2011年12月28日

百年小説

新年明けましておめでとうございます。 昨年中はお世話になりました、今年も宜しくお願いいたします。

百年小説
大学図書館で ポプラ社の「百年小説」を借りる。全51人の近代文学の文豪。
森鴎外の「杯」から太宰治の「富嶽百景」まで、1330頁もの短編集。百科事典のような重さと厚みで、持って歩くのも読むのもしんどそうだと思った。
しかし、本棚のしかも上の方へ置いてあり、「お前が読まねば誰が読む」という声が聞こえたような。
これを手に取らなければ読まないであろう作家や未知の作品が多々あった。既読作品は8作品のみ。
圧巻は泉鏡花「外科室」と内田百閨uサラサーテの盤」。読んだ事はあったが改めて読んでみて圧倒された。


森鴎外「杯」
夏の朝。温泉宿の清冽な泉へ11,2歳位の美しい少女たち、7人。湯帷子の懐へ各々がお揃いの銀杯をしのばせている。かわるがわる泉を汲んで飲む。そこへ背の高い年長の、「琥珀のような顔から、サントオレアの花のような青い目」の少女が黒ずんだ、小さい杯を取り出した。異端児を憐れ蔑む少女たちの残酷な視点とそれを跳ね返す「平和の破壊者」たる黒い杯の娘。この対比が見事である。

 

ニックネーム suziestefan at 15:38| Comment(2) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

松本清張「顔」

一体、俳優で「映画の主役を張るようになる、徐々にスターダムにのし上がって全国的に顔が売れるようになることを怖れる」人がいるだろうか?
もし、ドラマのキャッチコピーを作るならそういったところであろう。

NHKで松本清張原作のドラマ「顔」が放映された。


主演の谷原章介は年齢が高くなってからブレイクした俳優で、そういった方が活躍されるのは嬉しい。
それも日本の俳優は30歳過ぎてから、元々正統派の美男子だったのがある種の美しさを発揮する人が多い。

この原作の短編は舞台俳優。
美男子ではないが印象に残る個性的な顔」が主人公である。
谷原はその役柄にちょっと線の細い美男すぎるが、声や話し方が良くて陰影のある演技も申し分なかった。

他にも大地康夫、高橋和也(主人公と役を入れ替えても良かったかも)、名前は知らないが1人2役のヒロインがいかにもNHK好みの正統派女優で熱演だった。

この短編の原作で印象的な食べ物が2つ。
それは夏みかんと京都名物の「いもぼう」である。
汽車の中で若い恋人同士に食べられる夏みかんは缶入りドロップに換えられていた。
女にドロップを勧められた男がいらない、という素振りはこの2人の関係を暗示していて悪くない演出ではあったが。
汽車と蜜柑、という組み合わせはおそらく清張が尊敬する芥川龍之介へのオマージュであろう。
その意味では変えて欲しくなかったが。


このドラマは他にも原作を大きく変えた箇所がいくつか見られた。
ほぼ同時期に放映された民放の「火と汐」は比較的原作に忠実で、携帯電話という原作の書かれた時代にはなかった小道具もうまく使われていた。
原作に敬意を表しつつ、変えるのは別にいいのだが私は「火と汐」に軍配をあげる。


「顔」のラストシーンで「砂の器」を思い出すという人も多いであろう。
この作品は他の短編と共に英訳も出ている。
戦後のヤミ市で物資を仕入れた人々が駅で警察に捕まり、物資を取り上げられる。
警官に賄賂を握らせて見逃してもらう…当時は多くあったであろう状況をドラマに入れたのは良い演出だった。

かつてNHKで放映した松本清張ドラマも見てみたい。
今後、ドラマ化するなら「二階」「距離の女囚」がいい…と個人的に思う。


NHKに出演するということ

「東京ガールズコレクション」を見ていたら、モデルとして山田優が出てきた。
遊びに来ていた姪に「この人の彼氏は石田三成」と言ったら、父が「ほう」という反応。
彼は「ルーキーズ」「ごくせん」を見ていなかった。
NHK大河に出演するということはそういうことである。
小栗旬は父の世代の大河ドラマファンに「長身で、野心のある美男武将を演じられる俳優」と認識されたのである。
今後は福山もそうなるのだ。
勿論、今まで福山雅治のことを長崎出身のミュージシャンで俳優ということを知ってはいただろう。
しかし、地方に住む特に年齢の高い人たちにとってそれほど全国区ではなかったのだ。


長崎県の民放チャンネルはフジ、TBS,テレビ朝日、日本テレビ系列と4つある。
仕事で宮崎や大分に宿泊した時。
テレビのチャンネルが少ない。
フロントに電話し、「このチャンネルはフジテレビですか、TBS系列ですか」と尋ねた。
地方に巨人ファンが多い理由が分かった。


以前室井滋がエッセイに書いておられた。
彼女が女優であることは出身地で知られてはいても、NHK朝の連続ドラマに出演した際、特に年長者の反応が違っていたそうだ。
その中で高齢の女性が同じドラマの「再放送」という認識が無く、「シゲちゃんは朝の放送と昼の放送とでは格段に上達している」とかなんとかおっしゃったそうだ。
つまり、同じ放送日のドラマを撮り直したものを放映していると思っておられるのだ。
なんと素朴なお人柄であろうか。
しかも文筆家でもある室井さんにしっかりとネタを提供されたのだ。


城島捕手の自主トレーニングがもうすぐ?佐世保球場で始まる。


城島捕手の自主トレーニングが2010年1月初めに佐世保球場で始まる。


彼の自主トレを見学しはじめたのは2004年の1月。
その頃は、当時はダイエーホークスに所属していた高橋外野手、大野捕手などが参加。
見学者も少なく、土日以外は見学者全員がサインを貰える状況だった。
選手たちが野球場の建物前に駐車している。
出入り口にロープが張られることもなく、選手たちが身近に感じられた。

その次の年、馬原、三瀬、寺原(現在横浜ベイスターズ)投手らが弟子入り。
和田投手、多村外野手が参加した年度もあり、見学者は増えた。


マリナーズのマイナー契約をしていた坂本外野手。
この方は長身のハンサムで感じの良い方であった。
その後、城島捕手がマリナーズと契約した頃、英語の家庭教師として雇用されたそうだ。


彼が出版した英会話教本を図書館で借りた。
ジョーさんがどうやって英語をマスターしたのか、が中心の著作。

「順番が分からない」というジョーさんの質問。
それ以前は「何が分からないのかが分からない」状態だったので、進歩したのだという。
「人、動作、場所,物、時間」だったか何だかが坂本さんの答え。
たとえば I went to the supermarket to buy some coffee yesterday.
つまりジョーさんは「語順が分からない」という質問をしていたのだった。

英語の初心者といっても、それまでホークスの外国人選手特に投手と話す機会はあったはずなので、全くの初心者ではない。
しかも大人で、立派な実績を持ってアメリカの球団に雇用された人である。
ジョーさんのプライドを傷つけないように、しかもアメリカ社会で投手とのリード面で複雑な表現も要求される語学力を身に付けさせる、その前の段階まで最低限のレベルを確保させる。
英会話講師として、相当な力量を要求されたわけだ。 


この坂本さんはベースボールへの道はどうやら引退なさった様子。
福岡で芸能活動ともきいたが。

自主トレ見学中にチワワを連れて来た女性がいた。
彼女は馬原投手のファンで、彼に「馬原さん、犬は嫌いじゃないですよね?」
と聞いて、「嫌いじゃないです」と答えてはくれたが。
馬原投手は確かフェレットを飼っていた。
突然、坂本外野手がチワワに関心をしめす。
「2歳くらいでしょ?」と慣れた手つきで抱きかかえる。
「よく分かりますね!」と馬原投手ファン。


坂本さんに対する印象はとてもいい。
今、どこでどのようにお過ごしでしょうか。
その後、彼がジョーさんの自主トレに参加することもなくなったので。


で、ジョーさんの話に戻る。

私は彼と同じ佐世保市のA中学校の卒業生。
もちろん私がうんと年上ではあるが。
私の在籍時から野球部は強かった。
全国大会に出場、横浜で試合をしていたし。


99年夏からホークスの応援をしている。
そんな中でもジョーさんの存在は他の選手と違う思い入れがある。

今まで、ホークスあるいはメジャーリーガーの選手である城島捕手を応援してきたのだ。

それが、今回ホークスに復帰することは適わず、阪神タイガースに入団したのだ。
一体どうしたらいいのだ、という気持ちである。
勿論、城島捕手を応援する気持ちに変わりは無い。
でも阪神タイガースの選手の応援をどうしてしなきゃならんのだ、という感覚である。


パリーグのファンの多くは、セリーグのチームに関心が無い。
そしてアンチ巨人である、少なくとも私はそうである。
「伝統の一戦」なんぞと一括りにされている阪神にしても同じ。
甲子園での高校野球の試合には燃えるが、阪神の、特に独特な応援には馴染めない。
「ダメ男と分かっていても尽くす女性」なんだそうである、阪神ファンというのは。


友人が関西の大学に進学した。
帰省した際、真面目な人なのにつまらない冗談を自分で言って自分でボケている。
「どうしたの!?」と仲間たち。
「いや、関西ってな、日常会話もボケツッコミになってなアカンのや」…。
城島捕手のキャラクターには合う土地柄かもしれないが。


阪神の某大物選手に引導を渡したい、そのために先輩だろうが王さんだろうが言いたい事は言う城島捕手が阪神に呼ばれた、そういう報道もあった。
ちょっと、ジョーさんをそういう使い方していいと思っているわけ?(怒)
報道が本当ならば、ますます阪神というチームを応援する気持ちにならない。
その大物選手にしても、チームの体質を変えるために呼ばれた人である。
現在はもしかして、裸の王様的な状況なのであろうか。
誰も彼に文句が言えない。
ある意味、不幸である、双方にとって。


ジョーさんは口が悪い、やんちゃな人のようでいて案外気遣いの人でもある。
以前松田外野手がダイエーを解雇された時、年下のジョーに弟子入りしたことがあった。
ジョーは「松田さん、松田さん」と大層気を遣っていた。
少年野球教室でも松田選手は居場所が無い。
本間内野手が手伝いに来ていたのを思い出す。
その本間さんも今季、ホークスを解雇。
「男たちの戦力外通告」にも出ていなかったが。
今はどうしておられるのだろう。


ここ数年のジョーは優等生然として面白くないな、と思っていたら。
WBCの時、野村克也氏に売られた喧嘩を買っていた。
そうこなくちゃ、まだまだ若いと嬉しくなった。
最近、工藤投手がジョーの非礼?を野村氏に詫びていたが。
なんか筋が違うでしょ、と思ったけど報道を盛り上げようと言う彼らの計算かもしれない。


その工藤投手が杉内投手に質問していた。
「もう僕を越えていますよ」と工藤さん。
なかなか他の選手を褒めることがないだろうから、ファンとして嬉しかった。
聞いておられたのは「杉内投手は三振を取ったのはどれ位『狙って』取ったのか」ということ。
杉内投手の答えは「2ストライクになったら全て狙って取った」であった。
す・ご・い!


別の番組でのこと。
「俺の腕はムチだ」
「指先だけで投げることができたら、理想」

…その後、ダルビッシュ投手が指を骨折の報道。
それも、他の投手が有り得ない指の使い方をして、骨折をしていたという。
つまり、杉内投手の言う理想的な指先だけの投球に近いことをやっていたのか?
…分かったよ、あんたが日本一。
いないよ、そんな奴、他に。


ニックネーム suziestefan at 18:34| Comment(2) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

山田詠美の「ジェシーの背骨」

ホークスの松中選手は契約更改1億円ダウンでしたね。
まあ仕方ないですね。


system of cat カフェね、友人のリクエストですが。

いや、猫カフェのシステムについて英語で書いてたけど消えちゃったのです。

人スタッフ、猫もスタッフとみなして猫スタッフというのですが。
英語では無い概念ですからね。
商売そのものも。


 

全日本フィギュアスケート選手権


全日本フィギュアスケート選手権を見た。

男子の五輪代表争いが凄かった。
特にショートプログラム。
フリーでも結局代表に選ばれることが無かった選手たちの中にも個性的な選手がたくさんいた。

リバーダンスで滑った選手がステップだけで拍手を貰っていた。
正直、最後のステップの後のスピンなどは同じ選手かというくらいに違っていた、それくらいにステップの技術が突出していた。
あとはジャンプやスピン、全体のスピード感などをクリアすれば、プログラム全体で拍手を貰える、名前も覚えて貰える選手となろう。


織田選手は今までの演技よりもジャンプの着氷が良くない箇所があった。
やや調子を落としているのだろうか。

小塚選手のフリー。選曲が五輪イヤーに選ぶ曲なのか疑問。
某有名アーティストには失礼ではあるが。
昨年、ジャッジに顔と名前を覚えてもらい、ジャンプが失敗しても高い評価を得ていた「ロミオとジュリエット」。
高橋、織田選手たちがSP,フリー共に「王道」をいく選曲である(ライザチェック選手もしかり)のに対して、ちょっと物足りない。

高橋選手。
ステップは織田、小塚選手たちも相当のレベルである。
しかし高橋選手は曲の理解度、上半身の動きの大きさ(ステップ以外の部分も)、表情全てが抜きん出ている。
フリーの冒頭で頭をかく仕草、「ああジェルソミーナだ」と思う。
きっと映画をご覧になっているのだろう。
それなのにアナウンサーの「これが高橋選手の生きる道」だったか、「あんた映画見てないのやろ!」と言いたくなる一言。
高橋選手の選曲、音感の良さは私なんぞの文章では表せない。


彼のことを「大ちゃん」「大輔」と呼ぶようになったのは割と最近である。
これは私が野球ファンであるから。
大輔といえば、荒木コーチであり、松坂投手であるから。
大輔選手が「白鳥の湖」あたりで滑るようになったあたりから、ようやく大ちゃんと呼ぶようになった(何様だ、私は)。
ごめんね、野球馬鹿で。


松坂投手に関してはいつかきちんと書かなくては、と思っている。
高校生の時は少なからずファンであった。
パリーグの特定のチームのファンにとっては、プロ入り後は愛憎半ばといったところ。
これはダルビッシュ、田中投手そして今後は菊池投手にも言えることではあるが。
たまたま今年は巨人が日本一ではあっても、依然としてパリーグの投手のほうがレベルが高いと思う。
その全てが始まったのがあのPL学園と横浜高校の試合であったと感じるので。


…話が逸れてしまった。フィギュアに戻る。

女子の浅田選手のSPは未見。
難度を落としているのにも関わらず、完全な出来ではないのと、得点が(ミスをした状態での)金選手に及ばないどころか他の選手に迫られているところが気になる。


猫カフェのシステムについて


友人からリクエストがあった項目。
英文で書きたいのだが、時間が無い、後日。


なかなか鋭いところを突いてきた。
子猫が年を取ったら猫カフェから引退させるのか、ということ。

これは猫カフェマニアにとっても問題視されている店が存在する。

子猫のほうが客に対して愛想が良い、遊んでくれる。
であるから、子猫ばかり猫スタッフとして接客させるお店があるという。
子猫が年を取ったら、更に新たに若い猫と入れ替え、お客に「差し上げます」などというお店もあるらしい。
その後、本当に貰われていったのか明確でない子もいるのか?

友人の疑問「まさか処分?」、それも在り得るかも。

別の話だが、「閉店した猫カフェの猫スタッフのその後」も気になるところ。


友人が言うには「人件費がかからないから」、しかし医療費は人間と違って保険がかからないから結構高い。
確かに猫スタッフに雇用保険とかはかけなくていいし、給与も与えない?代わりに「食費、医療費、住居費」を支給すると考えれば良い。
猫フードは少量の割りに高いし、猫と住める住居となったら探すのに一苦労であるし、高額だったりする可能性もある。

えー、この項目は町田の猫カフェ「ねこのみせ」さんのブログ「ネコキャバではない」あたりがもっと詳しいのでそちらをご覧あれ。

Feline at Library09Dec24 (10).JPG


長崎に行きました。


平和公園や爆心地(原爆投下された場所。
英語ではハイポセンターとか、グラウンド・ゼロ)、原爆資料館を廻っていたときのこと。

参加者である米国人男性に「日本では学校でパール・ハーバーのことを習うのか?」と聞かれ、絶句。
どう答えていいものやら。
私の説明が被害者意識が強いと感じたのか?
そう言っていないにしても彼はそのようにとったのか?

「日本が真珠湾を攻撃したのが始まりだ」とも言った。
「聞いたことはあるけど」と私。
「中国に勝ったのだから、日本は強かったんだろう?」
これは完全に皮肉で言われてると思ったので「日露戦争でロシアに勝ったから日本は強い、と勘違いしたらしい。あんな大きなアメリカに挑むなどと、馬鹿だ。
でも、日本人の中には分かってる人もいたみたい。それを口にすると監獄に入れられたりした。共産主義者と見なされて」と言ったら目を丸くして、
「アメリカもそうだよ」と言ったので、まあ納得はしてくれたのだろうか?

今までも多くのアメリカ人と同じ場所に来たが、真珠湾のことを言われたのは初めてだった。
アメリカ人に良くいるタイプというか、「偽悪家ぶった発言で相手の反応を試し、相手の出方を見ながら対話する」人だったのか。


この男性は退役軍人ではなく30代前半くらいで、この質問以外には感じの良い人であった。
資料館を撮影したがっていたので「受付に聞いてジャーナリストのような腕章を借りれば、撮影できるよ」と教えたが、そこまではしなかったようだ。

その後の行程であるお店の店員が丁寧な応対をするのを見て感心していたので、「日本は『お客様は神様』という考え方があるよ」と言ったら顔を真っ赤にして笑っていた。

私にも色々不手際な対応があったのだろうが、彼のおかげでいい経験ができて良かった。



Feline at Library09Dec24 (11).JPG

Feline at Library09Dec24 (12).JPG 


 

全日本フィギュアスケート選手権


全日本フィギュアスケート選手権女子フリーをテレビ観戦した。

浅田選手、鈴木選手代表決定おめでとう!
この大会は鈴木VS中野の代表争いといっていいのだろう。
僅差でもあったし。

ちょっと各選手に点数が出すぎていることと、浅田選手の内弁慶ぶりが気にかかる。
殆どの選手にとって大きな試合というのは他国で行われる。
自国開催の恩恵に預かる選手は少ない。
アウェー開催のハンデと乗り越えていただきたい。

まんだらけで3冊購入

長崎のまんだらけで書籍3冊購入。
山田詠美の「ジェシーの背骨」その他初期短編集。
有吉玉青のエッセイ。
米原真里のエッセイ。
3冊で720円。

江戸川乱歩のエッセイ集は原価の2倍ほどになっている。
さすがである。
しかしそれでは新本を購入したほうがマシであるので買わなかった。
絶版なのか?
たしか絶版の本のサイトが「青空文庫」という。
興味のある方は検索なさってね。

「ジェシーの背骨」

数年前に読んでいたのだが。

自分は基地の町佐世保に住むので、彼女の書く世界は割りと入っていき易い。
ああこの男性は多分船の上ではなくて地上勤務なんだろうな、とか。
横田(福生?)基地って空軍?海軍?知らないけど。

彼女のエッセイにあった恋人の連れ子とのエピソードと、おそらく実話に基づいたこの小説と混同していた。
「あれれ、山田さんの実家のお母さんたちとこの生意気な少年のエピソードが無い」って。
その部分は小説ではなく、エッセイにあったのだ。

山田さんの母上は「正しいお母さん」であって、山田さんが恋人の息子に対してはおっかなびっくりで出来ないでいることを平気でやってのける。
そして彼もまた、一見嫌がっているようでいて嬉々として肝っ玉母さんの軽い叱責を受け入れる。
彼は子供らしい扱いや愛情に飢えていたのである。

小説のラスト近く、ヒロインのココ(山田さん自身?)が重大な決心をしかかる辺りで恋人父子が取った行動を読んで思い当たることがあった。
ココは父子の作戦?にしてやられるのだ。
まるで雨の日に母子連れで現れる野良猫のようだ。
…ってこの感想、私が猫好きだからつい、出てくるのだけど。

山田さんの熱血ポンちゃんシリーズの中にある1コマ。
地方の温泉地を友人と訪ねた時のこと。

真っ白い猫3匹に挽かれてうろうろしていたら、おばあさんが現れる。
人懐こい猫たちとおばあさんに導かれるように旅館の方向へ帰りかかると、彼らはいつの間にかいなくなっている。
山田さんは何か神がかった象徴的なことのように捉えているのだが。
別にい、猫とお世話人が決まった時間に決まった場所に集まる猫集会ですよー、深い意味はないですよー、多分(笑)。

林真理子の毎日新聞連載「下流の宴」がご本人ブログによると、最終稿書き終えたそうである。

ヒロインの玉緒は今までの林作品にいなかったタイプの女性。
とても可愛い(容姿ではない)、愛すべきキャラクターである。
今までの作品ではもう2人のヒロイン、由美子と娘の可奈のような女性はたくさん出ていたのだが。

玉緒の周辺にいる、親切でややからかい気味に彼女の受験勉強に協力するエリート男性たちも面白い。
ゲイのスタイリスト、美容整形外科医、進学塾経営者とトップ塾講師、元エリートのリタイア男性。
林さんの周りにいる男性たちをカリカチュアした人物像であろうか?

林さんも山田詠美さんも悪口の達人である。
イギリス在住の女性が書いたエッセイも借りたが、どうもタダの自慢話になっている箇所が気になる。
林、山田両女史の華麗なる人脈を書いた文を読んでも、井上ひさしや小林信彦のテレビ創世記のエッセイを読んでも、特に自慢話とは感じない。
それは彼らに優れたユーモアのセンスがあるからだ。

たとえば、清少納言だってお遣えする中宮定子の問いかけに応じて漢詩を引用しちゃったわよーん、あれも日本最古の自慢話かもしれないが。
あれとて、中宮様と清少納言自身に強力なライバル(彰子と紫式部)が出現するのだから、教養に満ちた女主人様とキャリアウーマンの女官のあうんの呼吸、と虚勢を張ってみせる必要があったわけだ。

あ、今調べたら(ウイキィ)「本人同士は年齢や宮仕えの年代も10年近く異なるため、実際に面識は無かったものと見られている」だって。ゴメン。

まあとにかく、清少納言は日本発のユーモア女流(いちいち女性に「女流」といわれるのも差別かな?)エッセイストである。
ユーモアのセンスは卓抜しており紫式部とは対照的。

女性が何か書くと「子宮で思考する」とか何とかかれるけど、あれやめてほしー。


They are great rivaly, Seisho nagaon and Murasaki Sikibu.
They worked for Emperor Ichijo's wives, Seisho nagaon was the maid for Teishi, Murasaki Sikibu was for shoshi in 11th century at Imperial Court in Japan.

時々英語で書いてるの、このパソコンが日本語フリーズするのですう。
まあ勉強になるからいいけど。




写真はいつもの場所のダイキチくん。
お世話人さんのお洋服にくるまれてオネム…

Feline in SPark09Dec21 (1).JPG

Feline in SPark09Dec21 (2).JPG

Feline in SPark09Dec21 (3).JPG

大晦日ですね。
今日は佐世保も雪が降っています。

Feline in SPark09Dec21 (4).JPG


年明けそうそう、仕事で長崎に行きます。
元旦ではないのですが。

昨日とんねるずの番組に城島捕手が出ていた。
ゴルフ対決。
女子プロゴルファーの中で、野球選手好きの女番長にジョーがお尻を褒められて(逆セクハラ…)、ドン引きしてたな。
あの若手内野手との報道ホントでしょうか。
彼女が押しが強すぎてフラれたそうですが?

松本清張ドラマの「火と汐」「顔」はドラマの出来は前者に軍配あり!

林真理子さんの「下流の宴」は今日で最終回。
玉緒ちゃんが面白くていいヒロインだった。
うちの母は続編があればと言うが、続編では今までの林さんの作品ヒロインと変わらないタイプの女性になりそうで、つまらないと思う。

皆様、良いお年をおむかえくださいませ。

ダイキチくん、1年前の元旦も雪だったね。
一年早いね。
さっきもお世話人のお洋服にくるまれていたダイキチくん。

Feline in SPark09Dec24 (2).JPG

Feline in SPark09Dec21 (5).JPG




ニックネーム suziestefan at 14:25| Comment(2) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする