2012年01月23日

ネコ学

NHK教育で猫を6匹飼っておられるとよた真帆さん司会で「ネコ学」という番組がある。全4回。
とよたさんの飼い猫のうち、長毛種のグレーの猫がブルーといっていいような美しい毛並みであった。呼びかけた時に目を細めるようならば、その猫と人間は信頼関係にある、と見なしていいそうである。
現代では猫絵画や猫グッズを創作する作家は数多くいるが、日本におけるその元祖!?らしきArtistも番組で解説された。財政難にあえぐ福井藩の殿様に絵心があり、鼠除けに猫を描いてくれという依頼があったとか。絹糸の生産が盛んな地域では蚕を食べる鼠に困り果てていたから、ということであった。「お蚕様」という表現でつい「野麦峠」を思い出した。招き猫については諸説あるが、番組で紹介されたのは貧しい老婆が飼い猫を手放さなければいけなくなり、その猫に猫の人形を作ってはと提案され、老婆の作った猫人形が大層な評判となったという逸話。

中野翠氏が芥川龍之介のことを日本文学において最高の「顔文一致」と書いていたけど。うまいこと言いますね! モディリアニは美術界において、「顔絵画一致」、ジェラール・フィリップは仏映画界演劇界において「顔演技(声も)一致」ですね。この3人、ほぼ同じ年齢で亡くなっておられるし。

On January 21st, Saturday, Kenji Johjima baseball school for kids was held in Sasebo baseball stadium. It was one-day lesson for primary or junior high students. Johjima and his fellow baseball players attended and helped them to teach how to pitch or play at bat. Lots of attendants and audience enjoyed to watch out their professional plays and way of their idea that amateur players never experienced usually. After their practices, exhibition game was played between Team Joh and some chosen jr. high players. As the boys was high level players, the audience enjoyed watching game very much.

1月21日(土)。炭谷、青松選手は帰っていた様子。城島健司少年野球教室が開催。城島選手は打撃指導。スイングの速さ、打球音の大きさ共に他の子と違う子がいた。バットを背中側に後方に両手で抱えさせるということ(打撃姿勢の安定の為なのか?)を他の少年にはさせないのにその子にだけは指導(時間も長め)していた。野球少年たちを指導した後、中学生選抜とチームJoh(お揃いのユニ着用)の親善試合。ジョー組の投手は仲澤選手。
強烈な当たりを放つ背番号10番の少年。一見、「おかわり君」型の大砲かと思えば、足も速い!3塁を廻ってホームタッチアウト! 俊介選手の打球方向を予測したかのような華麗なプレーも。 客席が沸く。3年生が引退後、1,2年生中心のチームだからか、背番号10の子が多い。時期エース、主将候補ということかも。プロ組のほうが2対1とリードした最終回。怪しいエラー(主観です)がプロ側に頻発。中学生が追いつき、逆転。試合終了後、ジョーからの挨拶が。素晴らしいスピーチ内容だが、 「来年、会えるかな」という気になる発言が。若い投手陣や有名野手がジョーを慕って弟子入りしていた時期からすれば、観客も減っている。弱気はらしくないよ、ジョー。クソ生意気でノムさんに売られた喧嘩を買う、それがジョーだよ。

城島捕手自主トレ最終日。出遅れた!選手達帰っていた。城島BB記念館に行けばファンの皆様と会えただろうけど。球場で会った方々、お世話になりました。楽しかったです。See you soon.
和田投手アメブロだったのね。意外。入団当時からブログやってたし。野球選手のブログでは何と言っても故藤井将夫投手が早かった。打倒真鍋かをり、で始めた古田捕手とか、井川慶投手(鷹が獲得希望!?微妙。。。)も昔からブログやってましたね

ダルビッシュ投手の札幌ドームでの会見
ファンの前で誠実な受け答え。相手チームの打者が自分との対戦を嫌がるような発言が引っ掛かった、という。以前「西武やホークスの打者はガンガン打ってくるが、自分に対してはそうでなくなった」、ゴロの間に1点とか、いわば汚い点の取り方をするようになったのが不満、という報道があったが。
一番印象的な試合は、というと06年CSでの和己投手との対戦だという。10年の杉内投手との0対1の試合ではなく? これは怪我で何年も投げられずにいる和己へのエールもあるのだろう。また、自身もいつ、そのような状況に陥らないとも限らない、投手である限り。私が最初にダルビッシュ投手を凄い、と認識したのは高2(春なので実質高1)の春の選抜。平安高校の服部投手との延長戦、息詰まるような投げ合い。三振の数は服部君のほうが上回っていた。次の試合、腰かどこかを痛めたダルは一転、打たせて取る投球。東北高校にはもう1人、小柄で横手投げの眼鏡をかけた真壁投手との2枚看板であった。紅顔の美少年のダルと好対照。野球漫画のような。
決勝は木内監督率いる常総学院と。名将は「あの人が出てきたら、打てない」と言った。ダルビッシュを特別視した野球人の発言を聞いた、最初である。試合は常総の勝ち。以後、後に宿命のライバルとなる横浜高校の涌井投手も含めて、甲子園での優勝経験が無い。この2人がパリーグに来た頃から、投手王国であったホークスが苦戦を強いられることとなるのだった。しかし、パリーグのレベル向上には不可避な入団であったのだ、今から思えば! ダル、岩隈、杉内、和田投手が去ったパリーグ。投手のレベルが高いパから面白いカードが無くなる事が心配である。ホークスを応援する私も「ダル対涌井」の試合を気にしたりしていたのに。山田、大場、岩崎投手、頑張れ!私にこんな事言わせるな。


三瀬、城島12Jan15.JPG

ドラゴンズ・三瀬投手12Jan18 (1).JPG

城島健司捕手12Jan21(5).JPG

中日ドラゴンズ・三瀬投手12Jan17.JPG

洋品店のグレー白11Dec24.JPG

タマ11Dec10 (2).JPG

タマと黒白11Dec21.JPG


ニックネーム suziestefan at 14:52| Comment(10) | 猫番組、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

ボクが猫に嫌われる理由

BS日テレで「ボクが猫に嫌われる理由」という番組がある。
ドランクドラゴンの鈴木さんが猫を好きだし飼ってもいるのに猫に嫌われる、それを克服しようという内容。
私が見た放送では既に2回目になっていた。
有名な猫ブログの猫や猫カフェに訪問して、猫への接し方や生態を学ぼうといった企画のようだ。鈴木さんの相方の塚地さんとハンサムな獣医師さんが鈴木さんと猫たちのVTRを見て感想を述べている。
正直、この番組を見るまで「この人が塚地さんの相方だったか」という位、鈴木さんの印象は薄かった。
塚地さんは山下清役など、役者としても活躍しておられるので。
番組HPによると、塚地さんは猫を飼っていないにも拘らず友人(鈴木さん?)の猫に好かれるという。鈴木さんは外見や話し方などを見ても、成る程猫に敬遠されそうな印象。まあ番組のためにあえて、なのかもしれない。20年も猫を飼っておられるそうだから。
番組タイトルがいい。動物番組やアニマルプラネットの中にある猫番組でもこういう題の番組はない。
3回の放送で終了したが、2012年2月22日、DVD発売だとか。

大佛次郎「牢獄の猫」より 「ふと、昨日、読んだ本に昔の江戸の牢屋で、女牢の牢名主、それこそ鬼神のお松と言ったように知られたものが、自分の猫を飼う勢力やら特権が許されていたと知って、ひとりで楽しく微笑したのを思い出した。私も家につながれて猫とともに牢屋暮らしを営む。」
 大佛「困ったこと」より 「『いいですよ、御主人』と、猫が私に言った。『この鮭は闇の鮭で、違法なんです』 なんでしたら、御主人の分も一枚、持ってまいりましょうか、とはさすがに言わなかった。」…鮭盗人ならぬ猫に作家の隣人は気がついたのだろうか、想像するだに可笑しい。大佛次郎「困ったこと」より 「私が庭に立って敵機を見ていると、内の猫が見事な鮭の切り身をくわえて来て、」「むろん、配給外のルートだから、」「私が猫の口から鮭を取り上げて返しに行ったら、お隣の食事の秘密に触れることになる。見て見ぬふりをして、猫にもうけさせた。」

 
きじと黒白11Nov27.JPG

タキシード猫11Nov27(5).JPG


ニックネーム suziestefan at 16:03| Comment(2) | 猫番組、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

ねこドラマ俳優

「ネコナデ」の小木さん、松田翔太のドラマで全く違う役をしておられるとかで、未見ですが。

昨日は行列でねこタクの竹山さんが有難くない称号を…(笑)
私生活とのギャップがあるほどいい役者さんだということで!

ネコナデ、ねこタクシー主演のお2人、脇役陣も素晴らしいのだけど繊細な演技でずば抜けている点が共通する。

The origin of manekineko, lucky cat or welcomecat in Japan caused controvercy, which temple or shrine is the start of the legend? Imado shrine or Gotokuji temple.

白黒と子猫11Aug29.JPG




ニックネーム suziestefan at 10:00| Comment(2) | 猫番組、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする