2011年03月08日

茶トラ失踪

福岡のお店「猫瓶」


2月23日、福岡TNCの5時台の番組で博多、千代のお店を紹介していた。


2500円で宿泊できる、ユースホステル的に部屋をシェアできるホテルも登場。


少し高めでシングルも利用できるが、それとて4000円を切る料金。


猫瓶さんを久々に見た。


このお店は2回訪問した。


福岡のアナウンサーである上野敏子、川上氏のサインも飾ってある。


マスターもお元気そうで何より。


いづれ、店舗の2階を猫の資料館にしたい、と言っておられる。


意外だったのが司会者のコンバット満が猫のことを良く知っていたこと。


招き猫の右左手の意味も分かっていた。


お店に飾ってある猫グッズに感心していたし。


猫好きなのかな?


レポートした男性曰くマスターが素っ気無い?様子だったので「気を許さない、猫なんですよ」と言ったらコンバットも納得していたし。


忠臣蔵がお好きなので、その話題を振ればマスターも乗ってきますよ。



茶白とタイヤ11Feb18.JPG

 
久々に某猫スポットにいった。


いつもの茶トラが来ない。

私を見るや、駆けてきてくれるのに。


猫屋敷の老婦人に聞いたら、1ヶ月も姿を見ないという。

「発情期だったし、雄だからもう戻らないでしょう、懐いていたけどね」


This is how the cats are, especially, boys.

そういうものだろうけど。


他のきょうだいたちは愛想が無くて、中々そばに来てくれない。

そんな中、チャーちゃんだけが膝の上に乗って顔を近づけ、鼻にキスまでしてくれた。


道理で、今までそのお宅の敷地内深くに入り込んで表に姿を見せなかったベージュ猫が堂々としていた。

茶トラはボス猫だったのか。

誰かがいなくなれば、他の子が台頭してくる。

それが猫。


チャー、どこへ行ったの?

来てもチャーがいないなら、「違う、もっと濃い色だ」って思うでしょ、他の子を見ても。

だから、多分行かない…。


ニックネーム suziestefan at 22:31| Comment(2) | 猫写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

222猫の日

222猫の日!

Eヘアー(Wikiの英文)を調べたら、日本語版がウィキに無かったので和訳してみた。

長いので全部は無理〜スコ座りは「仏陀の構えbuddha position」ですって!

原文

The Exotic Shorthair is a breed of cat developed to be a shorthaired version of the Persian.

They appeal to people who like the personality of a Persian but do not want the hassle of grooming a long-haired cat. The easier to manage coat has made some label the Exotic Shorthair the lazy person’s Persian.

The Exotic Shorthair is similar to the Persian in many ways, including temperament and conformation, with the exception of the short dense coat.

It has even inherited much of the Persian's health problems.」

以下、拙訳

エキゾチックショートヘアーはペルシャ種の短毛版として発展された猫種である。

長毛猫のグルーミングは面倒がってもペルシャの性質を好む人に受け入れられる。

Eショートヘアーを商標するとしたら、毛を処理するのがより簡単なので怠惰な人のためのペルシャ猫ということになる。

Eショートヘアーはペルシャに多くの点で似ているがそれは気性の激しさと形態を含み、短くて密集した被毛という例外がある。

ペルシャの健康面での問題点も受け継いでいる。


He really adores Mao Asada!

米国のFスケート選手Armin Mahbanoozadeh選手が浅田選手の大ファンでラフマニノフ「鍵」など彼女が演じた曲をピアノ演奏してyoutubeにアップ。

選手層が厚い米国では6位。彼の最高スコアは女子で4人、200点を超えた中の1人である浅田選手とあまり変わらない得点。

年齢は同じ位だが、正直格下感は否めない…外国人が苦手?らしいから、真央選手。

でも彼女が演じた曲を演奏することで、真央ちゃんを理解しようと努める熱意は認めてあげて欲しい…。

弾くのも難易度が高い曲のようですし。



ストイックな和田投手


野球はオープン戦。

お金にモノを言わせて補強しまくった鷹ですが、正直別のチームみたい…。


広島のドラフト指名下位の新人がブログで暴言を吐いて?球団から厳重注意を受けたとか。

ドラ1の福井投手、早稲田卒の投手3人の1人。

済美高校時代を覚えている、いい投手であるが。

トレーナーさんが選手達を順番でケアする際、先輩を差し置いて自分の都合で先にしてくれ、とか言ったそうだ。

モンスター振りを発揮しているようだが、投球は沢村賞獲得の前田投手も驚くスライダーのキレ、らしい。


球団雇用のトレーナーは何人もいない、選手は順番待ちである。

年俸が高い選手達は個人で雇用している。

ホークスで言えば和田、川崎選手などがそう。


和田投手が城島捕手に弟子入りして佐世保市で自主トレした際、親友で個人トレーナーの土橋君も来ておられた。

大学時代から、「俺の人生和田に捧ぐ」といった様子での二人三脚。

和田投手は彼の為にも、一流でい続けなくてはならない。

ハンカチ王子は「仲間がいる」と言ったが、そこまでの存在はいないだろう、おそらく。




Award-winner

The Guitarist of Bz and other Japanese Jazz musician won the Grammy award this year.


Good for them, but I doubt if there was some similar political reason when the movie Million Dollar Baby” won Oscar.


Indonesia had started to be prosperous at that time, so America wanted to have some economical effects or others.


I know that it was a good movie deserved to be won, but if there were other good candidate, the judge would give advantage the one which had some factor giving you profit.


It is like Mariko Asabuki, the rich family’s daughter of the scholar and a relative of French translator and Kenta Nishimura, the guy who just worked as temporary staff at construction company, they won Akutagawa Literary Award this year. 


Both their works and personalities show you big comparison, the one is a young, beautiful and middle-class born woman and the other is middle-aged, working-class and rough man.


It attracts not only the one who reads books well but also the one who doesn’t.


He  stretches!







タグ:猫の日
ニックネーム suziestefan at 22:25| Comment(2) | 猫写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

ロッシーニの猫

クラシック音楽に全く疎い私。


無謀にも、福岡の猫カフェクラシック様のHP上にある猫スタッフ紹介文英訳に勝手にトライ。


別に依頼されたわけではない、趣味でやっている。


猫たちは各々クラシック音楽をテーマ曲として記述されている。


「泥棒かささぎ」を調べていたら、ロッシーニの別の楽曲で「2匹の猫の滑稽な二重唱」なる題が。


ロッシーニは猫好きだったのか?


例によって喰いつく先がそこですか、の私。


他に「タンクレディー序曲」という題も。


タンクレディーというと、ヴィスコンティの映画「山猫」でA・ドロンが演じた役名である。


同じく福岡の「猫カフェキューリグ」でタンクレディーという名の猫がいた。


店員さんに映画の話をしたらご存じなかったので、「20代の若い男性客が名付けた」ということであった。


年配の方が映画にちなんで…と思ったのだが。


その若い男性は、音楽の勉強をしている人かもしれないな、とロッシーニの楽曲情報を得て、思った次第。


Odd Eyeの白猫がいる場所へ久々に行った


以前は無かった首輪がつけられている。

頭部に怪我があるが、元気そうにはしている。

いつもそこに来ているらしき男性に聞くと、喧嘩で出来た傷だった。


毛並みが美しい黒猫もいる。

2匹とも首輪をつけてもらっている。仲良しの印のように。



黒白三毛タイヤ11Feb14.JPG


女子高生もいつも来ているらしく、2匹は懐いていた。

県外の猫カフェの話をするとその一つが志望校のある場所であった。


白猫は片方が金目。

幸運の持ち主の眼が合格に導いてくれるかもしれない。


かくいう私も、その数日前に落した物を拾ってくれた方がいて、無事手元に戻った。

金目の猫が親切な方を探してくれたのだろうか。

見知らぬ、猫好きの方々との楽しいひと時と共に…。


昼ドラマの猫

昼のドラマ「さくら心中」を見ていたら。

この東海テレビドラマは非常にベタな内容であるが、この時間枠からブレークした俳優さんは多い。

思いがけず猫が登場。

生き別れた実の父娘が偶然お互いの存在を知らず会う、という設定。

同じ野良の仔猫を世話していて「猫好き?」「どちらかというと犬よりも猫だな」と。

父は心中の生き残りで記憶喪失、娘は複雑な家庭で父が誰かも分からない。

それで野良猫に共感する…ということらしい。

白に薄く茶?の混じり毛の仔猫だった。

タレント猫なのかな?


They are SOOOO good friends!

They love each other, well, his tail wrap around a Snow-white with odd eyes?
 
久々に滋賀県 猫まるけ様ブログ見たら「猫カフェはビジネスとして成立するか?」ですって、さすが。

記事写真ともに素晴らしい、町田のねこのみせ様と双璧。
http://ameblo.jp/nekocafenekomaruke/


「NHKためしてガッテン 」にミルクティーという名のアメショ?猫が登場

犬も出ており、放送内容は肩こりについて。

猫にあって犬に無いもの。

それは鎖骨。


広いスタジオにコタツに座った人間や飛び越える柵?やら障害物を置いて猫、犬を走らせる。

犬は途中まで快調に走るが、タワー状のセットを巧く登ることができない。

猫は両腕でタワーをつかんでスイスイと登る。

これは鎖骨の有無による違いである。


諸説あるが、草原に早く出た動物たち…犬、キリン、馬など。

速く、長く走るためには、鎖骨がないほうが、走るのにジャマにならず都合が良いからではないか、と。

森で生活していた動物たち…熊、リスなど。

木に登る。高い所のものを採る。腕を自在に使うことで、生活してきたから?



詳細は番組HPをご覧になってね。


肩こりの説明に鎖骨の話、そして犬猫を登場させるとはNHK、やるね。

多分タレント猫か猫カフェから借りてきた猫だと思う。

「猫 ミルクティー」で検索したけど出てこない。


山瀬まみは「志村どうぶつ園」にも出ているし、いいニャー。


鎖骨は英語でcollarbone、コラボですか。

なるほど。

Smith菜の花11Feb18.JPG



ニックネーム suziestefan at 22:27| Comment(4) | 猫写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする