2010年10月29日

猫と画家 J・E・ミレー

岩隈投手が去って?(まだMLB行き先未定のようですが)斉藤、大石投手がパリーグへ。

良くできたものだ。
手強いだろうなあ、鷹には。

猫と画家 J・E・ミレー

ラファエロ前派の画家たちが描く絵画が好きだ。
特にこの画家がというのは無いのだが、兎に角女性達が頽廃的で美しい。

英国の女性でラファエロ前派の女性のような容姿の人がいる。

ミュージシャンのケイト・ブッシュはロセッティの絵から抜け出てきたようである。

SIR
ジョン・エヴァレット・ミレーのオフィーリア。 

女優のヘレナ・ボナム・カーターがまさしくあのイメージ。

JE・ミレーの「Puss in Boots

私が所持しているポストカードの裏面を見ると、
1877年制作の作品。

英国の王立美術院(ロイヤルアカデミー)の会長となり、准男爵の位も得た頃。

5歳位の金髪の可愛らしい少女が膝に人形を置いている、というよりは足の部分だけが膝に乗り、胴体と頭は床に投げ出されている。

人形の足は剥き出し。
足だけが白い三毛の仔猫が少女の左前方に立っている。

顔は見えず、後ろ姿で尻尾は上にピンと立ち上がっている。

後ろ両足には白いレエスの靴。

靴の上部には赤いレエス、赤い紐も見える。

どうやら少女は人形の靴を脱がして猫に履かせたらしい。

尻尾が立っているところを見ると、猫は小さな靴を履いてご機嫌なのだろうか。


Aウォーホール

ポストカードを収集している。

絵画、ミュージシャン、映画、写真など。

 集めたカードは大好きな無印良品(私の地元には無い)のクリアー年賀状ホルダーへ収めている。
クリムト、モディリアーニなど一番好きな画家のカードは
1冊に纏まるくらいに沢山ある。 

猫が好きになったのは2004年以降。
カードの中に猫の絵や写真も加わるように。


 
これといって猫に興味の無い頃に購入したと思われるカード…2枚猫が描かれたものが。

 アンディ・ウォーホール「25 Cats Name Sam and One Blue Pussy

白地にグリーンの猫の絵。眼は紫色。


顔はやや左を向いており、右後ろ足と腹の下の左前足が見えている。


右前足は右方向、つまり顔と反対方向という構図。
わりと可愛らしい顔立ち。

みーと彼岸花10Sep29.JPG

 
猫を二匹飼っている米国人のDにウォーホールの表紙メモパッドを貰った。


日本製のメモノート類と違い、中の紙は真っ白で猫模様が無いので素っ気無い。


3
冊、それぞれ別の猫絵柄である。

ウォーホールもかなりの猫好きと見える。







ニックネーム suziestefan at 15:01| Comment(3) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

YAMINABE展 やみなべ

友人S君がYAMINABE展を先週木曜日より、佐世保市島の瀬町の佐世保市美術館にて開催しました。


やみなべ・聖佳09Nov21 (1).JPG

やみなべ・聖佳09Nov21.JPG



やみなべ・聖佳09Nov21 (3).JPG

多分昨日かおとといで終了したことと思います。
S君、参加アーティストの皆様、お手伝いなさった方々お疲れ様でした。

土曜日の企画、4時からS君ともう1人の女性がDJ?のセイヤさんのエフェクターその他の
リズムに乗せて即興作品を描きあげるという趣向。

制限時間を設けて、1分毎にタイムキーパーさんが数字を書いた紙を掲げる。
15分過ぎたあたりで1分毎に撮影すれば良かった〜

やみなべ・聖佳09Nov21 (13).JPG

完成する前の作品も面白かった。

やみなべ・聖佳09Nov21 (12).JPG


この種のアートパフォーマンスは佐世保では珍しい。

やみなべ・聖佳09Nov21 (10).JPG

面白いイベントでした。

やみなべ・聖佳09Nov21 (6).JPG

長崎尾曲がり猫学会シンポジウムに行きたかったけど、
家が床張替えその他でドタバタしていて外出できず。
残念。
学会の皆様、京都大学の先生にも会いたかったです。

猫写真

森繁久弥氏のご冥福をお祈り申し上げます。
「猫と庄造と2人のをんな」の映画にも主演しておられたのですね。
ちょいとイメージが違うけど、やはり社長さんとか立派な方の印象が強くて。


Feline in BeautyShop09Nov15 (2).JPG

↑某美容院の猫ちゃん。

デュラムおばさんのパスタ

デュラムおばさんのパスタ、これは明太子。
インスタントとは思えぬ美味しさ。
しかし九州人としては明太子ものをインスタントで食べるのは抵抗ありかなー。

ホテルサンルート09Nov15.JPG

ホテルサンルートのビュッフェ。
ランチバイキングで980円、ドリンク別料金。
なんか朝ごはんのような庶民的な品々。
でもなかなかですよ。

ペット専門のアセラブログ猫その他ブログ約540中、ランキングがなんと9位!
17位とか一時的に12位になった時は驚いたけど
上昇しているのはアクセスしてくれる皆様のおかげです、
有難うございます!


猫飼ってるわけでもないのに、申し訳ない気がしますが。


Feline09Nov14 (2).JPG


トップに君臨なさってるのは町田の猫カフェ店長さんブログ、超面白くてファンです。

↓昨年行った長崎
長崎歴史博物館では猫写真の展示が。

I could not attend Nagasaki Neko (cat) Reserch association sympogium on Monday.
Nonta, The icon of its association appeared there.
Wish if I could have been there!

08Oct21長崎 (8).JPG



08Oct21長崎.JPG

Last year I went to see Exhibit of cat photo at Nagasaki Historical Museum in Tateyama, Nagasaki.
They also exhibited cat dolls and other cat related stuff, mainly Beckening cats (Manekineko).
They looked so cute.

I hear Manekineko becomes popular in Europe.

08Oct21長崎歴史博物館.JPG

08Oct21長崎歴史博物館 (1).JPG

08Oct21長崎歴史博物館 (2).JPG

白猫母娘

 

娘に触るなー!シャーッ、ざくっ! 痛い!(実話)…
何と日除け手袋の上から右手甲に2箇所ざっくり。
手袋も引っ張られ脱げました…

この子らはオッドアイ(片目が金眼)ではありません。

白猫って他の色模様の子よりも視力が弱い?のでしょうか。
あれ?と思う場面がありました。
元々が猫って聴力嗅覚よりは視力弱い?のでしょうが???
オッドアイの子は幸運をもたらす、ともいいますね。

どなたかご存知でしたら情報下さいませ。

白猫のオッドアイ姉妹(1匹だけ)の写真を猫飼ってるアメリカ人に見せたら
「この子は完全な白じゃなくて頭部に黒い毛が少しある、
聴覚(オッドアイは耳が聞こえてない?と聞いたことある)はある。それともう1匹の幸運もこの子が背負ってる」ということでしたが。


嬉野の和楽園に行きました。
カメラを忘れて陽気なサザエさん…♪
みんなが笑ってる〜

ふん、いい気味〜♪

コーチ監督人事

ホークスの森脇さん辞任?にもだけど、大石さんにも驚いた

しかもコーチって格下げやん、監督だったのに。

秋山さんのほうが若いので尚更。
そういえば、かつての西武→巨人の伊原さんもだった。

昇格って、尾花さんだけやね。
それとも横浜だから…(涙)

キムタク選手引退だって。
日本一でキャッチャーも10年ぶりにやって。
かっこいい。

そんな花道を飾ってあげられず、ごめん、的場、山田(2人ロッテ!)、篠原、本間選手(行き先は!?)

韓国イボンスにもびっくりしたハムニダ。



 09Nov12 (8).JPG


 
Feline09Nov14 (11).JPG


やみなべ・聖佳09Nov21(2).JPG

ニックネーム suziestefan at 14:41| Comment(4) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

YAMINABE展 やみなべ

友人S君がYAMINABE展を今週木曜日より、佐世保市島の瀬町の佐世保市美術館にて開催。

各参加者の展示物アートの他にも,変わった計画が。
今日は土曜日ということで、4時からS君ともう1人の女性が
音楽家というかDJ?のセイヤさんのエフェクターその他のリズムに乗せて即興作品を描きあげるという趣向。

この種のアートパフォーマンスは佐世保では珍しい。
司会の女性は人前で話し慣れた方で、スムーズに進行していました。
もう少し遊びの部分があってもいいかな、と思ったけど。
若い彼女からすると大御所のお2人だろうから、イジリづらかったのかもしれない。
初めての試みということですからね。

お客が身内的な人が多く、勿体無いかな。
宣伝とかもう少し工夫されたら良かったのでは。
興味ない人でも来て頂く価値のある、それくらい面白いイベントでしたので。

猫とお花

女の子はおしゃれしなくっちゃ、だのー。

うるさいおばしゃんがこっち来い、って言うから来てやっただのー。

そしたらキレイなピンクのお花があるじゃなーい?
アタシにぴったり〜♪(…喜んでる振りしてんのよ、
さっきママが五月蝿い!って引っ掻いてやったら
おばしゃん悲鳴あげてた、いい気味〜)

ジレンマ

しろあり駆除やら床のため、家の中が落ち着かないです。
作業員さんは一生懸命しておられるのだから、うるさいと思っては悪い、言えないのジレンマ…

作品を書く自分と実際の私生活の自分

林真理子の短編集と松本清張の「花氷」を借りて読んでいる。
林さんによく言われることが、エッセイが面白いしマスコミへの登場も華やかであるから、
小説でやや先入観を持たれて読まれてしまう、そこらへんかな。

清張の作品に出てくる登場人物と特に女性を比較してみると林さんの場合、
彼女自身の投影図であるかのような女性が多い。
その点清張は似たような人物が他の作品にということはあっても、
清張自身が見えてくるという人物像はそんなに感じられないような気がする。
なんかもっと客観的で突き放し、外から見てます視線がある。

作家の場合、作品を書く自分と実際の私生活の自分とは別、という切り替えが完全に出来るのかな。
三島由紀夫の場合、本名が平岡公威だったかな、
ハイソ(死語)というか今の言葉で言うとセレブな名前を付けられて、
その時点でもう、貧しい家庭の何人も兄弟がいる末っ子で捨吉、なんてつけられた子とは違うわけで。

県立大図書館09Nov16 (2).JPG


県立大図書館09Nov16.JPG

やみなべ・聖佳09Nov21 (8).JPG

ダカフェ日記09Nov16.JPG


ニックネーム suziestefan at 17:32| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする