番組を篩いにかける。
「ネコナデ」は第1話と2匹目の猫が登場する回のみ残す。
同じ永森裕二脚本の「ねこタクシー」は昨年放送、映画公開で「ネコナデ」は2008年放送、映画公開。見る順番が逆になった。
TV版は峰岸徹と山下容莉枝以外は、名前も顔が一致しない役者ばかり。達者な役者だが主演の小木茂光は今回、初めて名前を知った。おそらく連ドラの主演は初めてではなかったか。
映画版は大杉漣主演だが、見る必要がないと思わせる程、小木茂光や他の役者達が素晴らしかった。
「ねこタクシー」と共通する部分、それは主演俳優の繊細な演技。
ねこタクではスポットが当たらなかった獣医とペットショップ店員の2人もいい。
高橋直純は主題歌(後発のねこタクの主題歌は女性シンガーだが、曲調が良く似ている)を作詞作曲歌唱と、多才振りをみせる。
新人研修にウィークリーマンションを2週間も提供するような一流会社の人事部長・鬼塚を取り巻く社員たち、特に直属の部下の金井と新人・山田のOL役2人も好演。

女性陣は何だかんだいって、鬼塚の冷徹さに萌えていないか? 沈着冷静、鉄面皮。しかし金井は適度な距離を置きながらも絶妙なサポート。
ある意味、妻よりも鬼塚の事を良く理解している。彼女の存在が最終話の展開の伏線になっている。

子猫のトラはスコティッシュフォールドで、可愛らしいのだがこちらは「ねこタクシー」のみーすけ(希少価値のある雄の三毛猫という時点で抜群の存在感)のほうが名演だったかも。
山下容莉枝演じる妻の出番が少なすぎるが、達者な女優なので家庭の描写の比重を増やすと、前述の金井役のちすん(妙な芸名だ)の存在感が薄れたかも。
妻と子供達はとてもいい雰囲気なので、「最初から家で飼ってもこの家族なら歓迎しただろうに」と思うが、それではこの物語が成立しなかっただろう。
少年時代のフラッシュバックはやや理解不能。


 

 




 


ニックネーム suziestefan at 15:08| Comment(2) | 猫番組、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たくさんコメントを頂き有難うございます。
お礼にという訳じゃないですが、猫様の面白い写真を発見しました。
猫様もテレビを見るんですね(へへ)

http://blog.goo.ne.jp/gawootarou832/e/8c97785fdd120f873a4ab4495ff2f8a5
Posted by 研究主任 at 2011年09月23日 07:59
アリガトウゴザィマス。。。しかも、Sホールド!
Posted by 若鷹 at 2011年09月23日 18:30