2011年06月20日

140文字の猫

クリボー様が140文字の小説でカエルの事を書いておられたので、猫で考えてみた。

雨が降る。
一日が長い。
いつもの集会にニンゲンが来る時間。
なにか億劫だが、一日行かないと次までが長い。

隻眼のトラが来なくなった。
尾長のクロにやられてからひどく憔悴していたらしい。

クロは俺を気にしているという。
トラの兄いが次の跡目は俺だと予てから公言したからだ。

俺は面倒な事は嫌いだ。

安倍夜郎の「深夜食堂」

人物はシンプルな線だが、背景小道具構図などは相当巧い絵である。
店の外に猫がいるカットを2箇所発見。
堀井憲一郎がメニューを題材にエッセイを書き、コミックスの別冊レシピとして出ている。
ドラマでは小林薫が食堂のマスター役だとか。私のイメージは杉本哲太。

第3夜「猫まんま」より。

時々来る女性で、ごはんに鰹節をかけた猫まんまを注文する客がいる。彼女は売れない演歌歌手(ドラマは田端智子)。マスターの好意により、店でコンサートを開く。

「人生いきあたりばったり」という曲。

路地裏みつけて クネクネ行くのが とっても好きなのよ♪」
お客はそれなりに感動し、皆で食べた猫まんまは旨かった。
常連客の中に作詞家がおり、彼女に詞をプレゼントする。
「まよい猫」という歌である。
恋を忘れたホステスの ひざに抱かれて聞いている むかしの男の愚痴ばなし 夜の新宿 まよい猫♪
この歌は百万枚突破の大ヒットとなるが、彼女は不治の病に冒されていた。

歌手が亡くなり、ある日の事。食堂の前に黒白猫が。

マスターが猫まんまを出してやると、「うまそうに食ってさ、『ニッ』と笑ったんだ。あの娘みたいにね」

…マスターは猫に「おかえり」と言った。

Keep out from raw meet, Cat!

焼肉チェーン店の生肉食中毒事件で食肉卸業者にも責任の一端があるという報道が。
週刊誌にトラックの陰で肉の塊の仕分けをする作業員と、「人の気配がなくなった途端、カラスや野良猫が」
という写真がある。
報道の真相は分からないが、体の大きな人間が焼肉店の生肉で亡くなっているのだ。小さな体の猫が食べるとどうなるのか。
猫ちゃん、そのお店の肉を食べてはいけないよ…

黒仔猫11May20 (2).JPG

一二三11May20 (4).JPG
続きを読む

ニックネーム suziestefan at 15:14| Comment(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

「贋作 猫と庄造と二人のをんな」

宮地嶽神社の猫犬お守り

宮地嶽神社・猫犬のお守り10Feb03.JPG

恵方巻きと豆、猫画面の意味不明コラボ

恵方巻き10Feb03.JPG

「贋作 猫と庄造と二人のをんな」

自作の小説?です。前の部分はもう1つのブログに収録しています。

http://lilylily.a-thera.jp/



そもそもこのブログのタイトルも、谷崎潤一郎の「猫と庄造と二人のをんな」にちなんだものです。


登場人物

佐藤百合子
佐藤龍彦
澁澤春夫
権田 (雑誌新緑の編集者)
スージー(シャムネコ)
金子(男子学生 大学図書館アルバイト)
川村(女子学生 大学図書館アルバイト)
安永 (男子学生 大学図書館アルバイト)


春夫のマンションの階段を降りる。
百合子は国道に出て、タクシーを物色した。
個人タクシーがすぐに見つかったので停めた。
「大峰町まで」
50代くらいの運転手は前のフロントガラスに小さな招き猫を置いていた。
交通安全のお守りも猫をかたどったもので、他にも猫のぬいぐるみ、マスコットの類が置かれている。
どうやら猫好きの運転手らしい。

「運転手さん、そのお守りどちらで見つけたんですか?」
「あ、これ?招き猫で有名な聖徳寺ってあるんですけど、そこに行って買ったのですよ」
「まあ、わざわざ…」
「私は猫が好きなもんでね」
「あら、そうなんですか。うちにも一匹いるんですよ」
「ほうほう。猫種は?」
「シャム猫の雑種なんですけど。女の子です」
「いいですねえ…可愛いでしょう、洋猫と日本猫の雑種は」
「そうですね、綺麗ですよ。運転手さんはどんな猫飼っておられるの?」
「うちはそんな洒落たのはいないですよ。三毛猫と茶トラの男の子です。お客さんが停めてくれなかったら、そいつらを拾った所に行こうかと思っていたんですけどね」
「あら…捨て猫を保護されたんですか?」
「そうそう。トランクにね、連中のお仲間にやるフードも入れてますよ」
運転手はあごで車の後方を指し示した。

「猫おじさんなんですね」
百合子は龍彦が犬の散歩に行く公園にも野良猫が多いことを思い出した。
あの人ももしかして、猫おじさんかもしれないわね…?

「あの、ちょっと変なこと伺いますけど」
「何でしょう?」
運転手はバックミラー越しに百合子のほうを見た。
「自分が飼っている猫に以前、別の飼い主がいるとしますね…」
「はあ」
「今住んでいるアパートが飼えないからって事情で手放したとします。それが、引越し先はペット可の物件なので、返してくれって言われたとして…」

「そいつは、込み入った話ですね」
「いえ、友達の話なんですけど。それが今の飼い主が最初はそんなに猫が好きでもなかったのに、情が移っちゃって、手放したくない、って言ってるのですよ」
「うわー。そいつは大変だ」
「でしょう?どうしたらいいんでしょうね…」
「例えばね、猫ならどんな子でもいいとか、多分そのお友達は思ってはいないだろうと。他の子を新しく飼うようにしたら、今可愛がっている子は忘れられるかって、そういう問題でもないでしょうよ」
「そうですね、私もそう思います」
相談しているのにその答えでは解決にならないではないか、と百合子は言いそうになった。
しかし、乗客に行きがかり上、振られた話題に親身に乗ってやってる運転手は親切だと思わなくてはならないだろう。


(この項目続く)


ニックネーム suziestefan at 13:16| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

「贋作 猫と庄造と二人のをんな」

野球選手の自主トレ期間も終わり、春のキャンプインに差し掛かる。
ホークス選手の中に約一名、陸上選手みたいな人が(ポンチャン)。
本多くん、今年はゴールデングラブと盗塁王取ってね!
冬季五輪で野球は注目度薄いかな…



ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」,フィギュアスケートにおいては金メダルソング?かもしれない。
長野五輪のクーリック、昨年世界選手権のライザチェク選手が金メダルだった。
ほわーんと、ジャンプとびやすいのかも、明るいし。


美術館とかの1万人入場者キリ番って駐車場見て、なるべく遠い車のナンバーの人らしいです。


三毛と坂10Jan17 (2).JPG

ホテルのお昼バイキング、いかともやしのマヨネーズ炒め?が美味しかった。

以前戸尾町のたけこまビルのなかにあったフレンチのお店でフルーツのグラタンを頂いた。
そのシェフはテンボスが出来る頃、恩人についてテンボスに行くということでした。
他にさよりをベーコンで巻いたものがあり、さよりって足が早い(傷むのが早い)のに凄いナと思いました。

昨日は保護猫犬の活動をしておられる方々を見かけた。
いつも頭が下がります、お疲れ様でした。
何も協力できなくて申し訳ありません。

Feline in Plot10Jan16 (3).JPG

チャトラーズ。森の中のような絵ヅラ

茶トラ長毛の母の子供たち。
この日はあまり愛想がよくない三毛子が遊んでくれた。
近寄れない子は腕を伸ばして、指を鼻先につけるといい。その長さ分は近寄れないので。
そこまでくればしめたもの、次に会う時は仲良くなれる。
これくらいの距離感、あと少しだなーくらいが萌える(…ヘンタイ…)

フィギュアの全米選手権
コーエン選手残念。
しかし若い代表二人は日本選手にも脅威ですね。


以下の小説の前のパートはもう一つのブログに収録しております。
そもそもこのブログのタイトルも、谷崎潤一郎の「猫と庄造と二人のをんな」にちなんだものです。

http://lilylily.a-thera.jp/

「贋作 猫と庄造と二人のをんな」

登場人物

佐藤百合子

佐藤龍彦

澁澤春夫

権田

スージー(シャムネコ)

ガタン。
マンションのドアが開けられる。
外からの風で少し足元が冷えた。

うなーん。あんあん。
ピンクベージュの塊が龍彦の足元に絡まりつく。
うなっうなっ。あんあん。
猫はこげ茶の尻尾を立ててぐるぐるこの家の主人の周りを廻り始めた。

「ただいま…スージー、いい子にしてた?」


妻よりも猫に帰宅の挨拶をする。

芸能人でも最近、夫が猫ばかり可愛がると妻に三行半をつきつけられた男がいた。

確か彼も、帰宅一番、猫に先に挨拶をしていたということだった。

いちいち目くじらをたてていたら、結婚生活などできない。

それよりも今日は龍彦に春夫の話をしなくてはならない。


「あのね、また春夫に会ったのだけど」

「へえ、それはまた?」

どうしてこの男は妻が元夫に会ったという事実に無反応なのだろう?

「この前言っていたよね。スージーを引き取りたいって」
「うん?…マジなのか?」

初めて龍彦の顔が曇った。

だから、どうしてスージーの話で反応するの…?


「新緑賞にノミネートされたんだって。文学賞の。それでね…」

「新緑賞?スゴイじゃん。さすがだね。それで?」

「まとまった収入になりそうだし、生活のめども立ったってことかしら。それでスージーと暮らせるマンション見つけたんだってよ」

「なんだよ、それ?」

気色ばんだ龍彦の顔を見ないようにして、百合子が言った。

「今すぐの話じゃあないけどね、スージーを引き取りたいって言ってる。」

「駄目だよ!」

「どうして?」

「猫は家につくっていうじゃないか。春夫さんのほうが出て行ったから場所は変っていないけど。
人間は1人が入れ替わってるんだ。
そりゃあ春夫さんも可愛がっていただろうけどさ。
俺だって負けないくらいに、いや、それ以上に可愛がってるよ。
それはスージーだって分かってるさ」

目の前にいる男が百合子を春夫から奪って今は龍彦と夫婦に納まっている。

あの時、少なからず龍彦は百合子に対する情熱を見せてきた。
しかし、今、スージーの話をする男とその男は果たして同じ人間だろうか?


「でもね」

語気を強めて百合子が言った。

「あの人は1人だもの。私があなたに取られたのよ、いわば。猫くらいあげたって…」

「猫くらい、じゃないよ!1年の間にあっち行ったりこっち来たり。可哀想じゃないか。」

「可哀想?」

ふふん、と鼻を鳴らして百合子が返す。

「可哀想なのは春夫だわ。1人で暮らしているのよ。」

百合子は「私があなたに取られた」という表現に特に反応しなかった龍彦に苛立った。

いや、待てよ。これ以上言うとこの人は言うかもしれない。

スージーが可哀想なのではない、自分がスージーと離れたくないのだ、と…。


ふぅーん、ふぅーん。

猫が2人の間を交互に見上げていた。

「よしよし…いい子だな、スージーは。分かるんだな、自分のこと言われてるって。」

分かるわけないわ…、と言おうとして百合子は言葉を飲み込んだ。


「そうだ。いいことがある。」

突然目を輝かして龍彦が言った。

「何よ、いいことって…」

「俺さ、春夫さんのマンション見に行こうかな。本当に猫を飼える物件なのか確かめにさ」

「ええ?何でまた」

「ほら、飼えるからって嘘ついて内緒で飼ってる人とかいるじゃないか。可哀想だもんな、声とか聞こえないようにしてさ。」


ニックネーム suziestefan at 16:02| Comment(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする