2011年11月10日

Aカールの三毛

記事アップが前後したが、大分Aサファリ内のCat Salonへ行った。
九州の猫カフェとしては福岡市のキューリグ大名店や沖縄県のお店が初めて、という事であるが私の認識ではキャットサロンのほうが早かった。飲食物を提供するカフェ形式ではない。同じ建物内の1階に喫茶店があるがサロンへ足を踏み入れた人がその前後に入店するかというと、そういう人は少ないようだ。
サロンにいるのは純血種の猫ばかり。建物の2階に登る前に入場料300円を支払う(サファリ入館料別途)。
一般の猫カフェと違い、土足のまま入場。荷物を預けるロッカーもない。手洗い場と消毒液はあるので各自で猫に触れる前に洗うこと。猫毛を取るローラー、猫じゃらしや猫関係の書籍は置いてある。サロン内のTVではAプラネットなどの猫番組DVDが放送されている。
サロンへは数回訪問しているが、今回初めて見た猫が何匹かいた。中でも一匹だけいた猫種・アメリカンカールの三毛嬢の美しさ、人懐こさに夢中になった。
他にヒマラヤンの子が2匹、猫種が分からないが白グレーの長毛種の子、この合計4匹。過去の訪問では見た事がなかった。お陰で今まで会った事のあるベテラン猫達と触れ合う時間も撮影した写真も少ない、という事態に…ごめんね、ミント、カイ、プリン、かりん、リオン、あんず、ぷっく (猫種は各々セルカークレックス、シャム、ペルシャ、Rブルー、Bショートヘア、Eショートヘア)etc.
ミミ、ナナはSフォールドでぼたん(黒毛)とルナはAショートヘア。
ガラスケージ内に様々な猫達が猫種毎に入っている。上記の猫の他にスフィンクス(ピンキーちゃん)、ラグドール(サロンのツンデレ女王・サラ様)、メーンクーン、アビシニアンなど。

他の猫達は避妊去勢手術済みであるが、スフィンクスだけがアビシニアン?か何かと交配、ピンキーちゃんの子供達がいる。一見キジ白柄に見える猫達が数匹いるが、彼らがその子たち。短毛種の猫である。
スフィンクスは以前日本ブログ村の猫ジャンルで検索したら3ブロガーしかいない。アメショなどの人気猫種のブログ登録数は200を越えるものもあるし、勿論ブログをやっていない飼い主も多くいるのだろう。そ
れでも日本人好みの種とは思えないので、スフィンクスの数は日本国内でも少ないと推測される。
ピンキー嬢はとても懐こい。この猫種に触った事のある人はご存知だろうが、ビロードのような、ヌーディな手触り。
外見はE・Tに似ていて、毛が生えていない。
このサロンで目にするまでは「あんなの、猫じゃない。ブリーダーのエゴの結晶」と思っていたのだが、ピンキー嬢に会ってその考えが変わった。普段はガラスケージ内に入っている。寒い時期は彼女だけが洋服を着せられている。
飼育員さんの中にとても愛嬌の良い方がいて、彼女が私の事を覚えてくれており、わざわざピンキーを出して下さった事がある。その方はここ数回の訪問では見かけないので、園内で移動なさったのだろうか?

アメリカンカールの三毛の愛らしさに夢中になり、訪問後、調べてみた。
猫種としては新種で「1981年にカリフォルニア州のルガ夫妻の家に迷い込んだ、黒く長い毛を持った雌の子猫が発祥。外向きにカールした耳を持ち、Shulamithと名づけられた」とある。シュラミス…再出発を前提に閉店した原宿のCat Roomチャマモにいたあの子と同じ名前。そうか、チャマモ様は先祖にちなんで命名なさったのか。
CサロンのAカールは名前を聞き忘れたが、全てのAカールはルガ家のシュラミスの子孫であるという。ということは、あの美しい三毛はチャマモ様のシュラ君とも遠縁にあたるということになる。


American Curl11Oct22.JPG

タワー上の長毛種11Oct22.JPG

CサロンCatタワーの猫11Oct22.JPG

あくび猫11Oct22.JPG

ナナ、Aカール11Oct22.JPG

続きを読む

ニックネーム suziestefan at 23:05| Comment(2) | キャットサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

キャットサロンの猫

Aサファリのキャットサロンへ行った。
スフィンクスのピンキーちゃんと彼女の子供たち(他種との交配なのでMIX)、ラグドールの女王・サラちゃんはフロア内に出されていなかった。
サラの代わりに!?、不機嫌な女王振りを発揮していたのがグレーの長毛種、ナナちゃん。
触ろうとしたら唸る。
ナナがサラのような態度を取るのは初めて見た。
彼女は1階(サロンは2階)の受付にいることがある。
受付にいるトリマーさんを気遣うのはナナだけ。

優しい子である。
「ナナちゃん、いいわー」と家族連れの30代パパさん。

私が彼女を「キレキャラ」「ツンデレ系」と言うと逐一ウケてくれた。
直ぐにお腹を見せて転がる猫よりもナナのような子をお好きとは、通である。

いつものお気に入りソファに座っていたのはセルカークレックスのミントちゃん。

彼女と同じ椅子の右端に座っていたのはペルシャ?のプック。
この2匹だけは名前を呼ぶと顔を向けた。

ミントは時間をかけて接すると、腕の上に乗ってくることもある。
以前、日除け用の長手袋の感触を気に入ったのか、腕の上でずっとふみふみしてくれた。


寝ている子が多く時間が無いこともあり、あまり猫達と交流することが出来なかった。

 子供入場の制限をしていないのだが、この日は一部の子供たちを除き、ひどく猫を追い掛け回す人はいなかった。
お客の数は多いのにも関わらず、穏やかに接する人ばかりであった。

ガラスケージ内にはライオンの赤ちゃんもいた。
隣の建物ではライオン赤ちゃんとの写真撮影も可能。
ただし、これは時期によるので、ご注意。

 

野球川柳の醍醐味?

 詩、俳句、川柳などを自分で創作するのは得意ではない。
短い言葉で行間を読ませる、読む側の想像力を喚起する…難しい。


新聞の見出しも然り。
今流行のツイッターも「チャイなう」だけで今中国に来ていますよ、と通じるのだから。

福岡のRKB毎日放送「ホークス歌の応援団」で初めて野球川柳なるものを耳にした。
福岡ドームでの中継後の放送で、リスナーから送られたものを発表していたと記憶する。

当然その日の試合結果が反映されたものが多かった。
テレビでは有線のスポーツアイESPNでも今季、募集していた。

ねこ川柳は写真集も見たし、名手が多く私がやらなくても…の感が。 でも野球川柳ならば巧拙は別として、次々に浮かんでくる。


野球川柳の理想。

野球に興味のない人でも分かって貰える句ができたらいいな、と思う。
タイムリーなものが基本であろうが、旬の時期を過ぎても面白く詠めるものが創作できたら、とも。

「千葉マリン 『今江』ウグイス 声に張り」
「セの一塁 該当者無し Gグラブ」
「お立ち台 授かりましたと 言ったのに」
「岩隈と アスレ金額 折り合わず」
「タカマツコ 里田の前で ノムの真似」

タカトシのタカさん、マツコDXの姿で野村さん物真似、「マー君神の子…」と直球でした(笑)
「最多勝 和田と千尋の スギ隠し」
…本当は「沢村賞」で句作したかったのに。

杉内投手には2度目の沢村賞を受賞させたかった。
 「ダルに勝ち 成瀬に負けて 泣きスギた」
「スギとナギ 嫁が姉妹で 義兄弟」
「杉なぎさ 嫁が姉妹で アナウンサー」
「大名の 鐘もパレード 祝っタカ」
「7年前 小久保もいたと アナ誤報」

FBSの仲谷アナ、素敵な方ですが優勝パレードの報道で地雷踏みました!
小久保選手は怪我で03年日本一に貢献できず、無償トレードのお家騒動があったのにそれを知ら
ない若い世代なのだ、と痛感…。

間違えた彼女が悪いのではなく、7年もファンを待たせた挙句があの結果ですからね。

珍プレー好プレー、が無くなったから記者が野手の好プレーを知らず、ゴールデングラブ賞が該当者無し(その
セリーグのある守備位置に関しては他にも要因有り)、などという事態になるという報道があった。

中居はセリーグ馬鹿なのが気に入らないけどね。
出世する前のみのもんた氏だから良かった、というのはあるでしょうが。
中居司会、アンタ・山崎の“珍ナレ”で「珍プレー好プレー大賞」が復活


同じ記者会見で海老蔵は非難ごうごう、ハンカチ王子は年上球団社長に「持ってるな」(このフレーズ最初に言ったの、イチロー様ですよ!)でも笑って貰える。

最近いい男さん達ニュースが多くて女性としては面白いけどね。


城島捕手が手術したけど、例年の地元自主トレ、どうなるのかな。
ジョー様、お大事に。

森本稀哲、の名前漢字が分からずに日ハムの選手名鑑探したら既に登録外れ、では横浜はと見たらまだ入力されていない。
こういう所も横浜さん、ヤバイですよね…折角来てくれるのに。
好き好んでやばいチームと契約した森本選手に男気を感じます…

「ガン稼頭央 メジャー帰りの 二遊間」
「岩隈に 悪いと今言え 松坂よ」
「日本人 評価下げたは ダイのせい」
「FAで 来季行けばと 仙チクリ」
「西村と 隈信仰を 同じうす」
「海老蔵が 収入いくらと 赤星に」
「腕相撲 エビに挑まれ 鳥のエサ」
「腕相撲 赤星代打は 鳥谷に」
「赤星に ケンカは負けぬと エビ凄む」
「持ってると 最初に言ったの イチローだ」
「8000人 入団前から 大騒ぎ」
「ハンカチと 梨のバッテリ セレモニー」
「同じ日に 契約更改 まー憮然」 



CSalonミント10Nov13.JPG


ニックネーム suziestefan at 22:24| Comment(6) | キャットサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

Aサファリで聞いた動物情報

猫の毛色と性格 

猫や犬のイラストが表紙になっている男性漫画誌で「テツぼん」という作品を立ち読みした。
鉄道マニアを主人公としている。

知人女性を東京案内する際、たまたま入ったカフェが「あら、猫が多いね」…猫カフェだった。
有り得ない設定。猫がいるお店だと知らないで普通のカフェだと思って入店するお客はほとんどいない、と思うのだが?
それとも実際にそのような経験のあるお店があるのか?

この鉄道漫画に盛り込まれていた「ねこ」設定は他にもある。
ある廃線になりかかった鉄道の女性職員が猫を可愛がっていた。
営利目的でその猫を「猫駅長」にしたらどうか、だってさ。

猫カフェアローズさんからの引用「猫の毛色で性格が大まかに分かれている」
あらら…何となくそんな気はしていたけど。
以前WIKIで調べた猫の項目では性格まで書かれていなかった。掲載されているかもしれないが。

茶トラ&シロ
「allabout」より
『基本的には甘えん坊さんだけど、ちょっと恐がりで、回りくどい愛情表現を見せる子が多いようです。
赤遺伝子特有のリセット機能の早さで、自分の失敗をすぐに忘れて、また同じことを繰り返す、うっかり屋さんが多いようです』

…私が会いに行く茶トラ白の数匹に関しては当たっているようです
特に甘えん坊、回りくどい愛情表現を見せるという点。恐がりではないなー。
他の色柄の子が人に慣れないうちに↓(下の写真の子)、真っ先に慣れるし。

回りくどい愛情表現、これは全身茶トラの子でいますね。
触ろうとすると逃げるのに、帰ろうとすると追ってくる。

白い猫は、白内障などの目の病気にかかりやすい?
白は色素が少ないので、黒猫に比べると弱いと一般的に言われている?
黒猫は甘えん坊が多い。
こちらもアローズさんブログ投稿者さんと店長さんが書いておられた。
茶トラ猫は尿路結石になりやすい、と他のブロガーさんもかかりつけ医師に聞いたそうだし。
どなたか詳しい方、情報くださいませ。

アメリカ人に聞いた話では
「全身白で片目が金目の子は聞こえていない」…私が見せた写真で「この子は頭に黒い毛が少しあるので、聴力が全くないわけではない。(兄弟白猫の写真を見て)それと、もう1匹の幸運もこの子が背負っている」ということでした。
オッドアイの子が幸運をもたらす話は遺伝子のこととは無関係ですがね。
ちなみにAサファリのキャットサロンでセルカークレックスのミントちゃんがオッドアイですよ、と言ったら「あら、幸運の猫!」と写真を撮り始めた方が。

時々行く猫屋敷近辺。
茶トラ一家が器量よしぞろいで、特にオス茶トラが懐こい。

ここの女主人は以前同じ職場で働いたことがあり、職場の女性だけで自宅に招待されたことがあった。
その当時、私は猫にまるで興味も無かったし、あの頃から彼女が猫を飼っておられたかどうかも覚えていない。
まさか同じ場所に猫が理由で訪ずれるとは。
知人としての挨拶は交わしていない、お互いに。
彼女は私が誰か気がついているかもしれないが。
あくまでも「猫が好きで写真撮りたいから寄らせて貰っています」という態度である。
…不思議な関係、いいんじゃない?こういうのも。

昨日の和田投手、試合前練習にかなり遅れてきたらしい。そしてあの投球内容。心配。

さっき偶然野球ファンのアメリカ人Gさんに遭遇。
「この頃試合見た?」私はホークスのつもりで聞いてるのに彼女の答えは長崎セインツだった。
熱心に応援していただけて有りがたいことです。

明日、先日あった日本の野球大好き!のCさんと会う。
彼は杉内、ファルケンボーグ、オーティズ、MLBでは福留を大絶賛。
ダルビッシュのことも褒めていたので「来年メジャーかのうわさあるけど、通用します?」
答えは「イエス」…はい、タカ打線やられましたよ!

うちの父が購入する「演歌ファン」で目黒の猫カフェでさくらまやがキャンペーン、とあった。

数年前に東北でご近所の男の子と自分の娘を殺害した母親の事件があった。
当時、犯人宅の猫エサまで警察が押収…という報道がちょっと気になりました。
その猫ちゃんには罪はないのに…


以前、市内某所で猫の世話人のおば様に伺った話。

ヨット?で日本各地を周ってる?男性がたくさん猫写真を撮影しておられ、その市内某所の猫たちの穏やかな表情にとても感銘を受けておられたとのこと。「東京の某公園の猫たちの表情とまるで違う」と都会の野良たちはもっと荒んでいるというとなのでしょうか?
外国人と見紛うばかりの美しい男性だったそうです。
猫サイトで有名なカメラマン氏だったのかも??

 
猫雑誌に掲載されたかさこさんというカメラマンのブログHPを見た。
写真もだが文章も達者。
ディズニーランド写真を見たら、私と同じような構図(手前に花があって背景に海やお城がある)で撮影しておられ、嬉しくなった。
勿論腕前に相当の開きがあるけれど…。

 アーティストの葉祥明氏は熊本出身、猫好きでもあり、猫雑誌に掲載されていた。
週刊新潮の表紙イラストレーターさん(名前知らない…)も毎号、人物と猫の絵を描いておられる。

ひな祭りの頃など雛壇に様々な色柄の猫を描いておられた。
週刊文春は和田誠さん。こちらも猫好きでごくまれではあるが、猫イラストが描かれることが。

 現在昼ドラマ放送中の「娼婦と淑女」、またしても東海テレビ製作、いつもの乗り。
主演が安達裕美、まだ20代?なのに「都落ち」の感が…と言っては失礼であるが。

この時間枠は売れる前の内藤剛志など、後にブレークする俳優と年齢が高くなってゴールデン枠から昼ドラへ以降する俳優と2通り。
あるいは最初からそこそこ、というかテレビでは(舞台役者の場合も多いだろう)昼ドラか2時間ドラマ脇役でしか見ない俳優とか。

東海テレビ製作のドラマでお約束というか、「真珠夫人」でたわしコロッケなる演出があった(笑)。
登場人物の心理状態を説明するのに有り得ない小道具などを使う。
今回も令嬢の母親が何十個もの卵の殻をむく、という異常な行動があった。
 
19歳の役も違和感無く?演じられる安達裕美、さすがである。
1人2役でお嬢様と貧しい出自の娘と瞬時に切り替える、演じ甲斐があろうかというもの。
 
安達裕美は猫好き(芸人の元旦那は?)でもあるので応援したい。
あの母上は色々ある方ではあるが、「実家に猫を飼っている」ということで…。

趣味の地域差


田舎って娯楽がないから、パチンコ好きが多くなるのかな?
私はやらないけども。
パチンコを教えようとしてくれた人が私のあまりのセンスの無さに呆れたのか、「出ようか…」

佐世保は海が近いからか釣りや船舶関係が趣味、という方が多いです。
「マイ船」を所有している人も。
それと有田、伊万里、唐津、波佐見、三川内と焼き物の里が近いため、陶芸が趣味、「マイ窯」を持っているプロに近い方もおられる。
我が家の近所にも銀行のプログラマーさんという方が陶芸家に転身なさいました。
自宅で毎年展示会をなさいますが、木造の美しいお宅で作品にとてもあっています。

埼玉在住で佐世保にも3,4年ほど住んでいた友人が、テレビ朝日の某人気番組の公開放送でボランティア参加したそうだ。
こういうことは佐世保にいたら無いので、文化が違うなー。
 
良く行くインターネットカフェ近辺は小学校が2つ、中学校が1つ、と子供たちもたくさん来てるし、よくPTAに反対されなかったなあ。
24時間営業。
確か小学校や幼稚園の半径何百メートルとか、風俗関係のお店を運営してはいけない、とか無かったっけ?

 
Aサファリでジャングルバスの運転手さんに聞いた動物情報及び自分で調べた追記です。
 
トラは全世界で3900体程度しか生存していないそうである。
 
サファリ内で動物たちは野生を失っているものがいる。
キリン(大きな個体で身長4メートル)は本当のジャングル内では、危険を恐れて立ったまま眠る。
ところが、サファリ内では安全と見なしているのか、座って眠ることがある。
 
鹿の角(horn)は生え変わる。
6月頃には完全に抜け落ちる。10月ころ、新しい角が生える。
頭にハゲたような痕があるのは角がないからといってメスではなく、完全に角が抜け落ちたオス。
同じ個体のツノが2本ともあるのは、2万円あるいはそれ以上で買い取りたいというコレクターもいるそうだ。

大分のAサファリでは不要なものとして焼却している。
あるいはジャングルバスの中に見本としておいてあり、写真撮影をお願いするとよい。

牛の角は鹿のように生え変わらない。
羊(sheep)、ヤギ(goat)なども牛と同じで角は生え変わらない。

こぶ(hump)が1つあるのは ヒトコブラクダ でa dromedary、an Arabian camelという。
2つあるのはフタコブラクダ a Bactrian [a two-humped] camel
バクトリアは古代の中央アジアのギリシャ王国。首都はバクトラBactra(現在の北アフガニスタンのバルフBalkh)
 
ロックンローラーとは?
 
知人から聞いた話。
 
数年前、米軍に招かれた某大御所ハードロックバンドR。
ベース内レストランで「自分が来ればどこでも酒が出てくるのに」とか大荒れだったらしい。
「ああRのR・Bですね、元Dの。ハードロックってギタリストが一番偉いから。彼は自分の気に入らないヴォーカリストを何人も交替させているんですよ」と私。
話を聞かせてくれた人は特に知らなかったそうなので。
そもそも、米軍に招待を受けている時点でロック=反体制じゃないよね…。


ジェフ・ベックが来日。
洋楽チャートでもアルバム上位。高年齢でチャート上位の記録更新(今までの記録はもしや小田和正?)。
「3大ギタリスト」っていうのは確かベックとクラプトン、ジミー・ペイジ?
彼らの世界的な評価は高いのは勿論だろうが、3大などという呼称は日本だけのような気がする…
日本のロックファン、特に男性はギター至上主義だから。

ロングセラー食品

カップヌードルが売れ出したのは、浅間山荘事件がきっかけではなかったっけ?
中島みゆきの曲が頭の中を駆け巡る…などとプロジェクトXのようなことを。
立て篭もりした過激派を捕らえ、人質解放するまでに警察や機動隊に地元の人たちが差し入れする、その中にカップヌードルがあってカラーテレビが普及し始めたこともあって…だったかなあ、聞いた事あるのだけど。
これを米国人友人に言うと半信半疑だというので、いや本当だよ多分…って言ってたのですが。

美智子皇后のご実家は日清製粉。
ご成婚当初、海外のメディアにMill’s Daughter(粉屋の娘)と書かれたそうです。不敬な。

日本のマヨネーズ、ドレッシング市場の多くを占めるのがキユーピーマヨネーズだとか。
「カンブリアの宮殿」で社長のインタビュー見ました。
マヨネーズは最初、瓶詰めで肉料理のために販売、あまり売れなかったとか。
家庭に冷蔵庫が出回り、日本人の生野菜を食べる習慣が定着し、そこでマヨネーズもチューブ状で開発されたそうです。
ご主人がアメリカ人である奥さんと偶然スーパーで会った際、チューブのしょうがを買っておられた。
「マヨネーズどころかチューブ状の調味料はアメリカでは売っていない」そうです。
帰国前のアメリカ人宣教師もキユーピーマヨネーズが一番美味しいって買っていたなー。

イギリス人の女性たちは「水取り象さん」や「クイックルワイパー」を購入して帰国しました。
使い捨てカイロや高速道路サービスエリア、道の駅など、日本独特の素晴らしいアイデアはもっと海外に進出すべきですね。

井上和香さんは目薬マニアで用途に応じてたくさん種類を購入してるって。
お友達に分けてあげるために使い切りの目薬も持ち歩くそうです。
スーパー野菜売り場の鍋野菜セットが消えると、冬が終わった…と他のブロガーさんからご指摘がありました。
便利ですよね。昔はああいうの、無かったな。

バナナマン日村さん考案の簡単メニュー。
ご飯の上にきざみキャベツ、駄菓子のトンカツ味(製品名忘れた)のもの、ウスターソース、永谷園お茶漬けをのせる。
熱湯をかける。B級グルメですね〜。

男性で花札をやったことがないという人がいて驚いた。
小学生の時に父が教えてくれたけど、「にぞろ」だっけ?
相手の勝ち札もチャラにしてしまうというヤツ。
自分が勝っていたのに、知らない奥の手を出されて泣いたなー。
今思っても大人げないことを〜。
父の兄夫婦は中学校教師で、その影響なのか従兄弟たち(父の妹弟の子供たちも含む)が百人一首を得意なのですね。

祖母の通夜の日、皆で百人一首をしていた。
妹も国文科卒なので割りと記憶している、私だけがいとこの中で一枚も取れなくて。
ほぼ全員が一首一首暗記しているのですよ。
従兄弟の一人がわざと取れない振りをして1枚取らせてくれましたが。

某番組で面白い学者さんがおられて、「子供に習い事」の話題になった際、「ピアノだけさせなさい」ですって。
3つ、良い点がある…指を動かす、先を読む、(最後の一つが)暗記?忘れた。
今まで「ミステリー大賞」に選ばれた小説で2作品がクラシック関連の題材だそうです。

 「ねこタクシー」の主演俳優、ギャラは!?

カンニング竹山さんの映画出演料が315000円だったとか。

もしかして、「ねこタクシー」のこと!?主演なのに?安い…。

低予算なのかなあ。


ドラマ版には出ていなかった室井滋さんのギャラがもっと高いのかも?

猫屋敷の老婆役だそうです。

長崎のセントラル(Mシアター系映画を上映)と佐世保市の映画館に「ねこタクシー」が来るかどうか尋ねたら、「予定に無い」と言われた…。


野球川柳

字余りが多いけど。

「猫好きな 審判もいる NPB」

「金本の 記録ストップ 号外が」


今年のロッテ、強い。

不買運動を起こすにもロッテ製品は優秀で美味しい、ときてる。悔しいの2乗、です(笑)


「ネコすべな日々」のロンママさんは猫トモの中に「ご主人がプロ野球の審判」という方がおられる!

ヤフドでも仕事しておられたそうで、ロンママさんが写真をブログにアップしておられた。

猫と野球ですか、いいっすね〜。

北九州の試合で本多選手のプレーに対して厳しかったけど…あの審判じゃないよね?(笑)

パリーグ審判というと、柿木園さんくらいしか覚えていない、珍しい名前なので。

Feline in Suizenji10Apr10 (2).JPG

CSalonSiamese10Apr17 (1).JPG

CSalon10Apr17(1).JPG
 
CSalonAShorthair10Apr17 (1).JPG

Feline in Suizenji10Apr10 (5).JPG

ニックネーム suziestefan at 15:05| Comment(2) | キャットサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする