2011年06月15日

黒猫

島木健作の「黒猫」。筑摩書房「動物たちの物語」に収録。
初めて読む作家。札幌の生まれだという。
絶滅せんとする樺太オオヤマネコの描写。
何という孤独であろう! しかしそこには孤独につきまとう侘しげな影は微塵もない。」「後肢を持ち上げて小便を引っかけるに止まったのである! 鉄砲を持った人間などは彼にとってその程度のものにしか値しなかったのである」

オオヤマネコに感動した作者の家の近辺に犬や猫が徘徊していた。彼は犬の事は嫌いらしいが、猫には好感を持っている。
犬と猫とでは犬のほうがひどい。要するに人間に諂って暮らすことに慣れて来たものほど落ちぶれ方がみじめなのである」「そいつの前身は誰も知らなかった。大きい黒い雄猫である」「威厳のある、実に堂々たる顔をしている」
家に侵入して睡眠を妨害する者がいて、黒猫が犯人と目星をつけられた。作家は黒の命乞いをしてみようかとも思ったが、病床の身の上では母親に言い出せなかった。
「人間ならば一国一城のあるじである奴だ」「彼のような奴が棄てられたということは人間の不名誉でさえある。しかも彼は落ちぶれても決して卑屈にならない」

内田百閧フ「ノラや」のような飼い猫に対する愛慕の情ではない。

オオヤマネコを比したこの黒猫の運命は…ぜひご一読を。

動物たちの物語

筑摩書房はテーマ毎に作家の短編を集めて好企画の本を編む。
動物の物語を集めた本を借りた。
日本の作家が動物を主題にすると、悲しい話が多い。
エーメの「ウシ」、Jコリアの「名優ギャヴィン・オリアリ」はユーモアと風刺の効いた作品で、日本人に無いカラリとした感覚。 中堪助の「雁の話」は中島敦の「山月記」を思い出した。
日本人が欧州の話を書くと何かリアリティに欠ける印象があるのだが、中国を題材にすると漢文の原文を翻訳したような印象を受けるのはどうしてだろう。
猫好きになってからは読む本の傾向も変わったが、同じ筑摩でも以前の私ならば手に取らない類の本である。
文人というよりは別の仕事を持った作家もあり、出会えて収穫であった。


伊藤園のCM
中谷美紀が茶白の猫と共演。猫と着物の美女…いいニャ

おみくじ猫
ローカルにて放送。某神社で首輪をつけた黒猫がおみくじの箱に入っていた!箱の横ではグレーぽい猫もいた。
猫のご利益があるかな?

大統領と猫
佐藤優のエッセイと西原理恵子(も猫好き)の漫画のコラボが週刊新潮に連載。
メドベージェフ大統領は猫好きでプーチン首相は犬好きだそうだ。
さすがロシア通で「CREA CAT」に飼い猫と共に登場した佐藤氏。
彼の姉御分、米原万里子女史も猫犬エッセイを出しておられた。

ヒルナンデスに猫カフェ

番組予告をしていたので録画予約。しかし同じ時間帯に裏番組のTBSで田代島の猫のことを放送していたとは、不覚。
震災前に猫たちは逃げたそうである。予知したのであろうか?

森鴎外「雁」

「そしてあの格子戸を開けて、ずっと這入って行ったら、どんな塩梅だろう。お玉の奴め。猫か何かを膝にのっけて、さびしがって待っていやがるだろうなあ。」

Then I’ll slide open that latticework door, step right in−how’s that
for starters?

Otama’s there;she’s all alone with the cat on her lap, waiting for me
to come in.

NHKのJブンガクを見る。

クイズ番組で流暢な日本語で正解連発すキャンベル氏の英訳は見事。
夢野久作の翻訳は書店でも見た事が無いのでありがたい。
森鴎外には特に興味が無かったが、読みたくなった。


ジロー10Aug25 (3).JPG


JiroSportsNPaper10Oct24 (2).JPG

Jiro09Nov12 (1).JPG

↓漱石の「猫の墓」

猫と「猫の墓」11May27.JPG

黒白と小説11June10.JPG 


ニックネーム suziestefan at 15:02| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

漱石の猫

「幼な子が 供え水飲む 猫の墓」
漱石のエッセイ「猫の墓」を読んで下手な句を捻ってみた。

「文鳥」もそうであったが、夏目家では飼い猫の容態がおかしいのに淡々としている。
死後の埋葬や供え物のしつらえが手厚いだけに生前の冷淡さ?が解せない。
当時、獣医がいたのだろうか。いたとしても診察してもらうなど、一般的ではなかったのかもしれない。
猫に供えた茶碗の水をしゃくって飲んだ」「萩の花の落ちこぼれた水の滴りは、静かな夕暮の中に、幾度か愛子の小さい咽喉を潤した」

ここでおや、と思った。
「それから」の中で代助の前で美千代が花を生けている容器の水を飲む場面。
映画では美しい藤谷美和子を見て、息を呑んだのを思い出す。
果たして、この飼い猫が死んだのは明治41年。
小説「それから」が世に出たのは明治42年であった。


キャットサロン

寝姿しか見た事がないSフォールドのミミちゃんが大活躍。
短い手足を伸ばして尻尾を熱心に毛づくろい。
尻尾付け根を撫でると、足元にスリスリしてくれた。
猫毛を取るローラーの糊面を舐めていたら、後方にいたペルシャのカレンが鉄拳制裁。カレンも糊を舐め始めた。

スフィンクスのMIX猫達がガラスケージ内で窓枠をよじ登っていた。ヤモリ猫と名づける。
二匹のうち一匹の滞壁時間が長い。

Sレックスのミントは一番愛想がいいので、子供達が次々に抱っこしていた。
中には猫に無理強いする子もいて、猫カフェで入場年齢制限するのも無理からぬ事、と思われた。
ようやくミントが開放され、抱っこすると腕の上に乗ってふみふみしてくれた。延々と踏みしめているので嬉しい悲鳴。

ラグドールのサラ女王はフロアに出ていなかった。
グレー長毛種のナナは1階(サロンは2階)の受付女性の所に降りている。1人でいるのを慰めている優しい子かと思えば、ご飯収納庫のそばにいたいのだという。ナナはとうとう2階に登ってきてはくれなかった。

Rブルーはトリマーさんの肩上に乗る。
個性的な子が揃っておりカフェではないので飲食物は供されないが、楽しめる。

CSalonペルシャ11May07 (3).JPG

CSalonミントちゃん11May07.JPG

Rブルー11May07(2).JPG




 
ニックネーム suziestefan at 15:18| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

基次郎の猫

英国のキャサリン妃の報道。
姑のカミラ夫人と不仲説の記事で「Palace Catfight turns nasty」とある。
キャットファイト…辞書をひいていないが高貴な女性の喧嘩の例えであろうか?
長毛の老猫と若いアビシニアンの戦い、なんてね。

Rブルーの仔猫

飼い主さん達は可愛くて仕方が無いご様子。
一二三君という名前。
ご主人は野球好きだという。
そう言えば東海大相模高の投手が同じ名前であった。
ひふみ君はとても動きが早く、写真が撮りづらい。
この界隈にいた猫3匹に会えなくなったのは寂しいけど、新しい出会いが嬉しい。

ホークスは今季好調。
先発ローテーションは6人で廻り、右左バランスがいい。
大量失点の試合と言えば、ホールトン、攝津、岩嵜投手に1度ずつ。破綻が少ない。
こんな事は03年、当時20代の6人の投手でローテを廻していた頃以来である。
リリーフの馬原、甲藤投手を欠いている割には良くやっている。
パリーグで野手の失策数も1番少ない。交流戦前に2位だったが、今後はどうだろう。
パの中では総合力で日ハムだが、ロッテが毎年シーズン終盤で見せる爆発力も多いに不気味。
オリックスも金子、近藤投手の復帰次第であろう。
西武は昨年の交流戦でも優勝マジックが消えてオリックスに逆転された。ここ一番での脆さが気になる。
楽天は星野監督が先日、初めて審判への抗議を見せた。随分大人しくなったものだ。
シーズン中にコーチ陣の入れ替え(オリックスとヤクルトは以前シーズン途中で監督代行が名采配を見せた)
というのが吉と出るといいのだが。


基次郎の猫

梶井基次郎の「檸檬」を借りた。
31歳で夭折した作家であるが、これは短編集。長編作品はないようだ。
 
「交尾」「のんきな患者」に猫の描写がある。
以下、「交尾」より
二匹の白猫が盛んに追っかけあいをしていたのであるが、(中略)不意に彼らは小さな唸り声をあげて組打ちをはじめたのである。」「また仔猫同士がよくこんなに巫山戯ているがそれでもないようである」「柔らかく噛み合っている。前肢でお互いに突張り合いをしている。」「今彼らが突張っている前肢のーそれで人の胸を突張るときの可愛い力やを思い出した。」「こんなに可愛い、不思議な、艶めかしい猫の有様を私はまだ見たことがなかった。」
猫の描写はその一、とある。その二は河鹿のことが描かれている。
病床で執筆もままならない時期もあった作家であるので、動物の「生きる」様に惹かれるところがあったのだろうか?

↓居酒屋でスタンバってる猫一家。大胆な子は入店してるし!

親子猫11Apr13.JPG








ニックネーム suziestefan at 22:18| Comment(2) | 猫を題材にした書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする