2011年12月05日

ボクが猫に嫌われる理由

BS日テレで「ボクが猫に嫌われる理由」という番組がある。
ドランクドラゴンの鈴木さんが猫を好きだし飼ってもいるのに猫に嫌われる、それを克服しようという内容。
私が見た放送では既に2回目になっていた。
有名な猫ブログの猫や猫カフェに訪問して、猫への接し方や生態を学ぼうといった企画のようだ。鈴木さんの相方の塚地さんとハンサムな獣医師さんが鈴木さんと猫たちのVTRを見て感想を述べている。
正直、この番組を見るまで「この人が塚地さんの相方だったか」という位、鈴木さんの印象は薄かった。
塚地さんは山下清役など、役者としても活躍しておられるので。
番組HPによると、塚地さんは猫を飼っていないにも拘らず友人(鈴木さん?)の猫に好かれるという。鈴木さんは外見や話し方などを見ても、成る程猫に敬遠されそうな印象。まあ番組のためにあえて、なのかもしれない。20年も猫を飼っておられるそうだから。
番組タイトルがいい。動物番組やアニマルプラネットの中にある猫番組でもこういう題の番組はない。
3回の放送で終了したが、2012年2月22日、DVD発売だとか。

大佛次郎「牢獄の猫」より 「ふと、昨日、読んだ本に昔の江戸の牢屋で、女牢の牢名主、それこそ鬼神のお松と言ったように知られたものが、自分の猫を飼う勢力やら特権が許されていたと知って、ひとりで楽しく微笑したのを思い出した。私も家につながれて猫とともに牢屋暮らしを営む。」
 大佛「困ったこと」より 「『いいですよ、御主人』と、猫が私に言った。『この鮭は闇の鮭で、違法なんです』 なんでしたら、御主人の分も一枚、持ってまいりましょうか、とはさすがに言わなかった。」…鮭盗人ならぬ猫に作家の隣人は気がついたのだろうか、想像するだに可笑しい。大佛次郎「困ったこと」より 「私が庭に立って敵機を見ていると、内の猫が見事な鮭の切り身をくわえて来て、」「むろん、配給外のルートだから、」「私が猫の口から鮭を取り上げて返しに行ったら、お隣の食事の秘密に触れることになる。見て見ぬふりをして、猫にもうけさせた。」

 
きじと黒白11Nov27.JPG

タキシード猫11Nov27(5).JPG


ニックネーム suziestefan at 16:03| Comment(2) | 猫番組、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダイエーホークス時代の工藤さんの感動の話です。
ちょっとうるうると来ました。
御存じだったら恐縮です。
http://office-koga.com/2011/12/13/kudo/
Posted by 研究主任 at 2011年12月22日 07:22
info 有難う ゴザィマス。。。ジョーのサィンに首振らず、リードの何たるか、教えた、なら存じてマス
Posted by スージーリリー at 2011年12月23日 16:18