2010年07月20日

猫カフェClassicイベント情報

猫カフェClassicさんが、「ネコと一緒に映画を観よう」を開催予定だそうです・

猫関連映画を少し列挙してみます。

犬題材ですが「My Life As A Dog」、名作です。
「宇宙船と共に打ち上げられたライカ犬に比べたら、自分は幸せ」と言うけなげな少年…

「ハチ公物語」の監督さんと作家の川上未映子さんにボロクソ言われたハリウッド版の「ハチ」、Rギア主演。
ラッセ・ハルストロム監督はスウェーデン時代はあんなにいい作品創っていたのに、ハリウッド招聘されると堕落するという悪例ですな。

猫題材では「ねこタクシー」
「ネコナデ」
「グーグーだって猫である」とか。

「ハリーとトント」、これは猫とおっさんのロードムービーです。
見た気がするが、その当時猫に興味無くて覚えが無い…昔の自分に対して不覚!
「長靴を履いた猫」、クリストファー・ウオーケン様!って、取り柄はそれだけですな。
「スチュワートリトル」これは猫が悪者なのが気に入らん。

「猫と庄造と二人のをんな」、これは森繁久弥さんに敬意、弔意を表して…映画未見。
谷崎の原作は傑作です!

佐賀市の猫カフェアローズさんに有名昆虫カメラマン・栗林慧氏が訪問

わが町・佐世保市でも栗林氏の講演会があったことも…それも2
,3回。
都合で行けませんでした。

アローズの猫ママさんはカマキリがお好きなのだとか。
それも受けますが…肉食系!?(笑)

ハート形の模様で人気を集めている「Arrows猫カフェ」のチャコちゃん、
なんと九州ローカル局(KBC「アサデス」)のテレビ新聞どころか、全国ネットの情報番組にて「全国デビュー」を果たしたそうです。

で、KBC「アサデス」といえば、有線放送で長崎県民の私も見る事ができる(この番組は長崎局と福岡局では放送内容、時間が少し違う)。

それなのに…私ときたら。
放送されたのが火曜日だったそうな。
月曜日ならば、鷹ファンでもあるおすぎさんがレギュラーで出演、私も気をつけて見ることが多い。

それがワールドカップ、という普段興味が持てないサッカーの試合を見てしまったがために…訪問した事のある、佐賀の猫カフェさん関連番組を見逃すとは!
不覚。

時流に乗って「オフサイドって分からん」私が詳しくもないサッカーなんぞ見るから〜。
アローズさん、申し訳ない!

古民家を改造したカフェなるものが静かなブームのようであるが。

私の知る、猫スポット近くにもそのような店がある。
残念な事に、水を入れたペットボトルが置いてある。

猫除けのつもりなのか?
というわけで、私はその近辺の猫たちとも仲良しなので、猫除けPボトルなんぞ置いたお店はたとえ古民家を改造した素敵な外装、内装のお店であっても行ってあげニャーい!

鳥居のある小さな島

佐世保の九十九島の中に鳥居がある島がある。

私がいつも見に行くのは2つ、もしかして鳥居がある島は他にもあるのかもしれないが。

そのうち1つは短い桟橋?があるので、渡って行く事もできる。

恵比寿神社といい、神社の形態を成している。

その少し離れた所にある鳥居だけがある島…こちらは足で渡る事はできない。
ある日のこと、潮が干いていた為にいつもは見えない処まで見えていた。

「あれ?渡っていけそうじゃん?」

どうやら、恵比寿神社のある島を伝って人間の足でも渡っていけそうに見えた。
こわごわといつもは通れそうにない恵比寿神社のある島の側面を渡る。
移動する小さな蟹。

普段は満ち潮である箇所も濡れた状態ではあるが、貝殻がたくさん見える。
いつもは写真を近くで撮れない場所まで移動。

鳥居だけの島までは…後で満ちてきたらと思うと怖くて渡れなかったが、今までで一番接近できた。


ニックネーム suziestefan at 15:33| Comment(2) | 猫カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

猫カフェKeurig大名(昼の部)

6月28日(月)。この日も雨。宿泊ホテルにて朝食。
朝食は無料のバッフェ。おにぎり3種、煮物が2種、サラダ2種、味噌汁、漬物、ペイストリー、ジャム、コーヒー、オレンジジュースなど。お手頃な宿泊費にしては充実した内容。
チェックアウト後、福岡県在住の猫ブロガー・Rさんと三越ライオン前(ベタですね…)にて待ち合わせ。彼女とは昨年10月に初対面。その時に「吉塚の猫瓶さん訪問、Keurig猫カフェ2店舗はしご」にお付き合い頂いた。
前日、大名店に行く前に私が道に迷い、閉店近い時間に到着。消化不良であった。今泉店にてランチをという約束を急遽、大名店に変更させて頂き、申し訳なかった。

大名店は分かりづらい場所にあるのに、一時期は土日ランチ時間に2時間待ちの状況だったとは、驚きだ。11時半少し過ぎに到着。
昨晩同様、野村店長さんが出迎えて下さった。我々の他に男性お1人様、女性お1人様など。10月に訪問した時は平日にも関わらず、2店舗とももう少しお客が多かったように思う。

女性お1人で来ている方がとてもフレンドリーな方で、しかもお店の猫さんを里親希望だったご様子。
私がRさんを「こちらの方は猫飼っておられるから、猫カフェに来る必要ないのを、私が無理にお付き合い願っているのですよー」とご紹介?すると、笑っておられたが。

この日、私は佐世保のお店で購入した膝丈のレギパン着用。
脇に猫の後姿模様が入っている。色はカーキ。その猫模様をRさんとお1人様女性にお見せする。
「この柄ならば許容範囲というか…猫の大きな模様がドーンと入ったTシャツとか、ああいうのはさすがに…。色違いで茶、グレー黒、紺がありましたけど、さすがに揃えてはいませんよ(笑)!」


お1人様男性はと言うと、昨晩来られていたのとは別の方であるが、これまた自分(と猫)の世界に徹しておられた。
猫オヤツも購入して与えておられた。
オヤツ購入を否定するわけではないが、猫カフェ店内にて「オヤツあげて猫にモテたい」というのは何か自分は嫌だ…。理想は、こちらが媚びるわけではないのに膝にどん!と乗ってこられることだけどね、なかなか…。

 Rさんは3段ケージ真ん中にいたロシアンちゃんと猫じゃらしテクを駆使して、仲良くなっておられた。

昨晩同様、ケージから出ようとしないのが気掛かりだが、懐こい子のようだ。

1番上段にいる「ぬいぬい」ちゃん。やはりケージから出ない。
お店ブログに寄ると、元の飼い主さんは手放したくて手放したわけではないそうなので、双方とも辛かっただろうな…。


キューリグさんは2店舗とも、飲食メニューが素晴らしい。全国の猫カフェでも飲食、特に食事メニューが充実しているお店はそんなに無いらしい。しかし、飲食店と同様、あるいはそれ以上のメニューを提供しておられるということは、諸刃の剣では無かろうか。

お店公式HPでの求人募集が短期間で数回。
キューリグで働く従業員さんにとっては、
「通常の飲食店よりも仕事量が多いのに」それに見合った待遇を受けておられるのか、気になるところである。


訪問後に見た野村店長が書かれたブログ記事では、「ぬいぬい」ちゃんのお試しステイ先でご夫婦の意見が割れて里親断念とか。

「White Oleander」という映画があったが。
M・ファイファー演じる受刑者の母親を持つ娘(若手女優で名前を忘れた)が里親先を転々とする。
思い出して、切なくなる。


キューリグさんに関しては、最近「間違いだらけの猫カフェ選び」に気になる書き込み2件があった。
書かれてある内容から、福岡県内か福岡市内、福岡県近郊の方のようだ。

もしそうなら、お店のブログに直接書かれてはどうだろう?
それでもし関東の某店のような故意に都合の悪い書き込みは削除する、といった対応を見せるようであれば、批判意見の方が正しいのであろうが。

キューリグの発展は福岡市の経済発展に直結する、というように考えていただけないのだろうか。

大名近辺の小学校が3つ、統合するという報道もあった。
訪問した際、空き店舗も目立った。
長崎県の北西部に住む私にとって、福岡市は、天神は、大名は、憧れの地であり続けて欲しいから。「こがん楽しかとこなら、東京にわざわざ行かんでも良か!」ってね。

Keurig大名10June28 (11).JPG



ニックネーム suziestefan at 15:01| Comment(2) | 猫カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

猫カフェKeurig大名(夜の部)

6月27日(日)。
雨の中、キューリグロフト店にて昼食、猫カフェクラシックにてお茶タイム。
滞在先のホテルに戻り、フロントに預けた荷物を受け取る。改めてチェックイン。
今回はUSBを持参し、早速ホテルロビーのPCにて画像と動画を取り込ませて頂く。
キューリグ今泉店とクラシックさんの猫たち画像と動画に日付とタイトルを付ける。
動画をすぐにユーチューブにアップ。
自分のブログにも画像を取り込む。
膨大な量の写真に目が眩む。
時間が係るが、これをやっておかないとその後もたくさん写真を撮るはずだから。
とは言え、出来は宜しくないので(涙)、選ぶのには苦労しない…。

キューリグ大名店へ向かう。
雨の中、またしても道に迷う。
地元の方々に聞いても「猫カフェ…?」という反応。
人気店であっても、興味が無い人には分からないのであろう。
ようやく到着したのは9時過ぎ。
野村店長さんが出迎えて下さった。
ディナー時間は閉店時間に係るのでもう出来ないと言われ、つい愚痴めいた言い方をしてしまう。
30分だったが、時間を長めに設定して下さったようだ。
申し訳なかった。

ゴムを千切れるまで引っ張れ、という英語表現。

猫を飼っている米国人R夫妻に聞いたな、そう言えば。
要求が通るまで言い張れ、という意味。

悪いほうへアメリカナイズされてどうするよ、私…。

キャラメルマキアート?か何か普段飲まない甘いアイスコーヒーを頂く。
美味しかった。
店内にはお子様連れのご夫婦、お1人様の男性など。
知らないお客同士で気安く話せる雰囲気は、ランチを頂いた今泉店(訪問した日、時間帯にも依るのだろうが)には無かった。
キャリーケース持参のお客さんがいた。
どうやら猫の里親さんもしくはお試しステイの様子。
野村店長が「裕福な家庭に貰われると嬉しい」と2回ほど言っておられた。
お店ブログを見て気になっていた「ぬいぬい」ちゃんが3段ケージ上にいた。
大きくて美しい毛並み。
元の飼い主さんが大切にしておられた様子が伺える。

静かに触ればそう怯えた反応ではない、いい子なのに…。
この子の状況については、お店ブログをご覧頂きたい。

3段ケージ真ん中にいたRブルー。
この子は懐こい子のようだ。大きな目が印象的。

トイレには別のRブルーがいた。
「ぽちたま」に出演した「トイレのあさりちゃん」は貰われていったそうであるが、
その後もトイレの個室好きな継承者!?がいるというのが嬉しい。
人間のトイレに出入りする猫を許容している大らかさがキューリグ大名店のいい所である。
…意見が分かれる所かもしれない、別項目で書くかもしれません。
私がトイレを利用する間、洋式便器の閉じられた蓋上に居たロシアンちゃんにはタンク上に避難させた。
自宅に猫が居るお宅には良くあることかもしれないが、トイレ個室で猫と過ごすなど、私には初体験。
猫を飼っているという「擬似体験」と言えるのだろうか!?
カウンター席に座っていたのだが、足元の箱に子猫や中型?猫4匹が寝ている。
「(可愛らしくて)ヤバイですね〜」と話しかけてくる女性客がいる。
この時フロアにおられた人スタッフといい、ランチ時間に訪問した今泉店とは違うアットホームな雰囲気がある。

ベンガルのワルオ君、シャム柄のラグドール?ちゃん(名前忘れた…)、相変わらず美しい。
夜の照明下での撮影ではその美しさを出せない…私のコンデジ君と貧弱な腕では(涙)。

お1人様の男性はキジ子猫を静かに膝に乗せておられる。
話しかけているつもりだったのだけど、反応が今一つ。
自分(と猫)の世界に徹しておられるのかなー。

野村店長のご好意で時間長めに設定して頂いたとはいえ、30分はあっという間。

10時閉店ということもあり、延長はご遠慮する。
退店することに。名残惜しい。

キューリグを出る。お腹が空いた。
10時近くに食事が出来るところ…ということで、リンガーハットを見つけた。
福岡に来てまで、長崎県民の私が長崎ちゃんぽんの店で!

しかも佐世保の自宅から徒歩5分の位置に同店チェーンがあるのだ…。

まあ、味と値段は確実であるから。

近辺にテムジン他餃子店がある影響か、餃子は美味しかった。
しかしちゃんぽんは今ひとつだった。
長崎県のお店のほうが美味しいようだ。

隣の席にバンド活動をしているらしき若者3人が座ってきた。
博多はアマチュアバンドのレベルが高い。
彼らの席横を通る際、濡れた折り畳み傘が触れないように気を遣う。
Rハットの店長らしき方に「三越方面にはどう戻れば」と尋ね、丁寧な説明を頂いた。
…観光客と思っただろうな、実はRハットゆかりの県民と知ったら呆れるかも。

無事、ホテルへ戻る。
ホテルフロントPCで直ぐに更新その他、キューリグ大名店の地図も印刷させて頂く。

Keurig大名10June27 (15).JPG

Keurig大名10June27 (11).JPG


ニックネーム suziestefan at 16:34| Comment(0) | 猫カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする