2011年11月04日

猫CafeKeurig今泉店

福岡の猫Cafe ClassicとKeurig今泉店を日帰りで訪問した。本当は長崎市の猫カフェに行きたかったのだが、Classic様が10月中に閉店というので。

本当は猫Cafe Classicにとても近いKeurig大名店も訪問したかったのだが、1日で3軒の猫カフェは無理がある。
6月に今泉店を訪問した際はSメディアを忘れ、コンデジ本体のピクセルは小さく、写真容量はわずかに29枚で満足な撮影ができなかった。

ランチ時間帯に今泉の猫カフェKeurigへ。 晴天に恵まれ、外の景色をバックに猫の撮影には最高。6月に訪問した際は黒白猫が(その1年前も)レジ台でずっと寝ていた。その特等席?を生後6ヶ月程の茶トラが占領していた。
他にも同月齢程の茶トラが数匹。この子らは6月に見た、元気な子猫達のその後であろう。ハローウィンが近いからか、店内はオレンジや黒の飾りが。 とても美しいグレー白の子、個性的なマスクのパステル三毛、キジ柄の一見雑種ではなくて血統書つきの猫に見える(お店の方に猫種を聞きそびれた)美しい子もいた。フロアに出ている猫は15匹くらい。

注文したパスタセットがサーブされる。パンとサラダがついて1時間約1280円。他の猫カフェと比較してもお得感がある。
もっと安い料金のメニューもあるが、肉類が苦手なのでいつもパスタを注文。

猫が味付けの濃い人間の食事を食べるのは良くないので急いで食す…が、欲しがる子も特にいなかった。
岩合光昭氏の写真集の洋書が置いてあった。

キューリグでは入店前にあらかじめメニューを店頭かお店HPで確認、注文の品を決めておく事をお薦めする。
特にパスタ類は麺、ソースと2重に加熱してあるので、食べるのにも時間がかかる。
サーブされるまでに猫と遊び、写真撮影を済ませておく。
でないと、1時間はあっという間。キューリグのように飲食メニューの水準が高いと、猫と触れ合う時間と両立させるのは難しい。
どうせ延長料金を払うのなら、大名店の猫達にも会いたくなるし…。


Keurig今泉きんかん11Oct26.JPG

Keurigのパスタ11Oct26.JPG

岩合写真集とキジ白11Oct26.JPG

Keurig今泉レジ3猫11Oct26.JPG

Keurig今泉レジ棚猫11Oct26.JPG






ニックネーム suziestefan at 15:22| Comment(4) | 猫カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

大名猫Cafe Classic

キューリグ大名店を今回初めて地図無しで発見。雨天や夜間は見つけ難いかと思う。時間が無いので訪問しなかったが、
ガラス窓越しに猫達を見る事ができた。
猫Cafe クラシックがすぐ近くにある。やはり閉店が近いのだと路地に入る手前の看板を置いていなかったことで思い知る。
3回目で最後の訪問。店長と6月に見た可愛らしい女性スタッフは不在で、これまた美人のスタッフが出迎えてくれた。お2人に会えなくて残念だが、彼女と1人で来ておられた若い男性客(お話の内容から、獣医学部の学生さんかも?)と猫や動物談義で盛り上がる。途中から入店した一眼レフを持った男性のただならぬ雰囲気に圧倒される。カメラは下に置いておられたし、猫撮影には相当手練れの方、とみた。
リンゴジュースを注文。猫は通常いないビビ様が特別に勤務、合計7匹。ロビンは鍋の中、他の子もお気に入りの場所に陣取っている。Classic音楽が流れる中、静かに時が流れてゆく。すぐ近くに別の猫Cafeがあるという大名は、動物にも若い経営者にも寛容な土地柄だと思っていたのだが、Classicが閉店とは本当に残念。経営難、という理由ではないだけに。

大好きな作家、保坂和志氏の「猫の散歩道」へのオマージュも兼ねて、猫カフェクラシックへの愛惜の念を。

大名の散歩道

ただ黙ってそこにある。路地へ辿り着く前に大きな瞳の、毛の長い猫の看板が導く。砂利を踏みしめ、古めかしい外装の居酒屋と自転車。2階建ての小さなビルの階段を昇る。
ドアを開けると二重扉の向こうでクラシック音楽と穏やかな空間、毛並みの良い美しい猫たちが出迎えてくれる。
マンチカン、スコティッシュフォールド、エキゾティックショートヘア、メインクーン、ヒマラヤン。5種7匹のねこ達。
ロッシーニ、ストラヴィンスキー、ガーシュイン、パッヘルベル、ドヴォルザーク、ベートーヴェンにハチャトゥリアン。
ねこ達が奏でる協奏曲、変奏曲に巨匠たちは新たな旋律を加えるだろうか。
タクトを振ってお気に入りの棚の上から睥睨する猫の指揮者は実に颯爽としている。
この小世界を築いた猫らと3人の若者に感服する。


フォルテ11Oct26 (2).JPG

タクト11Oct26 (3).JPG

ハープ11Oct26 (1).JPG

カノン11Oct26 (3).JPG

マエストロ11Oct26.JPG

猫CafeClassic11Oct26.JPG


続きを読む
ニックネーム suziestefan at 22:20| Comment(2) | 猫カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

猫カフェの移転閉店

野生動物を数10頭飼っていた男性が自殺、動物達も射殺
私が見たテレビ報道では男性はただ「死んだ」、と。動物達も警察に射殺された、とだけ。これが米国人友人に聞いたら自殺、自ら動物も何匹か殺した、と。日米報道の違いは一体。。。
東北の被災者に対する配慮かもしれないが。米国では州によって法律が違うが、友人曰く野生動物を飼うのにズーキーパーなどの資格も不要って、そっちももっと驚いた。

テナントの契約更新に伴い、経営者様も進退を考える猫カフェもあるようだ。
佐賀市の猫カフェ『Arrows』さんが2周年を迎え、移転することになったとか。現在、移転に向けて準備中でブログも店名も一新。猫カフェコロンという名前に。
全国に120はあるという猫カフェあるいは猫のいる喫茶店、新規開店の経営者様も店名が他とカブらないように知恵を絞っておられることだろう。
2年前は同じビル内の2階に既に数年営業しておられた犬カフェ様に飲食メニューを依頼、食事は2階犬カフェで、ドリンク類は1階の猫カフェで頂く…経営は勿論別だろうが、いわば仮住まい?のような形態であったと認識している。移転といっても住所を見る限り犬カフェと近い場所のようだ。アローズもといコロン様としては発展的移転ということで、喜ばしい。

ショックだったのは福岡市猫カフェクラシック様が閉店することに。

行った事のない東京の猫カフェの閉店した後のブログまで覗いたことがある。

クラシック様ブログによると、経営難とかそういった理由ではなさそうで、一番心配される「お店の猫達の行き先は?」という点、これも元々店長様が飼っておられた猫様達ということで、安心した。


Cat Cafe Classic would close the management in Daimyo, Fukuoka city within October.
Cat Cafe Classic, the popular Neko (Cat) Cafe in Fukuoka, they would close the management in Daimyo area on Oct., 30th in 2011.

According to their Official Web Site, they actually stop their business of Cat Cafe.
Mr. Hara, the manager of Classic, he says the reason why he would finish the management of Café is; it is difficult to maintain the idealistic way of management.
Well, you can have your dream, but the reality could be different, you know.So, what is his idealistic thought?

There are three of his ideas;
1. You should never force your cats to stay and work in your cat café as possible. You should never give them stress.

2. Let our customers understand and enlighten how cats are and grow up the affectionate feeling of animal to touch and treat our cats.

3. The priority should be treating our cats properly, not saving the profit of your business.

ハープとフォルテ11Oct26.JPG

ハープとロビン11Oct26.JPG続きを読む
ニックネーム suziestefan at 22:25| Comment(0) | 猫カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする