2011年02月10日

Style Council

伊武雅刀主演で「ねこばん」なるドラマがTV東京で放送されていた。
「ねこタクシー」と同じスタッフのようだ。

放送中は不覚にも気がつかなかった。

2ちゃんねるでドラマ版の投稿欄を見たら、ねこタクと違って低評価。
同じスタッフと思えない出来栄えの様子。

 
伊武雅刀の人気が、特に男性に高いというのが意外であった。
「ヤマト」の一般的な人気と「スネークマンショー」でのカルト的な人気、ということらしい。

2chの投稿者は妻役のりりぃの大ヒット曲をご存じないらしい…。
彼女が猫好きかどうかは分からないが、名前や風貌には猫がとても似合いそうだ。

The Style Council


音楽酒場」様がStyle Council のレビューを書いておられる。

それもSting とPaul Wellerが各々パンク・New Waveの一時代を築いたポリスとジャムを解散させた後、共にジャズ的な方向へ向かったこと、2人を比較するという秀逸な内容の記事。目から鱗、であった。
ポリスの場合、3人の音楽性が良い化学反応を起こし、カナ様の言われるように「シンクロニシティー」ではプログレになりかかっている。


ジャムの場合、ポールの我儘に他の2人が付き合わされた感が…と言うと怒られるだろうが、とにかく継続はポール次第という印象が強い。初期スタカンの、とにかくポールが何を演っても楽しそうに聴こえる、プロモやライブ演奏のカッコ良さ、多様な音楽性。
それでいて「Money go round」等、曲によってはジャムを思わせる歌詞も。

「ソロになってからのPaul Wellerは、いまじゃイギリスでは誰からもリスペクトされるカリスマ」
それは知らなかった。
ジャム時代は辛口音楽新聞NMEの読者投票で部門別に1位を数年独占していた(スミス以前はジャムがそのような存在だった)、その当時に近い存在に戻った、ということか。
保守党支持発言!?したことで、ポリシーを変えたと批判された時期もあったポール。


StingのジャズやR&Bに根ざした音楽路線は、「何も貴方がそれをやらなくても」感があるのだけど。
近年の彼の曲を、特に日本で演奏したら、かなりの確率でポリス時代の曲に比べて受けない、などという事態になりそうだ。

ジャムとスタカン、それぞれの良さがあるけどスティングの場合はポリスとソロ活動の落差が大き過ぎるのかな…。

とはいえ、スタカンにも「けっ!」という部分が無いわけではない、特に日本において。
私もジャムは後から学習したクチ(英国での人気振りに比べて日本での知名度がやや低かった)ではあるが。

スタカンの場合、音楽性やジャム時代は無視されて「何かカッコいいからお店で流してみよう」とお洒落なカフェバー音楽として捉えられていたこと。
これはポールのせいではない、日本での捉えられ方が上滑りであったから。

勿論、真に音楽好きな方への入口というか、「この人素敵だから以前のバンドも聴いてみよう」となった可能性も多々あるが。

そういうのは他の事でも良くある。
小栗旬のファンが映画を見て芥川どころか今昔、宇治拾遺物語まで学習して「全然違う。役者なら原作の内容に挑むべき」なんて意見を持ってみたり、とかね!?


ポールの話に戻って。ジャムもスタカンもポールという人は「真っ直ぐ」である。
パーマのかかりそうにない直毛や直線で出来ているような顔立ち(これは増井修氏が言った)、といい。

聴いたことがないけど、多分ポールのソロもそうであろう。
中野翠氏が芥川のことを「顔文一致」と書いていたけど。ポールは「顔音楽一致」、ですね。

年を取ると、若い頃の曲に及ばない内容の作品しか出てこない、かつての作品をなぞるような曲しか。
そして、それは他の多くのミュージシャンもそうだし、聞く側の人間もまた、年をとっている。

頑迷に「今時の若い人の音楽は何も耳に届かない」といい続け、昔の作品ばかり聴く。
本当は「新しい才能よ、先達を駆逐せよ、出でよ!」と思いながら…
ま、聴く側にとっても年をとれば「ろんほっさまじゃすぱすみーばーい (Long hot summer just passed me by)♪シュルルル、シュルルパッ」...

みこと黒白11Jan26.JPG

チョコとスミス11Jan24 (2).JPG


ニックネーム suziestefan at 14:59| Comment(3) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

UK New Waveの元美少年

フザけたベスト10ですね(笑)
順位はつけられない美形揃い。意外?にも。ドラマーが4人もいる。 トッパーが在籍時のClashは4人全員カッコ良かった。
トッパーだけが怯えたような表情なのも(笑)。ああ、私の目の前でギターを壊して下さい、ミック様(笑)。

クイーンのロジャーも入れて良かったけど、New Wave限定で。


1. Paul Weller
2. Kevin Haskins (Bauhaus)
3. Rodney Allen (Blue Aeroplanes)
4. ABC のドラマー
5. Roddy Frame
6. Nick Hayward
7. Ian McCalloch (Echo and the Bunnymen)
8. Stephen “Tin Tin” Duffy (Lilac Time)
9. Steve Jansen (Japan)
10. トッパー・ヒードン(The Clash)

次点;Allan (Depeche Mode), Green (Scritti Politti) 
番外;Peter (Virgin Prunes のグッギの弟、U2 “Boy”,”War”アルバムジャケ写の美少年)

Virgin Prunesは「If I die, I die」などと怖い題のアルバム出していた。
恐ろしい形相の方々ばかり、と記憶が…Peter君もどんなオッサンになったかなあ。

Greenはねえ…肥り過ぎ。


Weller先生はもう別格の美しさですね。「Long Hot Summer」のPV、下僕、じゃなくて(汗)、ミックがボートを漕いで上半身裸体のPaul王子が! これ、Jam時代からの、特に男性ファンは怒っただろうなあ…。

反論ある方はこれ以上の美少年リスト提出するように(存在するわけが無い!→爆) 




ニックネーム suziestefan at 22:41| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

洋楽Best10(裏)rev

猫を飼っておられる方が猫カフェへ行くと、カフェ猫は「スレて」いるように感じるのかもしれない。
The Cat-loving people who have their own cats may feel cats at cat cafe behave grumpy, "know-it-all " attitude.

それと常連客にも。
Also, you may feel uneasy to the one who visits cat cafe frequently, because they are know-it-all jerk .


ただ、基本「猫が飼えない」人がお客の大半。

実際に猫飼っている方ほど猫に詳しくないはず(私がそう)。


だから飼っている方が常連客にビビる必要はございません。

私など遠いので常連にすらなれません。
そもそも猫飼っておられる方は猫カフェに行く必要もないわけで。九州で唯一の「猫カフェ無か崎県民」であるから。
遠く佐賀市、福岡市まで猫カフェの猫求めて行くこともあるのだから。

作家の飼い猫の死


猫好きで知られる作家の保坂和志さんの猫・ジジが永眠。
一昨年に同じく猫のペチャを亡くされている。
2匹のご冥福をお祈り申し上げます。


保坂氏は私の知る限り、作家の中で一番内容の濃いサイトをお持ちである。

管理している方は別におられるようだが。
その名も「パンドラの香箱」
勿論、猫が香箱を組む、とパンドラの箱に引っ掛けている、素晴らしい題。
著作の一部を読むこともできるし、飼い猫達の写真や猫交遊録。
そして掲示板ならぬ「掲示保坂」
読者と直に作家がネット上でやり取りする、これは他の作家サイトでは見た事が無い。
人気作家、流行作家とは言えないかもしれないがコアなファンが多い。
私が初めて彼の文庫本を目にしたのが福岡の「ヴィレッジ・バンガード」の書棚であったし。
茶トラの猫(保坂ファンなら誰でも知っている「チャーちゃん」)が香箱を組む表紙と大島弓子先生のレビューに惹かれたのであった。
掲示保坂に投稿してみたいが、投稿者たちがいずれも鋭い方ばかり。
磯ア憲一郎氏も投稿することがあるし。


興味のある方、保坂さんの著作を読んでみるか、その前にHP見て下さいね。


洋楽ベスト10(裏)解説


1 There is a Light/ The Smith

スミスの曲は名曲が多いが、この曲の美しさ、無常観には脱帽。歌詞も怖いといえば怖いのだが…。
2階建てバスや10トントラックがぶつかってきて、死ねたらいいと〜♪マンチェスター2人旅(BY 山本譲二じゃなくて、モリッシーとマー)…などとお茶らけて良い内容ではない。
こんな内容の歌詞を書く人も、これを浮遊感のある声で歌い上げる男も、いない。彼の言うyouとは誰なのだろう。

かつて「外に出たいけど着る服がない(This Charming Man)」と唄った男は「明かりが見えるけど自分には帰る家もない」と言う。
フランス人に比べて「衣食」よりも「住」、つまり家にこだわるという英国人。モリッシーの言う家は見つかったのだろうか。


2  Wild is the Wind / David Bowie

ボウイの超絶歌唱力が顕著な名曲。ただし彼のオリジナル作ではなく、Dimitri Tiompkin, Ned Washingtonというクレジットがある。 


3 Unless/The Pale Fountains
彼らの1stアルバムに収録。ネオアコ、という呼称は好きではないが。R・ミュージック(私は好きではないが)ぽさも感じる。


4 Green Isaac/ Prefab Sprout
1stアルバムに収録。パディーの作詞作曲能力の高さを感じる。このアルバムでは「Cruel」が人気だがこちらのほうが好き。


5 The Human Jungle /The Jazz Butcher
ノーザンプトン出身の伊達男、ブッチと相棒のマックス・イーダー中心のバンド。一時期、元BauhousのDavid Jも参加。ファンの間ではマックスの評価が高く、彼が脱退後は音楽性も変わった。
ブッチはNHKBSで放送していた「Transmission」ではPat Fishと名乗り、VJをやっていた。


6  Cattle and Cane/The Go-Betweens
豪州からまるで英国、のような音楽性を持ったバンドもいた。
中心メンバーのグラントとロバートを「2人で演っていた頃の小田和正と鈴木康博」と言ったら友人が激しく同意。
リズムが面白く、曲作りもユニーク。この曲の最期の朗読部分が美しい。


7  Stay/The Blue Nile
Scottland出身の3人組。英国帰りの年上友人に聞かせたら、「もどかしげな、わざともどかしげな?ヴォーカルをシンセ音が追いかける。この音、新しい」
ライブ活動をすることが無く、寡作であるが同業者の評価が高かった。
歌詞はシンプルでこの曲など気恥ずかしくなる位に直球な内容。
「Stay, stay, and I will understand you」ですよ、何たって。
英国人男性が「どんな音?」と聞き「Electric soundだけどacousticな雰囲気」と言ったら納得?していた。


8  The First Picture of You/ Lotus Eaters

1stアルバムに収録。バンド名は確かギリシャ神話から取ったのではなかったか。
これも「The First Picture of You The First Picture of summer, see the flower scream their joy」などと青春すぎてこっぱずかしい歌詞、でも許す。


9  Yellow/Gang Way
1stアルバムに収録。デンマークのバンド。スキップを踏みたくなるようなアレンジが可愛い曲。
アランのヴォーカルは冷静だが時折、熱くなるのもいい。


10  Oblivious/ Aztec Camera
タイトルは「何かに没頭して忘却の彼方」…の意味だろうか?
ネオアコの大御所。この曲のギターいいですね。
ジョー・ストラマーを尊敬し、寝惚け声でV・ヘイレン「Jump」をカヴァーし、なぜかジョニー・マー脱退後のスミスへ!?、も噂されたロディー先生。

これらのアーティストはどの曲がベスト10に入っても遜色ない。

ただ、アズカメよりも好きなバンドは多くある。

Its Immaterial 「Driving Away from Home」、Philippe Voa and the Voodoo Club 「I dedicate my soul to you」、Squeeze 「Last Time Forever」、 XTC 「This World is Over」等もベスト10に入れていい位の名曲。

ただし、バンドとしてはそう好きではない。
皆様の「裏ベスト10」も教えてね。


ニックネーム suziestefan at 16:00| Comment(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする