2011年04月25日

夜、黒い犬は

ご近所の若い黒犬が夜、紐を切って飼い主宅近辺を徘徊していた。

お宅のドアを叩く。
ご主人が出てきて「この頃自分で食い切るとよー」
「(多分亡くなっていると思うが)前の子よりも若いから…」
「まだ1ヶ月くらいのを貰ってきた」
 
以前いた白い老犬は徘徊癖があった。
今居る子は若いので元気が有り余っていると思う。
心配している人間がいるということを知って頂くためにもドアを叩いてみた。
 
白い犬はどうしたろうか。

徘徊の挙句に、ではなくて天寿を全うしたと思いたい。

white wisteria

I went to see the white wisteria trees of someone's house.
Very beautiful. and Rare.
Even purple wisteria, you can not see that often.

When I tried to the road to go opposite side of the street, I recognized I could never go back to the bus road.
I lost!
I bumped into a black and white dog in the middle of the road I never had been.
So scared!
I shouted both to the dog and to myself,"whrere is your house? Go home!"

Finally, I found a gentleman and he gave me the proper direction.
But he said you could see wild boars in that area when I mentioned to the dog.
Oh, My!

米人気ドラマのSATCの非公式ガイドの中にある、猫が出てくることわざ。


All the cats look the same in the dark


シーズン2の「The Man, the Myth, the Viagra」

サマンサが72歳の男性とお付き合いしている場面で使われている。


「Aren’t these cats amazing?」

シーズン4、51話「Defining Moments」

キャリーがビッグとジャズクラブでデート。キャリーに言わせるとビッグのジョークは「50年代のスラング」だとか。
ジャズミュージシャンの事を猫というらしいが、詳しい方,ご教示を。

Ginger and Momus11Apr04.JPG










ニックネーム suziestefan at 15:15| Comment(4) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

お隣の犬

Well, it is SOOOO hot, is it really September?

ホークスの不調でまだ混パです…どのチームもやや決め手に欠けるのかな〜


数年前に隣の家が雑種の犬を飼っていた。
お隣の庭に犬小屋があり、小屋の外に出ていることも多い。

割りと懐こい子で、時々家の境目の塀から話しかけていた。
 
その犬がいつの間にかいなくなり、隣人に特に理由も聞かなかったし、向こうから説明を受けるわけでもない。
 
やがて、どうやらお隣は別の犬、それも3匹ほど飼い始めたらしい。
小型犬を含む血統書付の犬のようである。

敷地内に畳三畳ほど犬の住む倉庫のような小屋が据え付けられた。
窓もあり、スタンドの灯りが夜間にも燈されている。
雑種の犬とは随分待遇が違う。
 
鈴の音が時々聞こえる。
犬の首輪につけられたものだろうか?

時々、雑種の子を思い出す。

対馬ヤマネコボーイズなる高校野球チーム



テレビ朝日系「
GET SPORTS」で離島甲子園の特集を放送。

KAMISHIMA
というたった2人の野球部員。猫や三島由紀夫の「潮騒」で有名な神島のことか、と思ったら上島でした。 

この離島甲子園、発起人は長年離島の高校野球指導に熱心な村田兆治氏。数年前まで140
キロ台速球を投げておられた。

長崎県代表が対馬ヤマネコボーイズという名前だった。対馬ヤマネコは福岡県の動物園では一般公開している。

佐世保市の亜熱帯動植物園でも既に受け入れてはいるが、一般公開はもう少し先だそうです。

たま駅長、カンブリア宮殿出演

ジロー10Aug25 (1).JPG

テレビ東京系列「カンブリア宮殿」96日放送分。


「地方公共交通の救世主」…和歌山電鐵の貴志駅の小嶋社長、とたま駅長も出演…と思えば、映像のみ。

いくつもの
地方公共交通の社長(と言ってもボランティアで、言わば名義貸しのような状況で実際の経営は各々の企業)を兼任する両備グループの小嶋社長へのインタビューがメイン。


「ぽちたま」やドラマ「ねこタクシー」を放映していたテレビ東京であるから、猫好きとして期待した自分は肩透かしを食らった格好であった。
…が、それも当然。

日経新聞がスポンサーの1つとして番組提供企業に名を連ねる「カンブリア宮殿」としては当然の番組作りであろう。
経済をテーマに据えた著書が近年多い村上龍氏が司会なのだから。

東京生まれの東京育ちの小嶋社長は岡山に移住した際、江戸時代の人物、岡山藩士・津田永忠のエピソードに感銘を受けたという。

村上龍氏も知らなかった人物なので、急遽調べてその知る人ぞ知る偉業を知り、「龍馬なんかどうでもいいからこの人を取り上げるべき」と発言。


長崎県出身の村上氏が言うのだから、私も大爆笑。
興味のある方、調べてみてくださいね。 

テレビ東京の番組作りの凄さを知らされた格好であった。
「浅草橋ヤング洋品店」通称、浅ヤン。

この番組以降、類似のオーディション番組を多く見た。

周富徳氏など、中華のスター料理人を輩出し、全国放送の番組で当の周氏が「浅ヤン」と全く同じような番組構成で出演していたのには笑止千万であった。

ジロー10Aug25 (3).JPG

佐賀市の猫カフェアローズさんが1029日に1周年を迎え、記念イベントとして「ニャンコ写真展」を開催予定だそうです。


ネコの写真であればアローズのネコ、飼い猫、野良猫でも構わないとか。
写真サイズ〜A4サイズ (はがきサイズが望ましい)、募集締め切りは9月末。
返却不可。

ネコが破く可能性があるため、返却できない場合がある…って 当然ですね(笑)。
詳細はお店ブログをご覧ください。
 

いくら「ネコの写真であれば」と言ってもさすがに他の猫カフェ猫写真では道義的にまずいのでは、と個人的に思います。もし自分が応募するのであれば、他店猫カフェ写真は送らないつもりです。アローズさんに失礼かと思うので。




まあ私は猫カフェ訪問回数自体が少ないけれども。両手の指で数える程度?
大分のAサファリ内キャットサロンを入れても回数少ないですね。 

で、応募する猫写真を吟味。
軽く
100枚はプリントしている写真のうち、多くの野良猫が「もう2度と会えない」子ばかり。
中には里親に引き取られた子もいるけど、ごく少数。


この子には会えないなあ…などと考えるとお店に寄贈!?する覚悟で自分が気に入っている写真はためらってしまう。
そうかと言って、元々下手なのに「これなら要らない」出来の写真を送るわけにもいかず。

いや、こんな出来でも居なくなった子なら尚更他の方、それも猫カフェに来られる方ならば猫好き前提だし、そういった方に見て頂いたほうが亡くなった(と思いたくないのだが!)子には供養になるのかな…。
 

昔撮影した写真の猫を見ていると切なくなる。
この子にはこんな思い出が、あの子には…キリが無い。 
見て頂いた方に確かにその猫が存在した、ということを知って頂く。その猫は少なからずある種の空間に生き続ける。
 

広い空間の中に。小さなカメラが捉えた瞬間に。暗いネガの中に。
小さな写真の中に。
 
ネガはネガティブ、ポジはポジティブなのだ。
今、書いていて初めて分かった。


アラーキー氏が言っておられたこと。
デジタルカメラだからネガと言ったら、相当しない。専門的なことは分からないけど。

暗室を通ったアナログなカメラ、生と死の境界線。
デジカメだとそれが感じられない、と。生き物を撮影するならば。深いなあ…。 

別項目で書かなくては。
 

チロ10Aug25 (3).JPG

チロ10Aug25 (4).JPG
ニックネーム suziestefan at 14:52| Comment(2) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

花火の音に驚いた犬

花火の音に驚いて、お散歩中の小型犬(犬種に詳しくないので不明。体高の低いタイプ)が粗相(大きいほう)をしていたのを発見。
「あらー。花火の音にびっくりしちゃったねー」
「バイバーイ、気をつけてね〜」と犬に向かって手を振ったら、年長者の飼い主さんが笑ってお礼を言われた。
犬に向かってタメ口だったのに、丁寧に返され恐縮…。

飼い主さん、失礼いたしました(汗)。

そこから少し離れた場所のあるお宅から、やはり花火音に反応して吠える飼い犬の声。
雷の音に驚いて失踪する犬も少なくないと聞く。

そう言えば、昨年の同じ時期に夏祭りに連れて来ていた犬が行方不明になり、タウン誌に迷い犬広告、コンビニに張り紙がされていた。

その犬と飼い主さんは佐世保市内在住の方ではなく、たまたま五島から来た方であった。
あれからその犬は見つかったのだろうか…。


Iki Feline10Aug07 (10).JPG


ニックネーム suziestefan at 15:19| Comment(3) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする