2011年10月03日

Hawksリーグ優勝

Hawksリーグ優勝おめでとうございます!しかしあと2回勝たなくては。

「ねこころ」からの情報。
猫原ねんず先生の漫画。黒猫は猫同士でも嫌われることが多いとか。威圧感で?人間には懐こい子が多いけど。目立たないから目立つ必要があるのかな。白猫が集団で行動する、というのもそう?

下地のりこ先生「ねこ丼」
猫に百合の花を食べさせてはいけない。漫画の中では亡くなった猫に白百合を供え、火葬に立会い他の飼い猫に留守番させている間、霊園にあった猫雑誌でそれを知り、慌てて帰宅。病院に駆け込み獣医に事情を話すと驚かれ、胃洗浄をしてもらって事なきを得た…。
猛毒だということを知らない飼い主さんも案外多いそうです。

たぁぽん先生「にゃんコといっしょ」
雄猫にセクハラ!?する妻にドン引きする夫。キジ猫は「栗まんじゅう」タイプが多い…こ、これはつまり。想像して下さい。
白い大福だの黒ごま団子とは一体!? 猫の肉球写真集があるから、きゃ○た○写真集があってもいい…そ、そうですか。

白とミラと彼岸花11Sep15 (2).JPG

白とミラと彼岸花11Sep15.JPG

suzielily100 / suzielily100
野球川柳 ちょっと前の球界編 「引き受けろ 広告紙の 裏に書き」「信子さん 電話で察した 監督業」
ホールトン投手は日本の高温多湿に慣れる為、サウナに服着て入ったとか。侍精神の勘違いというか、やり過ぎではあるが。沢村賞の審査員 http://t.co/eHBoY9AE
 at 10/12 03:29
 
suzielily100 / suzielily100
野球川柳 「鷹ファンが 風呂場で1人 ビールかけ」「Bクラス それでもパリーグ 最多勝」「星野さん マーの賞獲り 後押しし」「仙一が 完封しろと ハッパかけ」「7回で 降ろさず田中を 投げさせた」「沢村賞 日本人が 優先か」「ホ http://t.co/bFFsL4bv at 10/12 03:28
 
suzielily100 / suzielily100
野球川柳「スコアラー 無ダにならねば いいのダが」「セに派遣 鷹スコアラー ツバメ竜」「千葉ロッテ 剛也と同数 本塁打」「おかわりと ロッテの本数 ほぼ同じ」「自打球は 悪スイングと 剛也言う」「ホームラン ヒットの延長 常套句 http://t.co/utqcCsLH at 10/08 03:43
 
suzielily100 / suzielily100
鷹は7年間で6回play-offで敗戦。こんなチームMLBにあるのかな?MLBはNPBのように6×2のイーブンではないのでプレーオフの意味合いも違うのでしょうが。ご存知の方、ご教示を。Dメッセージか@suzielily100で情 http://t.co/o5hQ6x3A at 10/06 21:05
 
suzielily100 / suzielily100
妄想野球川柳「愛子様 内川を見に 神宮へ」をupしたというのにswallowsが2位転落。愛子様がWBC以来、内川選手のファンだということなのでそれは是非いらして頂けるべく、と願いを込めて…でしたが。ただ昨年の正 http://t.co/lN2sxEI6 at 10/06 20:48
 

ニックネーム suziestefan at 23:02| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

猫の親子

中勘助の「猫の親子」
近所の飼い猫の三毛母子が作家の家に遊びに来る。本名を知らぬまま、母は小町、娘はおつぐと呼ばれる。共に器量がよい。赤蜻蛉を狙おうとする「みやびやかな姿と軽快な跳躍ぶりじっと身構えて三、四尺もとびあがり、拝むように両手を合わせてつかまえようとする」「小町は 今度こそとってみせましょうかというようにちらりと私たちに目くばせして−実は警戒心だろう。−何度でも同じ殺生をくりかえす

「あまり立派な」母猫のために一向目につかなかったおつぐもやがて「千斤の錘」のごとく、作者にとって「なかなかの代物」になってゆく。子供のうちは反応しなかったマタタビにも娘ざかりのうちに「ひっくり返って包み紙に頸をこすりつけた」
「猫にマタタビとはまさにこれ!」「さあそれからは雉子がくる、虎がくる、烏猫がくる、白がくるというあんばいで庭はきれ地の見本を並べたみたいになった」「娘一人に婿八人だから無理もない」
やがて小さな雉猫とあがってくるようになる。
私の膝一杯に寝そべり」「子供の全身を歯で掻いたりなめたりしてやり」「海鼠みたいにくっつきあってぐっすり寝込んで」「彼らの眠りを妨げないように」「書きにくい筆を進めるのであった

勘助の「犬」は犬好きの人がうっかり読んだら衝撃的な内容かもしれない。

中島敦「山月記」を男女の愛憎版にした…といったら乱暴すぎるか。
芥川龍之介、内田百閨A中勘助。ともに漱石の弟子で猫を描いた作品がある。
「我輩の弟子も猫を描く」といったところか。

長毛仔猫11July07 (4).JPG

長毛仔猫11July07 (6).JPG


ニックネーム suziestefan at 16:18| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

患者と猫

長崎の猫カフェのブログ,研究主任 様情報有難うございます!
しかしお店のシステムその他の公式HPらしきものが無い?多くの猫カフェがお店までの地図、猫スタッフ紹介、料金体系など必要な情報を網羅したHPを運営しておられるから、こちらのブログではどんなお店なのか解りづらいかな。開店したばかりでご多忙なのでしょうが。


BOSSの猫

普段は見ない番組である。ある日のドラマ終盤、倉庫の中に殺人犯役の坂口憲二、人質の少女と刑事たち。
「おじちゃんはいい人なの!猫にエサをくれた」と刑事に訴える少女。
身寄りのない少女と殺人犯にとって、公園の茶トラ猫は孤独をいやす存在だったようだ。犯人は逮捕される。
ドラマの殆どを見ていなかったので後半の回想場面で想像しただけだが。
「おじちゃん、どこ行くの?」「猫にエサを買ってくる」
最近「殺人犯だが、猫には優しい」という設定のドラマを2本見た。
人間不信ゆえに物言わぬ猫が心の拠り所…と脚本家がベタな発想をしているのだろうか?

患者と猫

梶井基次郎の「のんきな患者」より
「吉田の病室へ猫が這入って来た。その猫は平常吉田の寝床へ這入って寝るという習慣があるので」「不意にニャアといういつもの鳴声とともに部屋へ這入って来たときには吉田は一時に不安と憤懣の念に襲わざるを得なかった。」「吉田は猫の鼻が冷たくてその毛皮が戸外の霜で濡れているのをその頬で感じた。」「すると猫は大胆にも枕の上へあがって来てまた別の隙間へ遮二無二首を突っ込もうとした」
「方向を変えた猫は今度はのそのそと吉田の寝床の上へあがってそこで丸くなって毛を舐めはじめた」「そしてそれを何時まで持ち耐えなければならないかということは、全く猫次第であり、」
 
いつもは猫を受け入れていたようだが、今の吉田の体調はその余裕がない。
その割に観察眼が鋭い。
猫を飼っている人には思い当たる描写ではないか?

ペット店のサクラ

ナガオカケンメイ氏の「サクラなお仕事」を読む。

販売促進のために自社員をサクラとして投入する企業があるという。
いかにもありそうな話。「買い際屋」「並び屋」「住人モデル屋」「公園ママ屋」など36種のサクラが書かれている。
ところが。冒頭の「はじめに」を読むと「この本にはそんなサクラが紹介されていますが」「実際にはまったく存在はしません」とある。
そうだろうか?
氏は大変文章が巧い。説得力がある。
氏の注釈にも関わらず私が企業などのサクラの存在を信じるのは、有名人の講演会で「動員」を要請されたことがあるから。
「ペット屋」というサクラの項目。ペット店にペット購入の目的も無く、ふらりと立ち寄った時のこと。
筆者と同年齢ほどの男性がRブルー(氏は当時、その猫種を知らなかった)の仔猫を抱えて店内のトリマー室へ行こうとしていた。他の客に「きゃーかわいい」と囲まれる猫と男性。
猫を見るつもりで飼い主と目が合い、「抱いてみますか」ということに。
「こいつがテレビの画面をペロペロなめてさぁ」という男性の言葉は「店員に勧められる一種無責任なものではなくて」、ペットを飼えばどれだけ楽しいか説得力があるというもの。
そこへ筆者の心の隙間に、店員が「うちの店にも」と同じ大きさのRブルーを持ってきて畳み掛ける。
もうご想像どおり。飼い猫?を抱えた男性はサクラである。

私が某猫カフェへ行った際、お客の1人が「この店の猫の里親になったのですよ」と言う。とても感じの良い女性であった
が、何か誇張されたような過剰さであったような気もする…しかし、彼女がサクラであったとしても結果里親になってくれるお客がいるならば猫にとってはいいことではあるが。


黒白パンコ「猫の親子」11May27.JPG

黒白11July15「ペット屋のサクラ」.JPG


ニックネーム suziestefan at 15:04| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする