2009年10月16日

Cat Cafe in Japan

今日から野球のクライマックスシリーズ及びフィギュアスケートのグランプリシリーズが始まります。

いきなり3点負けてますが(涙)

無料の場所からアップしてるので、一日何回も更新、中川翔子ちゃんか(笑)
不慣れですみません。

ホークスはあまり期待できないけど、頑張って欲しいですね。
なんか野村監督の報道ばかりで、まあ仕方ないか。

真央ちゃんも応援していますよ。
キム選手は強敵ですが、個人的には彼女も素敵だと思うので。

写真は猫たち、記事とは関係ナシです。


頻繁に更新できない事情もあり、見て下さっている方(ってほぼ誰もいないか…)にはご迷惑をかけております。「にほんブログ村」に登録できたけど、バナー添付の方法が分からない〜(汗)。 

10月14,15日に福岡に小旅行いたしました。 
佐世保市どころか長崎市にも存在しない猫カフェ。 
ここ2年程投稿させて頂いている福岡県在住の猫ブロガーさんに会い、人気店のキューリグ大名、今泉店を訪問するのが主な目的でした。


キューリグは大変良いお店で、全国の猫カフェの中でもかなりの水準をいっているのでは?…と言うほど猫カフェ巡りをしているわけではないのですが(笑)。


(レベル4と言うのはフィギュアスケートの採点方法を真似。 
最高レベルに相当します)
* 人スタッフ、猫スタッフの接客態度…レベル4
* 食事などのメニュー …レベル3
* インテリア、居心地の良さ、清潔度(猫の健康状態を含む)…レベル4

しかし、気になる点も無いではありません。
なぜ1つだけレベル3があるのか?それについてはまた後日。

以前とある野良猫スポットで出会った初老のご婦人。 
美人キジ野良ちゃんを「可愛いですね」と目を細める一方で「以前は猫を飼っていたけど、最後に飼っていた子が亡くなってからは飼っていない。
主人も私も年だから、先に死んでしまっては残されて可哀想だから飼えない。本当は飼いたいのですけど…」。
こんな例は私の身近にあるだけではなく、全国にたくさんあるケースかと思われます。
猫カフェさんにはもっと年配の方にも来やすい環境にして頂きたい。
とは言え年配の、特に女性の猫好きさんというのは堂々としたご性格の方も多いわけで(笑)、
初めて来るお店に気後れなんてするわけなかバイ、ということもあるのでしょうね〜。


キューリグさんに今回は2日間で合計3回お邪魔しました。

なぜ水曜日から泊りがけで行ったのかといえば、火曜(大名)木曜(今泉)とそれぞれ定休日であること、土日の大名店はランチタイム2時間待ちの人気であること。
それも当然でしょう、と言った印象。
 

私が訪問した際も、平日だというのに次々とお客さんが来ておられました。
3回の訪問で見かけたお客は、若い男女あるいは女性の2人以上連れ、サラリーマン2人連れ、
若い方に連れられた老婦人2人、中高年女性2人連れ、お一人様の女性たち、といったところ。
老婦人たちは来店時に注意があったはずの「フラッシュ撮影」をしていました。 
特に注意しておられる様子は無かったです。
言い辛いのでしょうね。 
お1人は足腰が弱っておられたし(なのに足を運んでくれた、というのもあるでしょう)…。

ある猫カフェ人気店のブログで「年配の女性客は接客が難しい」という描写があり、そこら辺かな。
というか、女性は(私を含めて)、年を取る毎に扱いづらくなるものです(笑)。

猫カフェで猫にモテるお客

キューリグに訪問した際、15日の大名店では私もお1人様でした。
他のお1人様のうち、静かに猫を撫でている女性が。 
もう一人、とても猫じゃらし遣いの巧い女性。 

この方々は猫に大層好かれておられました。

佐世保市と違って、福岡の飲食店というのは、好きな席が選べない。
1人で来ていると大抵カウンターに行って、と言われ戸惑います。 
猫瓶さんのようなマスターが面白いお店ですと、むしろカウンターを好んで座りたいものですが、逆に常連さんがおられたりしますからね。
佐世保ですと余程混雑している時以外は、4人席であっても1人で座れます。
その感覚でいると福岡大阪東京といった大都会の飲食店では落ち着かないのですね、私の場合。


でもキューリグ大名店の場合は、カウンター席が最上だったりする。

卓上に置かれた籠(端が千切れているのは猫の仕業?)や足元の大き目の籠の中に猫ちゃんが寝ているのですね〜♪猫ちゃんを眺めながら飲食できるのですよ。 

上記の女性のうち静かに撫でていた方は白茶トラの猫ちゃんにうっとりとされていました。
で、同じ子が私のゴハンが来た途端に狙い始めて…「私じゃないのね、ゴハンなのね〜」って言ったらその女性も笑っておられましたが。
ゴハン抜きで慕われていた彼女にジェラシー…♪

 遠方?(2時間半程度ですが)から来ているのだから、とつい元を取れ、というばかりに?がっついてしまうのですね〜。
猫には見透かされているのですな。


猫カフェのシステムについて、英文

I went to to Fukuoka Keurig cat cafes at Daimyo again.
I ate lunch there, it was so delicious.

The price was 980 yen per hour at lunch time including lunch and entrance fee.
Why do cat cafe has that system?
If the customers stayed long time only ordering a cup of coffee, the owner could not make earnings.

because if you were cats lovers, you would stay longer; so, the owner of the cafe settled the designated time, for example, you can stay there 1000 yen per hour including one drink.


猫カフェキューリグ今泉店

10月14日、9月に開店した猫カフェキューリグ今泉店に行きました。

店内は大名店よりも広く、20匹の猫スタッフもゆったりと寛いでいました。
こちらの人スタッフも美人揃い。


一番愛想が良かったのは赤チンつけたシャム子猫。
おもちゃの反応が一番良かったです。
他にもおもちゃ大好きな子が数匹。
寝姿が美しい三毛子猫。


おもちゃを自分で箱から取る子。
個性的で面白い子がたくさん。


ディナーセット1時間半でドリンク付。
値段、忘れました〜。
お肉が苦手な私はペンネのパスタセット注文。美味しかったです。

この日は宿泊したので翌日、ランチで大名店へ。
それについてはまた後日。



KeurigImaizumi09Oct14 (23).JPG

KeurigDaimyo09Oct14.JPG

KeurigDaimyo09Oct14 (7).JPG

KeurigDaimyo09Oct14 (3).JPG


KeurigImaizumi09Oct14 (10).JPG


KeurigImaizumi09Oct14 (46).JPG


Feline in Market09Apr28 (22).JPG



OddEye, Shiro09Sep04s (5).JPG

ニックネーム suziestefan at 18:16| Comment(2) | Cat cafes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする