2010年04月29日

「ねこタクシー」第3回目。

猫の御子神さんは公園の土管に住んでいる。
間瀬垣さんは待ち時間に公園に寄ることにし、御子神さんはマセさん車にしゅるん!と入ってくる。

会社に提出する日報はいつも「今日も売り上げがあまり」的な内容で書くことに困る。
車内で御子神さんと話すようになる。
「妄想会話が俺には楽しい」…御子神さんとの会話を日報に書くことにした。



会社では同僚に言われる嫌味に「(教師の)奥さん稼いでいるから」と。
家でも妻にもう少し家計に協力してもらわないと…と言われる。
マセさんも元英語教師だったのだ。

コンビニで御子神さんのフードを買う。そのお金にも窮するようになる。
「御子神さん1人食べさせられないようでは」
マセさんは頑張ろう、と言う気になった。
仕事に対しても家で無視される娘に対しても。
娘は勉強熱心な子で、母が教師で一家の大黒柱なのに元教師の父が…なのが不満なのかもしれない。

 
御子神さんの影響か、マセさんは変ってきた。

売り上げトップの沼尻と食事して教えを請うことにした。
「何で俺に聞くの?」とイラつく沼尻。


マセさんの答えは意外だった。
売り上げや仕事に対する気構え(控え室で話を聞きながら売り上げ計算の手を休めない沼尻)も違うのに、「会社で他と浮いているのが自分と同じ」だと。
マセさん、やるね。
卑屈に教えを請うだけでは出来る人間は興味を持たないからね。

 

沼尻は「以前中学教師だった、って本当なの?」となぜかそっちに食いついてきた。
研修と称して沼尻の助手席に乗せてもらうことに。
さて、来週はどうなるかな?

 


野球川柳です。字余りが多いけど。

 
「鷹ローテ 左腕先発 4人いる」
「イグ今江 今岡ロッテは イイ内野」
今日は負けました…一日天下。光秀か。


 「お前の言うとおりに投げろ」と言ったら…


 

野球好きのアメリカ人夫婦に会った。
特にご主人は元キャッチャー。

杉内投手のタオルを購入しておられた。
私が川崎選手の大ファンだというと、何と川崎ボールペンをプレゼントして下さった。

ダルビッショ投手のことも大絶賛するので、私が持参したWBCの代表選手ファイルの中にダルがいないのを見てご不満の様子。
確か彼は芸能事務所所属?でマネージメントがうるさいのではなかったか?
そこら辺の問題かもしれない。

 

日本の野球を気に入ってくれているので、こちらも野球バカ振りを総動員。
交流戦の話もしました。

「杉内は数年前MLBで言うところのサイ・ヤングに相当する沢村賞を受賞。ダルビッシュも受賞歴がありますよ」
「うちの父や私はダルと杉内が対戦するのは勿体無いと言うの。正直、2人が良い出来ならば3対1でダルビッシュだと思う…。
他球団エースと対戦するのは他の投手でいい。杉内が負けるのを見たくない。野手が打てないことがあるので」
「松坂世代という表現があります。松坂と同世代はプロ選手が多い、特に投手が」

第2回WBCは見ていたそうだ。
韓国対日本の決勝、イチローを敬遠しなかった話題を振ったら、
「自分だったら1,2塁にランナーがいてイチローと勝負しないよ!」だって。
「韓国対日本って単に国対国、ではないのですよ。ヤンキースとRソックスみたいなもので」
「僕は韓国を嫌い。日本のようにフレンドリーではない」…以下、話が政治的になりかかったので、
「中国や韓国は欧州と近いので強くならざるを得ない。日本は孤島ですからね」とフォロー?したのであった。

敗戦国ですから、特に私は佐世保人ですから複雑な思いがあるのだけどね、アメリカには。
アメリカ(基本的に上から目線)もそうだろうけど。
ま、野球という共通語がありますから。

アメリカがWBCで2回も負けているのに日本を手放しで応援してくれるのは嬉しい。
今回は聞いていないが、MLBに何か失望する点でもあって、日本の野球に期待しているのかな?

 

「投手と喧嘩することってあります?」
「ナックルボーラーがいて、彼のナックルはシームが見える。自分はある局面で直球サインだったのに彼は首を振った。
お前の言うとおりに投げろ、と言ったら…打たれたよ」
2つのタイプの投手がいて…ということだったが、私の聞き取り不足かナックル投手のことしか聞けなかった。
いやはや。

 

「週刊新潮」に金本選手の連続フルイニング出場記録がとだえた件について書かれていた。
私が目にした中では唯一、否定的な見解。
私もずっと違和感を持っていたこと。
何か悪口を言いづらい雰囲気を持っている人っているよね…。

 

確かに偉大な選手、偉大な記録である。
でもそれってエゴじゃないのか。

若い伸びしろのある選手に門戸を閉ざしていないのか。
監督コーチが「出るな」と言えなくなっていないのか。
あるいはファンやメディアも。

3塁ベース上にさえ投げられない肩。それでようやく自分から辞退した、と。
金本さん、今後はどうなるのかな。


 Feline in Apartment10Apr20 (8).JPG


ニックネーム suziestefan at 14:39| Comment(2) | 「ねこタクシー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

ねこタクシー最終回!

ねこタクシー最終回録画しそびれた!
The time table of TV Tokyo channnel was diferrent, so I failed to record tne VTR of Neko taxie.

その日に限って放送時間が違ってた。録画したものを見たら、つるべえと松嶋さん。えーん。同じ芸人でも竹山さんを見たかったのだよー。映画、佐世保に来るかしら。
そのうちレンタルで「ネコナデ」「ぬくぬく」も探してみよう。

にほんブログ村に登録しているが、猫ブログの数や種類はとても多い。自分は野球ブログも好きなので登録してある種類や数は見たことがある。日本のプロ野球といえば12球団しかない。野球ブログ村ではそれぞれのチーム毎にジャンル分けされており、パリーグ、セリーグというジャンルもある。阪神や日本ハム(以前はリーグ内で一番ブログ数が多かったのはホークスだったが…)といった人気球団は200ブログを超えている。
猫ブログについては後述するが、200ブログを超えているジャンルはAショートヘアなどとても種類が多く、野球ブログ数の比ではない。NPBのほかに高校野球、大学野球、MLB,社会人野球、リトルリーグ、独立リーグ、韓国リーグなどがある。

では猫ブログのジャンルとは?


まず三毛、黒、白、白黒、キジ、茶トラといった色柄別のサブカテゴリーがある(2007年9月の時点で15種の色柄)。


それとは別に猫種別のカテゴリー。
Aショートヘア、ペルシャ、Rブルー、Aカール、Nフォレストキャット、Sホールド、アビシニアン…他多種(2007年9月の時点で猫は28種、犬は39種)。
野球のNPBが12どころではない種類があるのだ。


猫が置かれている状況によるジャンル分け。

多頭飼い、兄弟姉妹猫、芸猫、子猫、完全室内飼い、野良猫、地域猫、猫カフェ(カフェの経営側によるサイト作成とお客が猫カフェ巡りをしている各店舗紹介感想文の主に2種類)、ペットロス、介護猫、猫グッズ、猫マンガ、ブリーダーなど。
にほんブログ村の場合、1つのジャンルにおいてサブカテゴリーを3つ登録できる。
例えば「日本猫を白黒、キジ各一匹、Aショートヘアを二匹飼っている」というブロガーは、「Aショートヘア」「日本猫」「多頭飼い」という登録をするかもしれない。
勿論野球にしろ猫にしろ、ブログを運営しているがにほんブログ村に登録していないという人もたくさんいる。
ブログを作ってはいないが野球が好き、猫が好きという人だって多い(どちらも高齢の方が多いだろう…野球の場合往年の巨人ファン特に王長嶋のファン。猫だと野良猫の世話人に多いのは高齢者).
このような多数の猫ジャンル、ブログ数の中で人気トップに君臨するはっちゃん及び写真家のハニーさんなどは本当にスゴイ、ということだ。


「グッジョブ」というNHKドラマでサエコが出ていた。ダルビッシュ夫人ね。別の番組で大沢あかねが出ていてスザンヌの名前出してたのでああ!と思った。サエコがダルと知り合ったのはあかねちゃんの合コンだったそうだから。
ダルは川崎選手と親しいし、和巳投手はもしやダルビッシュ夫妻の関連でスザンヌと知り合ったかなあ?、なんて。ま、どーでもいいけど。奥さんだった方とお嬢さんが気の毒。

それにしてもタカ、右の先発が薄い。左と比べて差がありすぎ。
高校野球では「21世紀枠のチームに負けて」発言の監督がいたそうで。失礼な。


ニックネーム suziestefan at 15:58| Comment(5) | 「ねこタクシー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

ねこタクシー、来週最終回

ねこタクシーが放送されているのに気がつくのが遅かったので、早くも最終回が近づいた。

認知症の老婦人のひと言で御子神さんに飼い主がいたのでは、と探しに行った間瀬垣一家。
猫を拾った公園近くの介護施設を訪問。飼い主だった?老人は既に亡くなっている。
ぞんざいな口調の介護員が、身寄りのいない人だから遺品を引き取って欲しいという。
遺品は猫じゃらしなど猫の物ばかり。御子神さんと一緒に写った老夫人の写真。

猫は公園の土管に住んでいて、御子神老人と一緒のホームにいた老婦人が「素敵なおうち」と言ったのは土管のことだったのだ。「ねこ触った手でベタベタ!」介護員は御子神老人にも猫にも冷たい口調。
間瀬垣さんは「あんた、この仕事やめるべきだ…」

不景気だから「さしあたっての贅沢」を皆我慢するとタクシー会社の社長は言う。タクシー利用がその「さしあたっての贅沢」であると。お客へのサービスは当然であろう。映画版では室井滋さんも猫屋敷のおばさんで登場するそうだ。みーすけ君とは「やっぱり猫が好き」で共演しているという。
カンニング竹山さん、このところドラマ2本にバラエティショーに連日の出演。充実しておられる。


セルカークレックス

自分の写真メディアでストラップを作ってもらおうとフォトサロンに行ったけど、その機械を撤去していたのですね。
でも、セルカークレックスのミントちゃんのストラップを買いました。300円とお買い得ですよ。
サファリは野生動物のグッズが多く、猫サロンのグッズは少ないです。ラグドールの女王、サラ様には会えなかった。


清張原作ドラマにおける猫つながり


「松本清張スペシャル書道教授」を見た。ジェームス三木の脚本だけあって、女難の相、なんて内容になってた。
原作は読んだけどたくさん読みすぎて?どれがどれか混乱してる。でも筆占いなんてのはなかったような。
杉本彩が船越英一郎に「あなたの書が美しい、好きです」と言われて、なまじ人間性や容姿を褒められるよりも女心をくすぐられる、それは良かったけどね。
荻野目慶子はいつもどおり、やり過ぎ。杉本彩、野上由美子はとても良かった。手塚理美、、大場久美子、賀来千賀子、岡本麗はあの役ではもったいない。杉本彩は猫好きで知られる。嶋田久作も猫ブログというか猫の記事書いてるし。

先週放送された「霧の旗」では竹山、温水さんと猫ドラマ映画主演者が共演。清張ドラマで猫好きさんが集合!したのねー。偶然。
 
 

ニックネーム suziestefan at 17:27| Comment(2) | 「ねこタクシー」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする